チョイノリ キャブレター オーバーホール 

20170930_01.jpg1年あまり前の昨(2016)年8月から不調で走れていないチョイノリ。エンジンがかかりはするものの、スロットルを開けるとストールしてしまう状況・・キャブレターのアイドル調整やエアジェット調整をしても、エンジンオイルを交換しても、燃料をハイオクガソリンに入れ替えても、エアクリーナーフィルターを湿式から乾式に交換しても、何をやっても回復しないチョイノリ。もう自力では無理なので、プロの手に委ねようとこの間の日曜日、近所のバイク屋さんに持ち込みました。軽く診てもらったところ、やはりキャブレターのメインジェットが詰まっている可能性が高いと言われ、オーバーホール(分解整備)を依頼してきました。

そして今日、バイク屋さんから電話がかかってきて、チョイノリを引き取りに行ってきました。不調の原因はやはり、キャブレター内部に腐ったガソリンが詰まっていたということでした。長くエンジンをかけないのにキャブレター内に溜まったガソリンが劣化すると、メインジェットのノズルなどを詰まらせてしまうというのはよくあることなんだそうです。分解して洗浄すれば治るので、少し腕に覚えがあればユーザー自ら整備できるということはネット記事などでも見たのですが、自分には自信が無かったのでお金で解決しました(苦笑。

試運転してみたところ、当たり前ですがちゃんと吹けるようになりました。そしてちょっとアイドリング回転数が高い・・チョークレバー全閉でスロットルグリップ全閉でも前進してしまう。これはアイドル調整したほうがいいのかな?そしてその足でガソリンスタンドへも行ってハイオクガソリン満タンにしてきました。ハイオクガソリンはちょっとやそっとでレギュラーガソリンみたいに腐ったりしないのだそうで、エンジンかけない期間が半年ぐらいになっても平気なんだそうです。だから金属製の燃料タンク保護のために満タンにしておくのにも最適。キャブ内部の燃料を抜いてしまうのも手ですが、やはりエンジン本体のためにも月に1回ぐらいはエンジンかけてやったほうがいいでしょうね。これからは注意しようと思います。



【散財メモ】
4,000円:チョイノリ キャブレター オーバーホール
計:4,000円

チョイノリ エンジンオイル交換とハイオク投入 

20170430_01.jpg昨(2016)年8月下旬にエンジン不調となってから何をやっても一向に好転しないチョイノリですが、バイク乗りの方からハイオクガソリンはなかなか劣化しないという情報を聴き、いちど試してみようかと思ったのです。暖かくなって屋外で作業するにも苦にならない・・どころか、今後はもう暑くなってまたやりづらくなるので、ここらで思い切ってやってみようと。

まずはエンジンオイル交換・・ちょうど1年前にエンジン内部清浄剤を投入したのですが、ネットの情報によるとこれを投入したらエンジンオイルが汚れるから交換しないといけないとのこと。前回のエンジンオイル交換は昨年3月のことなので、これまた1年以上経過。距離は全然走ってはいないものの、不調続きということもあって抜いたオイルは真っ黒(汗。新しいオイルを規定の300ml入れて完了。

そして燃料・・タンクから古くなったレギュラーガソリンを抜き、携行缶に給油してもらっておいたハイオクガソリン2リットルを投入。いざエンジン始動。キックペダルを踏む・・ひさしぶりのことですから例によって始動の気配もなし。例によって何度も何度もキックを続けるうちに、少しずつかかりそうな気配が。そして始動!・・しかしすぐにストール。そんなことを何度か繰り返し、チョークレバーを引いてキックしてみたらブルルルンと始動しました。

さてここからです。前回はここでスロットルを開けると途端に不安定になりストールしてしまいましたが・・今回もやはり同じでした。そして前回同様、キャブのアイドル調整とエアジェット調整をいじくってみたものの、根本的解決には至らず。ちゃんとエンジン掛かるんだから、スパークプラグじゃないよなぁ。やっぱりキャブの内部が故障しているのかなぁ。もう外からの調整はお手上げなのでキャブの分解整備してもらわないといけないかなぁ。

チョイノリ キャブ調整 

20160922_01.jpgエンジンが始動しづらい、始動できてもすぐストールする、吹けない、スロットル開けるすぎるとストールする、という不調に悩まされているチョイノリ。どうやらエアクリーナーからの吸気量を絞れば少し安定する=吸い過ぎというところまで突き止めましたが、それ以上どうすることもできず、いったんステップボードやフェンダーを取り付けなおしてバイク屋さんへ持ち込もうと思いました。しかしその直後、キャブレターの調整がわりと簡単にできそうだと知ったので、とりあえず試してみることにしました。
【続きを読む】

チョイノリ 燃料入れ替え 

20160919_01.jpgチョイノリのエンジン不調・・始動しづらい、始動しても吹けない、すぐにストールする・・という症状について、吸気量を制限してやると調子よくなることから、エアクリーナーが悪いのではないか?という思いに至り、フィルターをメンテナンスしたり、乾式のものに交換したりしました。しかし結果は出ず・・あいかわらず始動しづらい、始動しても吹けない。ここまで来たらもう、燃料が悪いのではないか?と思いました。前回給油したのは今年の3月で、まだ半年ほどしか経っていないため劣化は考えにくいのですが、もう思い当たること、そして自分でできることと言ったらすべての燃料をタンクから抜いて、新しい燃料を注ぎ込むぐらいだけ。
【続きを読む】

チョイノリ エアクリーナー・フィルター交換 

20160917_01.jpg8月下旬、ひさしぶりにチョイノリを走らせてみようとしたところ、エンジンがなかなか始動せず。その後、何とか始動させられたものの、安定せずすぐにストール。それでもストールしなくなって走らせてみたところ、吹けずに20km/hで頭打ち・・これhあきらかにおかしいということで、ステップボード外して、エアクリーナー・フィルターを外したり付けたりしているうちに、吸気量を絞れば吹けるようになることが判明。湿式フィルターがほぼ乾いていたことからこれが不調の原因と思い、K&Nのメンテナンスキットを使って洗浄と漬け込みをしてみたのですが・・
【続きを読む】