FC2ブログ

メガーヌ エアコンから白煙 

20190623_01.jpg昨日(2019年6月22日)、朝7時すぎにメガーヌに乗って自宅を出発して、ガソリンを補給して、高速道路に乗った矢先、エアコン吹き出し口から盛大に白煙が出てきました。焦りましたけど、高速道路本線上ゆえ、すぐに停車することもできず、少し様子を見ていました。白煙は室内に立ち込めるワケでもなく、ニオイもしません。冷気は出ているので、とりあえずそのまま走り続けました。北陸自動車道で福井まで、1時間半ほど走り続ける間に白煙は止まりました。

福井市内を1時間ほどうろうろしているうちに気が付きましたが、風量調節ができなくなっている・・手動で最強まで上げても微風のまま。そして温度調整もできなくなっている・・冷気が出ていない感じ。わ~・・エアコン故障したか?修理代いくらかかるんだ?いろんな思いが駆け巡りました。曇り時々雨という天候で気温があまり高くはなかったのは助かりましたが、それでも復路、高速道路を走るのにも窓を少し開けて風を入れないと暑くなりました。

地元まで帰ってきて、エアコンのオートボタンを押してみると、風量は最強になって冷気も出てくるようになりましたが、今度はいつまでたっても風量が弱まることなく最強のまま。そして手動で風量調節するといきなり微風に。つまり最強か最弱のどちらかでしか使えない状態に変わりました。しかしまぁ、冷気が出ればとりあえずはマシか・・ただし、冷気が出るのは助手席側だけで運転席側はぬるい風のみですが。これは左右の温度調節を独立してできるデュアルエアコンだから、その片方が故障しているのか、制御基板が故障したのかと推測できます。

そして今日、エンジンをかけるとオートボタンが押されたままですが、風量は最強のままでした。ここで風量を手動で調整してみると、普通にできる!しかも運転席側からも冷気が出るようになった。あらためてオートボタンを押して見ても、風量最強ということはなくなりました。もしかして治った?よくわかりませんが、しばらく様子を見てみることにします。白煙を吐いたので、いずれは詳しく診てもらわなければなりませんが。

ガチャコンまつり2019 

20190622_01.jpg20190622_02.jpg

近江鉄道の恒例イベント「ガチャコンまつり」に行ってきました。これまでは彦根駅そばの近江鉄道ミュージアムが会場だったのですが、そのミュージアムが閉館してしまったのです。で、今回は近江鉄道 八日市駅から本町通り商店街に場所を移しての開催となり、「近江鉄道 ガチャコンまつり 2019 in 東近江市」というタイトルになりました。そして今回のゲストはホリプロの久野知美アナウンサーと、南田裕介マネージャー。鉄道オタクにとっておなじみであっても、まさか滋賀の片田舎の小さなイベントに来てくれるとは思えないふたりでした。イベントは10時から16時までおこなわれたのですが、自分は午前中、用があって出かけたので午後、13時からのトークショーから会場に行きました。久野アナと南田マネをナマで見るのは、3年前の2016年、ゴールデンウイークに東京のたまプラーザ駅前での鉄道イベントへ出かけたとき以来のことでした。そのときはゲストももっとたくさんいましたし観客も大勢いましたので、トークショーもものすごく離れた場所からの見学でしたが、今回は小さなイベントで観客も多くなく、ステージからすぐ近くでゆっくりと見ることができました。これからも地元でこういったイベントをやってくれるとうれしいです。

繰り返す衝動 2019年6月21日 

20190621_01.jpg調子が悪くなると「全員が一丸となって」みたいな話がすぐに湧いて出てくる。自分はこのフレーズが大嫌いなのである。調子のいい時にでも一丸になれていないのに、悪くなったときに一丸になれるワケがないのである。一丸になる必要があるのなら、普段から訓練しておかなければならないはずだし、そんな準備もできていない集団は一丸になどなれやしないのである。だいたい、普段からこちらは助けてもらったことなどありはしないし、助けてばかりなのである。きちんとギブ・アンド・テイクを実現してもらわないと、一丸になどなりたくはないのである。

梅雨はまだか 2019年6月20日 

20190620_01.jpg梅雨が好きと言うワケではなく、どちらかと言えば嫌いな方なのですが、しかし梅雨も来てもらわないとその後の夏の水不足が心配になってしまいますので、とりあえず来てもらわないと困るのです。しかし今年、近畿地方はいまだに梅雨入りしていません。昨冬、雪があまり降りませんでしたので、本当に水不足になりそうです。心配したところでどうしようもありませんが。

カメラを止めたら 2019年6月19日 

20190619_01.jpg最近、物騒な事件が多くなって気になりますが、防犯監視カメラの映像が容疑者確保につながったりするのは、安心できて喜ぶべきことである反面、そこまで監視社会が進んでしまったのかと不安になることも。「サイコパス」という漫画・アニメ作品のような世界になってしまいやしないかと心配をするのはまだ早いのでしょうが、個人個人がラベリングされていく世の中はもう始まってしまっているのかもしれません。でも今、監視カメラを止めることができるのか?と言えば、それはもう無理なんでしょうね。