ボディーコーティングの相談 

20170825_01.jpgメガーヌとジムニーのボディコーティングを相談しに行ってきました。ボディコーティング専門にされている個人経営の業者さんです。コーティングするにあたり、最初はガソリンスタンドなどでも展開されているフランチャイズ的なものの情報収集をしました。これは施工代金が安い!と、思わず予約を入れそうになったのですが・・よくよく調べてみると、5年もつというガラスコーティングではありますが、その実、1年ごとのメンテナンスで最上層のコートを剥離して再コーティングが必要とか。ならば専門業者のホンキのコーティングとトータルコスト変わらなくなるんじゃないの?と思い始めたワケです。で、専門業者の方とメールで何度かやりとりした上で、今日、現車確認を兼ねて詳しい話を聞きにジムニーで行ってきました。チェーン展開されているコーティングは同じガラスコーティングという名前ではあっても、所詮はガソリンスタンドの従業員レベルでも作業可能な内容でしかないということや、そもそも下地処理のレベルに歴然とした差があることを聴かされました。まぁ自分のところを良く言うのがセールストークですからそれはよくよくわかっているつもりです。安いほうが5年もたなかったとしても、その差額でまた再施工してもらえばいいかなとも思いました。しかしもう一度考えてみました・・自分の要求事項としては、メガーヌのこびりついた雨ジミ、イオンデポジットを除去したいということ。それを自力でやるには途方もない労力が必要だということが、ケミカルを少し使ってみてわかったこと。だからプロに任せようと考えたのがコーティングに踏み切るきっかけになったワケです。だったら下地処理にトコトンこだわっている専門業者を選択するのが妥当だろうと・・今後も複数台所有を続ける上で、洗車などに要する時間を少なくしたいですからね。チェーン店のほうが安いとは言っても数万円はすることですから、後悔のない選択をと考えたら、この瞬間の一時的な出費が大きくなっても満足感はより多く得られるのではないかと思うに至りました。明日はメガーヌを持ち込んで現車確認と施工内容の相談、見積もりを出してもらうことにします。

試乗めぐりの2017年7月 

20170728_01.jpg今月の初めにシトロエンC5のブレーキが故障したのをきっかけに、代車レンタカー日産ノートで何台かのクルマの試乗に行きました。自分のではないクルマだと、「冷やかし」であっても自動車ディーラーへ行きやすいというのはあります。自分の嗜好がどのようなものか知られないので、どんなクルマでも見に行ける。もちろんC5やメガーヌで軽自動車を見に行っても別に悪くはないのですが、訝しい顔をされることも多いワケです。反対にスポーツカーを見に行くのには、メガーヌは適しています。興味あるのだろうなという風にとられますので・・ただ、その分グイグイ来られることもあって困ったりもしますけどね(苦笑。その代車レンタカー日産ノートも貸出期限が近づいたので返却しました。街の景色に埋没してしまうクルマに1か月近く乗れて、そういうクルマが1台あってもいいかな、なんて思ったり思わなかったり・・

シトロエン C3 試乗 

20170722_01.jpg20170722_02.jpg
今日は全国的にシトロエンC3新型の内覧会だったようです。いつもお世話になっているディーラーさんへ寄ってみたところ、今回は何とさっそく試乗車も用意されていました。たいていはまずショールーム展示のみで、数週間遅れて試乗車が用意されることが多いと思うのですが、今回は違っていました。それではということで、試乗させていただきました。
【続きを読む】

ジムニー ランドベンチャー 5MT 試乗 

20170721_01.jpg20170721_02.jpg
このあいだの日曜日、ジムニー ランドベンチャーを試乗しました。滋賀県内唯一、ジムニーの試乗車を用意しているディーラーが幸いにも隣の市にあったので喜び勇んで試乗しにいきました。それでジムニーにはじめて乗れて、印象を脳裏に焼き付けることができました。ただ・・その試乗車は4ATだったんですね。まぁ試乗車と言えばまぁATであることが一般的で、仕方なかろうと思いましたが・・やはり試乗はしたい。ということで、隣県の試乗車を探してみました。すると・・あるじゃないですか!愛知県津島市のディーラーに!

愛知県とは言え、津島市は西の端のほう・・つまり滋賀県中部から最短1時間半ぐらい(高速道路フル使用)で行ける70kmの距離。さっそく試乗予約を入れたのが昨日のこと。で、今日は午後にもとから半休を取っていたので、他の予定を変更して津島へ試乗に行ってきました。

で、5MTのジムニーに乗ってみた感じ・・うん、やっぱり4ATとは全然違う!ギア比が低いということもあって出足はより軽い。クラッチペダルも決して重くはない、充分に軽いし、ミートポイントは少々高めですが大きな違和感はありません。ラフロードなどでユッサユッサと揺られながらでも確実に操作できるようにという配慮とみました。ペダル配置は先日、展示車で確認してとてもマトモであることはわかっていましたが、運転してみてもマトモでした。フットレストが無く、左足の置き場はつま先あたりが少々狭いめではありますが、耐えられないほどのことはない。高速道路を長距離とか、クラッチペダルを踏まなくていい時間が長いと、左足のやり場に迷うかもしれませんが、まぁ問題ないでしょう。

そして何より違うのがエンジン音・・シフトチェンジ直前の高まった音はまさに軽トラ(苦笑。これは情けないのでマフラー交換をしたくなりますね。あと意外だったのが、先日AT車ですごく気になった、極低速での「おしりのウネウネ感」が、今日のMT車ではまったく感じませんでした。クラッチ操作・シフトレバー操作に気を取られるから後輪の細かな動きがごまかされるのでしょうかね?ともかく好印象でした。乗ってみた結果、ジムニーますます欲しくなりました。

自動車保険料試算 2017年7月20日 

20170720_01.jpg昨日ここに書いた話・・自動車を買うとき、見逃しがちな「車両本体+諸費用」以外の費用について。自動車(任意)保険の見積もりを出してもらいました。現在、シトロエンC5には40万円の車対車限定の車両保険をつけてあります。これをジムニー145万円の一般車両保険・・自損事故にも使えるフルカバーの保険へと車両入れ替えをおこなった場合に、いったいどれだけ追金しなければならないのか不安でした。しかし・・フタを開けてみてビックリ!なんと新車で一般車両保険で、保険金額3倍以上のジムニーにすると、数千円の返還が発生するのだそうです。軽自動車って、本当に維持費が安く上がるんですね!実感しました。