ボジョレー・ヌーヴォー 2017 

20171116_01.jpgボジョレー・ヌーヴォー解禁日ということで、2017年も1本だけ、980円の安いのを買ってきました。昨年、一昨年と西友でいちばん安いのを買い続けていましたので、今回はちょっと変えて、お酒の量販店で980円のを買ってみました。翌日仕事の日は呑まないように決めているので、明日金曜日に初呑みしようと思っています。

神開 純米山廃仕込 無濾過原酒 

20161230_01.jpgいよいよ2016年も残すところ二日・・迎春準備ということで、お正月用のお酒を買いに行ってきました。クルマで10分ほどの近所にある酒屋なんですが、興味をそそるものを置いているので時々買いに行っています。以前は「三連星」という黒地に紫文字の意味深なラベルが貼られたお酒を買ったり。で、今回買ってみたのは・・神開 純米山廃仕込 無濾過原酒。神開は近ごろ京都の酒屋さんでも注目されているらしいと新聞記事にもなっていましたので、一度呑んでみようかな、と。
【続きを読む】

ボジョレー・ヌーヴォー 2016 

20161119_01.jpg昨日解禁になった2016年のボジョレー・ヌーヴォー。いつものように近所のスーパーでいちばん安いのを買って、今夜呑みました。おととい突然見舞われた左足甲の謎の痛みもほぼ無くなりましたので、安心して呑めました。それにしても最近、体重が・・ちょっと本気でダイエットしないと。あまり美味しいお酒を飲んではいけませんね・・食が進んでしまいますから。

獺祭 等外 

20160430_01.jpg2016年ゴールデンウイーク前半戦、三連休のナカ日です。三連休でいちばん気分が浮かれるであろうナカ日の夕方、なんと歯医者の予約があったので行ってきました。帰りがけ、近所の大型酒販店へ寄って日本酒を買ってきました。山口県は旭酒造さんの「獺祭」というお酒・・以前からテレビやなんかで評判を聴いていたので、いちど飲んでみたいとは思っていましたが、近くでは売っているところを知らないので、またいつか程度の思いでした。しかし、昨日の折込広告で近所の大型酒販店に数量限定入荷したと知り、これは縁だと思って買いにいきました。

獺祭でも「等外」という銘柄・・これはいわゆる「くず米」を使ったお酒だそうで、ゆえにお値段もお安くしているのだそう。「普通酒」に分類されるのですが、原料が粒が割れたりしたくず米(等外米)ですから、大吟醸並のみがき具合でも大吟醸と表示できないのだそう。つまりおいしさは負けてないのにお安いと・・ただ、味の劣化が通常の獺祭よりも速いという欠点もあるのだとか。獺祭 等外は4号瓶が3,480円(税別)で買えました。通常の獺祭(大吟醸)だと6000円近いみたいなので、かなり差がありますね。つーか、そのお値段だとさすがに買えない・・3千円台でもかなり思い切ったのですよ、自分としては。



【散財メモ】
3,480円:獺祭 等外
計:3,480円 税込計:3,758円

ボジョレー・ヌーヴォー 2015(安) 

20151120_01.jpg別に好きと言うワケでもないのに、また今年も買ってしまいました、ボジョレー・ヌーヴォー・・の安っすいヤツ。そもそも最近、赤ワインというものを飲んでいない。まぁ、いつも同じお酒を飲んでいると、だんだん量が増えてきそうなので、たまに変化をつけるのがいいかな。