西尾維新 大辞展 京都篇へ行ってきました 

20180715_01.jpgメガーヌを整備に出すのに京都市内のルノーディーラーさんへ行き、代車でそのまままっすぐ帰ってくるのももったいない。何か美術展でもやっていないものか、と探していたのでした。すると京都文化博物館にて「西尾維新 大辞展 京都篇」というのが開催されていることを知りました。京都文化博物館という施設に行ったことがなかったので調べてみると、烏丸御池あたりにあるということ。今はちょうど祇園祭の期間中・・渋滞が予想され市内の道路をクルマで走ることには気が引けましたが、祭の中心に近づかなければ大丈夫だろうと、意を決して向かったのでした。
【続きを読む】

生誕150周年 横山大観展 

20180613_01.jpg2018年6月9日(日)、細見美術館へ「江戸のなぞなぞ 判じ絵」展を見に行きたかったので岡崎公園へ行ったワケですが、すぐ近くの京都国立近代美術館では「生誕150周年 横山大観展」を、こちらもまた前日の8日から開催していましたので、ついでに見に行きました。横山大観についてはほとんど知識がないのですが、話題の美術展ということですし、せっかく近くに来ていて時間もあるワケですから、勉強しておこうかということで。いろんなタッチの絵がありましたけど、自分はこの看板にも使われた紅葉が好きですねぇ。今回初公開の作品もあったとかで、貴重な機会であったにもかかわらず、勉強不足で何もわからず(苦笑。まぁ、絵は見て自分が気に入ったものをおぼえたらいいかなと。

蛇足庵コレクション 江戸のなぞなぞ 判じ絵展 

20180612_01.jpg2018年6月9日(土)、メガーヌを引き取りに京都へ行ったついでに、と言うか、行く前に岡崎公園へ寄り道して、細見美術館で開催されている「蛇足庵コレクション 江戸のなぞなぞ -判じ絵-」展を見に行ってきました。先週、大阪市立美術館で「江戸の戯画」展を見ておもしろかったので、勢いづいて江戸の絵を見たいと思い、前日の6月8日から開始されたばかりのこの展覧会を見に行きました。おもしろいのはおもしろかったのですが・・「判じ絵」というのは、考えながら見て解いていかないといけないワケで、非常に時間がかかってしまいました。時間がかかるということは、立ち続けていることになるので足腰が痛くなってしまいました。

ガチャコンまつり2018 

20180610_01.jpg近江鉄道ミュージアムで開催されたガチャコンまつり2018へ行ってきました。近江鉄道ミュージアムは年に数回だけオープンされて確か入館料を取られていたと記憶していますが、このガチャコンまつりという毎年1回(?)開催されるイベントの日は入場無料です。とくに今年は近江鉄道開業120周年・・イベントもいつもより力が入っていて、今回は斉藤雪乃さんのトークショーがおこなわれるということをつい最近知ったので、せっかくだから行ってみようと思ったのでした。
【続きを読む】

しらさぎ初乗車 

20180606_01.jpg先日、金沢21世紀美術館へ行くときに、宿泊先の小松から電車で移動したのですが・・支度をして小松駅に着いたと同時に金沢行きの普通電車が出てしまいました。時刻表を見ると40分以上あとにならないと次の普通電車が無い。小松で40分も待つのは時間がもったいなかったので、思い切って次に出る特急列車に乗ることにしました。小松から金沢まで普通電車だと40分ぐらいかかる。結構離れているんですね・・滋賀県で言うと近江八幡から京都ぐらいまでの時間。それが特急ならノンストップで半分の20分で着くと。運賃は500円ですが指定席特急券が1,270円追加で必要になりますけどね。路線は直線が多く、普通車でもゆったりとした座席で乗り心地は快適そのもの。もっと長く乗っていきたい気分になりました(苦笑。これが自分にとって特急しらさぎ初乗車でした。そしてこの区間の北陸本線に乗るのもはじめて。いずれ新幹線が開通すると、ここは第三セクター化されてしまうんですねぇ。