チョイノリにちょい乗り 2008年9月27日 

20080809_11.jpg2週間ぶりにチョイノリを動かしました。すんなりエンジン始動するか心配でした。チョークを全開にして、チョイとスロットルをひねってキャブに燃料を送りつつ、キック、キック、キック・・3回4回とキックペダルを踏みしめました。掛かりません(汗。アレ?おかしいな・・と、よく見てみると、イグニッションキーがOFFの位置でした(苦笑。あらためてONにしてキック・・ブロロロロロ・・一発で始動しました。まだ新しいだけあって、2週間あけたぐらいで始動性が落ちるってコトはないようデス。

問題なのは乗り手のほうらしく・・イグニッションキーひねるのを忘れるなんて初歩的ミス(苦笑。その後、数十分ほど走り回りましたが、チョイノリ自身に問題はありません。ただ、駐車中にキーを抜き忘れているコトに気付かず10分以上、チョイノリから離れてしまうというミスを冒すという乗り手には問題がありマス。幸い、ひと気のない物陰に停めておいたので盗まれはしませんでしたがね。さらにその後、自宅に戻ってクルマのドアノブを何気なしに引いてみたら・・ドアが開きました(汗。お昼すぎ、サンパツから帰ってから数時間、アンロックのまま放置してたみたいデス(苦笑。今日はどうもボーッとしてました。ゆうべ呑み会だったコトもあったでしょけど・・気をつけねばなりません。