FC2ブログ

草引き 2018年9月18日 

20180918_01.jpg三連休明け、ちょっと休みボケ気味の頭のまま仕事に突入・・終日、会議室にこもりきりで息つく間もなく。今日の仕事そのものはつつがなく終えることができました。帰りがけ、外に出たら涼しかったので、このあいだの草引きの続きをすることにしました。この涼しさなら汗をかかずにできると踏んでいたのですが・・30分ほど草引きをしていたら、玉のような汗が滴り落ちました。体質なので仕方がないのですがね。着ていたポロシャツも汗でグッショリ・・そのままスーパーへ買い物にいくこともできませんでしたので、クルマに積んでおいたものに着替えました。あとは帰るだけだったはずが、着替えが必要なほどに汗をかいてしまって、いったい自分は何をしているのだろう?という気持にもなりましたが、やり切ってしまいたかった草引きは完了できましたので達成感はありました。

完全休養日 2018年9月17日 

20180917_01.jpg9月1回目の三連休最終日・・昨日は一日がかりで一生懸命メガーヌのボディを磨いて疲れ果てましたので、今日は安全休養日です。家でテレビ番組の録画を見たり、データの整理をしたり、検定試験の勉強をしたり・・その合間に昼寝をしたりと、家に居たにしてはいろいろとできました。腕の筋肉痛は思いのほか軽症で安心しましたが、まだまだ油断できません。3日目ぐらいから出てきたりしますからね。

メガーヌ スケール除去 2018年9月16日 

20180916_01.jpgちょうど1年前に大枚をはたいてボディコーティングしてもらったメガーヌですが、これまで時々シャンプー洗車する程度で他のメンテナンスはまったくしてきませんでした。そのため、ボディにはスケールがびっしり・・特にルーフとボンネットフードはまったく撥水しなくなって、スケール汚れの模様が見苦しくなっていました。これではいくら洗車をしてもキレイにはならず、コーティング剤を塗っても効果が出ません。さらにそのまま放置し続ければ、コーティングする以前のようにガンコに固着して素人には除去不可能な状態に戻ってしまいます。

そこで今日は一念発起してスケール除去ケミカルを電動ポリッシャーで塗布して磨くことにしました。ケミカルの説明書には手で塗れと書いてあったのでスポンジ片手にやり始めたのですが、すぐに腕がダルくなって続けれられなくなりました。そこで電動ポリッシャーの登場です。作業は楽になり、ねらいどおりスケール除去もできました。スケール除去できたボディに水をかけると、水玉がコロコロと転がるようになりました。つまりコーティングは生きているワケです。弾かなくなっていたのはスケールの影響だったんですね。そして撥水の復活と同時に光沢も復活しました。くすみが無くなった感じですかね。一日仕事になりましたが、満足いく仕上がりです。来週はジムニーもスケール除去します。

メガーヌ ドライブレコーダー装着 

20180915_01.jpgメガーヌにドライブレコーダーを装着しました。フロントはルームミラーの直下に取り付けました。最初はもっと上、助手席バイザーの脇に仮付けしてみたのですが・・ルノー特有の巨大なレインセンサーが広角レンズの画角に映り込んでしまいました。運転席側にすると何とか映り込まないように調整できるのですが、今度は運転者の視野に入ってきて気になって仕方がなくなりました。で、その邪魔な巨大センサーの直下に付けてみたら、レンズに映り込むものも無くなりましたし、運転席からはルームミラーの陰に入ってちょうど死角でまったく視野に入ってきません。しかも配線をレインセンサーのカバーに隠すことができてスッキリ。これがいちばん都合がいいようです。後々ほかのドライブレコーダーに変えるかもしれませんが、とりあえずしばらくはこれで様子を見てみます。
【続きを読む】

トヨタ センチュリー カタログ入手 

20180914_01.jpg20180914_02.jpg

トヨタのホームページで新型センチュリーのカタログを請求できることに気づいて、軽い気持ちで請求しみたら・・届きました。そしてビックリしました。すごく豪華な装丁のカタログが届いたのです。自動車のカタログとは思えないハードカバーの、もはや書籍と言っていいもので、それにケースまで付いているという。さすがはトヨタの最高級車、いや、日本の最高級車にふさわしいカタログです。すごいのはそのお金のかかってそうなカタログを、ホームページからの請求でにちゃんと送付してくれるトヨタです。これがホンダNSXの場合、「薄っぺらいのしか送りませんよ」とカタログ請求ページに書いてあります。「本気でNSX買うつもりの人にだけ実店舗で渡しますからね」みたいな。トヨタはそんなことはしません。どんなお客にもきちんと対応してくれます。いいクルマつくっても、お客に対する姿勢がちゃんとしててはじめて売れるんですね。ひやかしの客でも冷たくあしらわない。