FC2ブログ

メガーヌ 12か月点検 2019 

20190609_01.jpgメガーヌを8年目の12か月点検に出してきました。点検以外にはエンジンオイルとオイルエレメントの交換をお願いしただけで、特にお金がかかるようなことはありませんでした。ただ、最近ちょっと気になるところが出てきたのは、経年劣化によるもの。フロントマスク・・ボンネットフードとバンパーの間、左右ヘッドライトの間の樹脂製パネル部分・・の塗装面、クリア層が剝がれてきたので再塗装の見積もりを取りました。そこで初めて知った新事実・・そのフロントマスク部分、単独のパネルではなくてフロントバンパーと一体だったということ。なので再塗装するにはバンパーを外さなければならず、工賃込で7万円近くかかってしまうとのこと。あとは運転席側のドアチェックリンクという部品・・開閉時に出入りする可動部品です。これが経年劣化か摩耗かで、ドア開閉とともにパキンという音がします。見た目にサビも出てきたので替えたいのですが、こちらは工賃込で2万円弱。とりあえず、まだ開閉に支障は出ていないので、もう少し先送りすることにしますが。
【続きを読む】

メガーヌ散歩 2019年5月18日 

20190518_01.jpg朝からちょっと出かけるのに、今日はメガーヌを使ってみました。少し高速道路を走ることもあって・・先月、それをジムニーでやって、非常にもどかしい思いをしたので、今日はメガーヌを試してみたかったのです。そりゃもうメガーヌはジムニーとは比べ物にならないほど速いです。グイグイ加速するので、ストレスも少なく。しかし実際のところ、目的地への到着時間は、ジムニーでもメガーヌでもさほど変わらないと思うんですよね。高速道路はせいぜい20~30km、一般道路を含めてちょうど100kmほどでしたから、所要時間の差はせいぜい10分もあればいいほうでしょう。それでも、メガーヌで走る方がストレスが圧倒的に少ないんですよね。スピードだけでなく、安定感、走行音、いろんな要素がジムニーは疲れるんでしょうね。

メガーヌどうしよう 2019年4月19日 

20190419_01.jpg2011年式のメガーヌは新車購入からまもなく8年が経過します。フロントマスクのパネル、日焼けの皮むけのような状態になってきました。ここの部分は樹脂製なのですが、ボンネットなどスチール製の部分には症状が見られません。そう言えば前に乗っていたクサラも樹脂製のドアミラーカウルからむけてきました。その後はボンネットやルーフにも広がっていったので、メガーヌも心配です。何せフランス車ですから。今年の12か月点検とあわせて同時に補修してもらおうか検討中です。

メガーヌ散歩 2019年3月31日 

20190331_01.jpgひさしぶりにメガーヌを動かしました。2月に四国旅行から帰って以来です。その時からもう雪は降らない予感がありましたが、今やもうソメイヨシノ開花の声が聴こえてきて、サマータイヤで山へ走りに行っても心配ありませんしね。ただ今日、比叡山では雪がチラついたらしいのですが。メガーヌに乗ること自体もひさしぶりでしたが、それで山を走るのはもっとひさしぶりで、うまく操れていない感じが強くて・・

メガーヌ洗車 2019年2月11日 

20190211_01.jpg3泊4日の四国旅行で汚れに汚れたメガーヌを洗車しました。徳島自動車道で過剰に散布されていた凍結防止剤やら、四万十川沿いの採石場?の間を縫って走った泥ハネやら、とにかくボディもホイールもすごく汚れました。小雨降る中の洗車でしたから、シャンプー洗車のみで終了(もちろんそのシャンプーは流水できちんと洗い流していますが)、拭き上げは無しにしました。ホースに付けたノズルを使っての下回り高圧洗浄もおこないましたが、最低地上高が低いメガーヌはジムニーとは違ってやりにくいですね。とにもかくにもメガーヌおつかれさん、ということで。