FC2ブログ

ゴッホ展 2020 

20200320_01.jpg一昨日の2020年3月18日、兵庫県立美術館にて開催されていた「ゴッホ展」へ行ってきました。2月の検定試験が終わったら行こうと思っていたのですが、すぐ翌日から山陽山陰旅行に出かけてしまいました。旅行から帰ったら行こう・・そう思っていました。しかしその後、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて臨時休館があったので行けずにいましたが、再開されたわずかな間隙を縫って行くことができたのでした。
【続きを読む】

黄泉比良坂 

202002CGK_1801.jpg2020年2月 山陽山陰の旅、締めくくりに訪れたのは黄泉比良坂(よもつひらさか)です。ここは古事記に登場する生者の住む現世と死者の住む他界(黄泉)との境目にあるとされる場所。この世とあの世の境界ということです。出雲に数あるパワースポットの中にあって、他とは明らかに異なる、何ともミステリアスなその響きに誘われるようにして行ってきたのでした。
【続きを読む】

玉作湯神社 

202002CGK_1701.jpg2020年2月 山陽山陰の旅、最終日。松江駅から車で20分ほどの場所にある八重垣神社を後にして、次に向かったのは玉造温泉(たまつくりおんせん)です。と言っても温泉に浸かりにきた訳ではありません。ましてやもう一泊するつもりもありません。目的地は玉作湯神社(たまつくりゆじんじゃ)です。玉造温泉も所在地で言うと松江市内になるのですね・・平成の大合併からなのでしょうか?
【続きを読む】

八重垣神社 

202002CGK_1601.jpg2020年2月 山陽山陰の旅、最終日。3泊したホテルをチェックアウトし、松江市街・城下町を後にしました。あとはもう帰途に就くだけなのですが、午前中に少し寄り道をしてきました。寄り道の一か所目、八重垣神社はその周辺が八岐大蛇(やまたのおろち)伝説の舞台とも言われ、物語の主人公である素戔嗚尊(すさのおのみこと)と、愛した稲田姫命(いなだひめのみこと)を御祭神としていることから、縁結びの大親神として知られる古社だそうです。冒頭の写真は鳥居の前にある夫婦椿(めおとつばき)です。
【続きを読む】

城山稲荷神社・松江護国神社 

202002CGK_1501.jpg2020年2月 山陽山陰の旅、堀沿いの塩見縄手にある観光名所をひととおり見て回って、再び松江城内に戻りました。塩見縄手からもっとも近い入口にあたる稲荷橋から入ったのですが、坂を登り切ったあたり、城山稲荷神社(じょうざんいなりじんじゃ)の一の鳥居ががありました。城山稲荷神社というのは松江の祭、日本三大船神事、ホーランエンヤと関わりの深い神社です。
【続きを読む】