メガーヌ フューエルリッド 故障修理 

20170919_01.jpg昨日、台風一過の中、メガーヌを洗車しているときに気づきました。フューエルリッド(給油口)が開かない・・メガーヌのフューエルリッドは手で引き開けるタイプなのですが、ドアロックをすると連動してリッドにもロックがかかります。最初、ドアロックしたままだったか?と思ったのですが、ドアは開いている。しかしフューエルリッドは開かない。

困った・・そろそろ燃料タンクが空に近づいていて給油しにいこうと思っていた矢先でした。幸いまだ警告ランプは灯っていないので、100km以上は走れる計算ですから、メンテナンスしてもらっている京都のディーラーへは余裕で行ける。すぐさま電話をして状況を伝えると・・ロックを動作させるアクチュエーターが動作していないとのこと。ただ、アクチュエーター本体の故障なのか、そこに至る電気配線に問題があるのか調べてみないとわからないとのこと。

さっそく診てもらいにいきました。するとアクチュエーター直前まで電気が来ていることは確認できたようで、それでもアクチュエーターは動作しないのだということ。部品は国内在庫があって、発注すれば翌日(つまり今日)には届くとのことでしたので、昨日はメガーヌを預けて電車で帰りました。今日も計画有休で京都まで行くことは可能でしたし、作業時間も30分ほどだということ。アクチュエーターを手動で強制解錠してくれたので乗って帰って給油することもできたのですが・・平日で高速道路のETC休日割引が効かないので、1回分だけでも安く上げるために電車での行き来を選択しました。で、今日の夕方、あらためて京都のディーラーへメガーヌを受け取りに行ってきました。



【散財メモ】
12,204円:フューエルリッド・アクチュエーター(部品代)
4,860円:交換工賃
-853円:値引き
計:16,211円

余計な出費であることは間違いないのですが・・「ジムニー購入費用の100分の1」だと思うと、「別に大したことないし」と思ってしまう悪い傾向にあります(汗笑。

飛騨古川旅行 2017年9月 

20170918_01.jpg2017年9月、敬老の日がらみの三連休中に訪れた飛騨古川・・メインの目的は「君の名は。」聖地巡礼でしたが、急きょ実行に移したにしてはいい旅行でした。冒頭の写真はJR飛騨古川駅のそばの踏切から駅を撮ったものです。今回は高速道路デビューを飾ったジムニーの写真を多めに出してみますよ。
【続きを読む】

君の名は。聖地巡礼 飛騨編 

20170917_01.jpg2017年9月 敬老の日がらみ三連休 飛騨の旅・・メインの目的「君の名は。」聖地巡礼の写真をお届けします。初日は台風接近の影響で雨がひどくて、一眼レフを振り回すのがなかなか大変でしたが、薄手のナイロンジャンパーを羽織って頑張ってみまいた。
【続きを読む】

飛騨古川へ来ています 2017年9月16日 

20170916_01.jpg2017年9月、敬老の日がらみの・・シルバーウイークと言うには短すぎる三連休を利用して、一泊二日で飛騨古川へ旅行しております。旅の目的は・・「君の名は。」聖地巡礼がメインです。また、8月初旬に買ったジムニーが慣らし走行1,000kmを突破できたので、高速道路デビューを果たそうというのもありました。地元滋賀から名神高速道路を東へ、一宮JCTからは東海北陸自動車道で飛騨清見ICまで約3時間。その後は一般道路を走って散策しました。何せ「大型で非常に強い」台風18号が日本列島に接近している最中で、雨がひどい・・幸い風はそれほどでもありませんでした。ジムニーは100km/h出すと4,350rpmまで回ってしまって、そのまま巡航継続するとエンジンへの負担が大きいため、3,000rpmから3,500rpmぐらいに抑えることを意識すると、80km/hから90km/hしか出せず、高速道路では大半の車両に抜かれまくりますが(苦笑、のんびりゆっくりドライブしました。

連休の心配事 2017年9月15日 

20170915_01.jpg明日からの三連休、飛騨方面へ一泊旅行しようと思って宿の予約もしているのですが・・ここに来て「非常に強い」台風18号がどうやら日本列島縦断コースをたどるらしいとのこと。明日16日から出かけて明後日17日の夜に帰ってくる予定なのですが、どうもその17日夕方からが近畿地方に最接近・・つまりちょうど家に帰ってくる頃が雨風のピークだということです。これはちょっとキビシイ。まずは高速道路を走れるかどうかが心配・・ジムニーではじめて高速道路を走ることになるのですが、横風の影響をどれだけ受けるのかもわかりませんし、ヘビーウェット路面でのグリップ感はどんな感じなのか(汗。そして無事帰宅したところでクルマから降りられなかったりしたら最悪ですね。いっそ帰って来ずに台風の影響がより少ない地域へ避難するというのも選択肢のひとつとして頭の隅にでも置いておきましょうかね。