メガーヌ フロントバンパー すり傷 

20171102_01.jpg20171102_02.jpg

先日、メガーヌに乗って立山黒部アルペンルートの扇沢駅へ行って、有料駐車場入口のゲートを通過するとき、左フロントタイヤが何かに乗り上げる感覚がありました。視界には目立った段差など無かったように思うのですが・・・ちょうど一年前の静岡で、スマホのカーナビに誘導されるまま細い田んぼ道に入ったがために段差を乗り上げて右フロントタイヤをサイドカットしてしまった苦い記憶が蘇ります。とりあえず駐車スペースまで移動して、すぐに下りて確認してみました。

タイヤは無事!擦った痕跡もありません。あぁよかった、とりあえずメガーヌで帰れる・・と安心した矢先!!!バンパーに白いスジ状の痕跡が。手で触ってみたところ、それはどうやら汚れや何かが付着したものではなく、明らかにキズの凹凸が感じられます。あぁ、やってしまった・・2か月前に奮発してコーティングしたばかりのボディにキズをつけてしまった(泪。少し憂鬱な気分になりながらも、一年前に新調したばかりのピレリP ZEROが無事だっただけで、これからの帰途についても不安は解消したということで、無理やり自分を納得させることにしました。

旅を終え帰宅した翌日、洗車したボディをあらためて確認・・バンパー下端には確かにキズがあります。しかし思ったよりキズは浅そう。細目と極細のコンパウンドで磨いてみたところ、だいぶ目立たなくなりました!応急処置はこれでヨシとしましょう。どうやらキズの大部分は強固なガラス系コーティングに入った模様で、その下の塗装面への被害はごくごくわずかな範囲と思われます。これ、ていねいに磨けばほぼ消せるのでは?今週・来週はちょっと予定があるのでじっくり作業している時間がないので、ていねいな磨きはまたあらためて。

メガーヌ通勤 2017年10月27日 

20171027_01.jpgフレンチブルーミーティング(FBM)2017をいよいよ明日に控えて、ひさしぶりに動かすメガーヌのチェックと燃料給油を兼ねて通勤しました。特にジムニーに乗った後だとブレーキが強力すぎてコントロールが難しいですね(苦笑。まぁ勤め先に着く頃にはもう感覚が戻っているのですけどね。ただ、コンパクトな右ハンドルに慣れてしまうと、ワイドな左ハンドルの運転はなかなかに気を遣います。明日、信州まで300km弱、5~6時間のドライブで疲れが出なければいいのですがね。ともかく安全第一で休憩を充分に取りつつ行ってきたいと思います。

メガーヌ散歩 2017年10月9日 

20171009_01.jpg昨日洗車したメガーヌでちょっと走りに行ってきました。三連休の最終日ということもあってか、夕方は混んでいるところも多くて、スイスイ走れないことも多かったのですが・・それなりに気持ちよく走れるところも少しはありました。それにしてもメガーヌのパワー感・・ふだんジムニーとC5で通勤することが多いので、その感覚を身体が憶えている状態からメガーヌに乗り換えると、当たり前ですがとんでもなくパワフル。ジムニーもターボエンジンですが排気量とミッションのギア比が全然違うので、メガーヌのターボ過給が始まってからの伸び・・ワープ感がより強烈に感じられます。あまり調子に乗りすぎないようにしないと・・

メガーヌ フューエルリッド 故障修理 

20170919_01.jpg昨日、台風一過の中、メガーヌを洗車しているときに気づきました。フューエルリッド(給油口)が開かない・・メガーヌのフューエルリッドは手で引き開けるタイプなのですが、ドアロックをすると連動してリッドにもロックがかかります。最初、ドアロックしたままだったか?と思ったのですが、ドアは開いている。しかしフューエルリッドは開かない。

困った・・そろそろ燃料タンクが空に近づいていて給油しにいこうと思っていた矢先でした。幸いまだ警告ランプは灯っていないので、100km以上は走れる計算ですから、メンテナンスしてもらっている京都のディーラーへは余裕で行ける。すぐさま電話をして状況を伝えると・・ロックを動作させるアクチュエーターが動作していないとのこと。ただ、アクチュエーター本体の故障なのか、そこに至る電気配線に問題があるのか調べてみないとわからないとのこと。

さっそく診てもらいにいきました。するとアクチュエーター直前まで電気が来ていることは確認できたようで、それでもアクチュエーターは動作しないのだということ。部品は国内在庫があって、発注すれば翌日(つまり今日)には届くとのことでしたので、昨日はメガーヌを預けて電車で帰りました。今日も計画有休で京都まで行くことは可能でしたし、作業時間も30分ほどだということ。アクチュエーターを手動で強制解錠してくれたので乗って帰って給油することもできたのですが・・平日で高速道路のETC休日割引が効かないので、1回分だけでも安く上げるために電車での行き来を選択しました。で、今日の夕方、あらためて京都のディーラーへメガーヌを受け取りに行ってきました。



【散財メモ】
12,204円:フューエルリッド・アクチュエーター(部品代)
4,860円:交換工賃
-853円:値引き
計:16,211円

余計な出費であることは間違いないのですが・・「ジムニー購入費用の100分の1」だと思うと、「別に大したことないし」と思ってしまう悪い傾向にあります(汗笑。

メガーヌ ボディコーティング施工 

20170911_01.jpg20170911_02.jpg20170911_03.jpg

先週のジムニーに続いて、メガーヌにもボディコーティングを施工してもらいました。新車購入から6年が経過したボディは大きなキズも無く、遠目にはそれなりにキレイに見えていたのですが・・特にルーフとボンネットという天面には雨ジミ・イオンデポジットがくっきりと刻みこまれてしまっていました。どうしても落ちないしつこいこの汚れが、洗車をした後にいつもガッカリな気持ちを抱かせました。それが繰り返されると、今度は洗車をする気が失せてきてしまって・・どんどん汚れがひどくなっていく悪循環。それを断ち切るためにコーティングを決意しました。

ジムニーと同じくコーティングのプロショップに依頼しました。ジムニーは新車同然ですから手間はかからなかったようですが、メガーヌに溜まった6年間の汚れを除去するのは大変だったようです。イオンデポジットは塗装のクリア層にガッチリ食い込んでしまっていたそうで、それをできる限り削り取る研磨作業を含む下地処理・・その甲斐あって表面のくすみは無くなり、ガラス系コーティングによる深いツヤが出ました。トップコートには疎水性のものを選びましたので、雨などがボディに水玉で留まらず、多くが集まって流れ落ちるため、今後はイオンデポジットや雨ジミも付きにくくなることでしょう。洗車が楽になる上、これまでのように「がんばってもどうせ落ちない汚れが・・」という残念感とストレスから解放されます。費用はそれなりにかかりましたけど、今後の精神的・体力的負担を軽減してくれることを考えれば、そう高くない買い物だと思っています。長く乗り続けようという気持ちになります。



【散財メモ】
92,500円:ボディコーティング(ガラス系ベースコート/疎水性トップコート/下地処理込)
-円:メンテナンスキット(ジムニーと共用)
4,000円=2,000×2:プロテクションフィルム(左右ドアエッジ保護)
7,720円:消費税
計:104,220円