FC2ブログ

月別アーカイブ

 2009年04月 

ハローワークが大変なことに 

20081215_19.jpgハローワークでへ行ってまいりました。いや、今の勤め先がイヤで転職先を探しに行ったとかではなくて(苦笑。雇用保険の手続きに行ってきました。新入社員の資格取得(加入)と、少し前に退職したパートさんの離職手続きです。

ハローワーク、昨年から混んではおりましたが・・4月は大変なことになっておりました。ウチの勤め先の新入社員は2名だけですけど、大きな会社だと何十人とか入ったりしますもんね。なので事業所の人事労務担当者が書類を抱えて来ているのが多数・・

そして、その事業所の中に派遣会社と思しき社名がいくつか・・書類の量がひときわ多いです。あ、そうか!・・ハローワークに失業者がたくさんいるのは当然のことと思っておりました。それは不景気ゆえ、輪をかけてのことだと思っておりました。でも自分のように事業所側の人間としてハローワークを訪れる者には、あまり関係ない話だと思っておりました。一見、混んでいても、窓口が違うから読んでもらえるのは案外早いと。

でも違ってました。失業者が多いってことは、事業所側がそれだけ多くの離職手続きをしにハローワークへ来ているってこと。ハローワークに来ている失業者の数と、手続きをしに来る事業所と持ち込まれる書類の量は比例するんだなと。何でこんな単純なこと、今まで気付かなかったんだろう(苦笑。

ちなみに今日、順番待ちに3時間以上を要しました(汗。で、待った挙げ句にたずねてみたら・・「一度お呼びしたときにおられなかったので、もう処理はできてます」だと。おいおい、「どれぐらい時間かかりますか?」って聞いたとき、「まったく読めません。1時間なのか3時間なのか・・」と言うから、1時間ほど外に出たのは事実。しかし戻ってから3時間、一度も呼ばれてないんですけど・・

おそらくハローワークの職員も忙しすぎて追いついてないんでしょ。しかしだからと言って、今日みたいなことは腹が立ちますし・・今後一層、失業者が増えて行きそうな状況からして、受付や事務処理のシステムを抜本的に見直さなければならない時が来ているんぢゃないかと思いマス。お客さんを呼び出すときも、氏名や社名を大声で・・というのも、いかにも前時代的です。

大変なときだからこそ、変わらなきゃならないというのは世の常識なんですけどねぇ。