トキヲ紀行 2009長月 その4 

20090930_21.jpg2009年9月の東京の旅、2日目。もともとは朝から高速バスに乗って千葉方面へ向かう予定でしたが・・早く起きて時間が余ったので、六本木にある出雲大社東京分祠へお参りに行きました。それからあらためて高速バスに乗ろうとそれから東京駅へ向かい・・そこでちょっとしたハプニングが(汗
【続きを読む】

トキヲ紀行 2009長月 その3 

20090929_01.jpg2009年9月の東京の旅、2日目。初日は最終、千葉で終えました。計画では2日目も朝から千葉方面へ向けて出発する予定でしたが・・またまた早くに目がさめてしまい、予定の時刻まで少しあ余裕があるからと、ちょっと散歩に出るコトにしました。と言っても、お店関係はまだ開いてません。9時頃から開いているトコロと言えば・・神社やお寺しかないでしょ(笑。

【続きを読む】

トキヲ紀行 2009長月 その2 

20090928_01.jpg2009年9月の東京の旅。初日は新幹線に乗って東京へ移動、その足で芝大神宮へお参りしました。そうしているうちにチェックイン可能な時間が来たので、上野の宿泊先へ。とりあえず大きく重い荷物を置いて身軽になり、再出発となりました。行き先は目白・・上野駅から山手線に乗って移動デス。

【続きを読む】

トキヲ紀行 2009長月 その1 

20090927_01.jpgシルバーウイーク・・そんな言葉があったのか、と思った人は少なくないと思いマス。2009年9月19日の土曜日から、「ハッピーマンデー」制度で第3月曜日に移動した敬老の日をはさんで、23日水曜日は秋分の日まで、何と五連休! 5月のゴールデンウイーク並みの大型連休というコトで、シルバーウイークと・・でも「シルバー」って聴くと高齢者のイメージが強くありません?

名前の由来はさておき、その2009年シルバーウイークの五連休に、またまた東京旅行に行ってまいりました。5月、7月に次いで今年3回目の東京旅行・・行きすぎだとの声が各方面から聴こえてきておりマスが(苦笑、気にせず初秋の東京を満喫しに行ってまいりました。

【続きを読む】

過ぎたるは及ばざるが如し 

20090926_01.jpg食べ過ぎ、呑み過ぎ・・言うまでもなく健康に良くないこと。働き過ぎ・・一見、頑張ってそうに見えて、その実は大して効果が上がっていないどころか周りに迷惑をかけていて、それに気付いていない。思い過ぎ・・思いが募り過ぎて重くなり過ぎてしまうこと。考え過ぎ・・失敗を怖れて何もできなくなってしまう。そう・・安定を、平穏を、人は失うことを怖れてしまう。それがどれだけちっぽけなものであっても。

切り替え 

20090925_01.jpgスイッチが入りません。何かこう、シゴトに集中できないと言うか・・それは休みボケというコトがまったく無いかと言われれば、それは少しはあると言わざるを得ません。しかしそれよりも、五連休が明けてから鼻の調子が悪いのデス。春の花粉症に匹敵するぐらいに鼻水が出たり・・それを抑えようと鼻炎薬を服用すると、激しい睡魔が(汗。時にはPCで文書を作りながら意識を失いそうになるコトさえありマス。しかしそんな副作用を承知の上で、それでもなおこの薬に頼らなければ、鼻をかんでばかりでシゴトがまったくはかどらなくなってしまいマス。自分の場合、鼻は両手でかみマスから、マウスもキーボードも、筆記用具も使うコトができなくなってしまいマス。それならせめて睡魔が襲ってくる前までに少しでもシゴトができたほうがイイかなと。副作用は眠気だけではないようで、激しい倦怠感にも襲われマス。どちらにせよ、集中力が低下している今日この頃デス。

居場所 

20090924_01.jpg夏休みが終って二学期が始まった気分・・東京へ遊びに行って、帰ってきた翌日からすぐシゴトというのは、うまく切り替えができなかったりします。学校だと初日は始業式とホームルームだけとか、「肩ならし」みたいなのがあるワケですが・・シゴトにはそんなものありません。かと言って最初から剛速球を投げようとすると、やはり無理がたたって肩を痛めてしまいます。関係ありませんが、今日は肩コリがひどかったです。

しかし、それでも自分の居場所はココしかないとなれば、肩ならしもソコソコに、立ち上がりからそれなりのパフォーマンスを見せていかなければなりません。自分の好き勝手で休みに遊びに行ったワケですから、それを理由にパフォーマンスを低下させてはいけません。それでも身体は正直ですから、パフォーマンスは低下するんですけどね・・それを悟られないようにごまかす術を経験と共に身につけていくワケです。

東京から帰ってきまいりました 2009年9月23日 

20090923_01.jpg4泊5日で旅した東京とついに別れを告げ、地元滋賀へ帰ってきました。最後の最後・・最終日の午後はいつもどおり、アキバで買い物をして過ごしました。買い物と言っても最近フィギュアは買わなくなりましたし、同人誌は大阪日本橋で買ったりしてマスし・・まとめて大きな散財ということにはなりませんでした。まぁだいたい、今年は5月から2か月おきに東京へ来てマスしね(苦笑。アキバへは「空気を吸いに行く」といった感じになりつつありマス。

ただ残念なことに、相変わらずホコ天は復活しませんし・・主に治安の問題からでしょうけど、夕方頃の路上のゴミは以前より目立つようになってきたように感じマス。ホコ天があった頃はボランティア清掃なんかも活発でした(それがパフォーマンス的行為であったとしても)ので、路上に散乱するゴミを見るにつけ、「荒れてるなぁ」という印象を抱いてしまいマス。

ともあれ、今回も充分に東京(+関東)を満喫して、無事に帰ってくるコトができました。5日間でお世話になったすべての方々に感謝しマス・・ありがとうゴザイマシタ~。そして感謝の気持ちをこめて、新たな「トキヲ紀行」の連載を始めたいと思いマス。

東京に来ております 2009年9月22日 

20090922_01.jpg4日目の東京は都内のみ、しかも山手線の内側のみの移動となりました。距離は大したことないと思うんデスが、時間は意外にもかかってしまうモンなんですね。山手線一周は1時間ぐらい必要なんでしょか。あと、少し道に迷いました(苦笑。

さて、泣いても笑ってもあと1日で、今回の東京旅行も、今年のシルバーウイークも終わりデス。

東京に来ております 2009年9月21日 

20090921_01.jpg東京滞在3日目・・今日は東京を離れて北へと向かいました。関東って、結構広いんデスね。予想以上に時間がかかってしまいました。そして自分にしては結構歩きました。足が疲れました。涼しい天候なのが救いでしたがね・・何でも10月上旬並みなんだとか。

昨日、今日で今回の旅の遠出メニューは完了しましたので、明日からは都内中心に動きまわりマスよ。

東京に来ております 2009年9月20日 

20090920_01.jpg2日目の東京・・朝からちょっとだけ都内を散歩して、その後は一路千葉へ。2日目のメインは千葉でした。昨夜も千葉へ行ったというのに・・いっそ千葉で泊まったほうが効率がイイのですが(苦笑。

しかも朝から時間調整をちょっと失敗してしまい、千葉への出発でいきなり出鼻をくじかれる格好になりました。しかし即座に修正プランを発動し、重要なミッションは何とかクリアできました。千葉での課題は残してしまったものの、また次回のお楽しみというコトで。

東京に来ております 2009年9月19日 

20090919_01.jpg秋の大型連休をシルバーウイークなどと呼ぶんだよと言われても、今ひとつピンとこないんデスけど・・「シルバー=高齢者」的なイメージが浸透しすぎていて、シルバーウイークと聞くとソッチをイメージしてしまうワケです。確かに敬老の日が含まれてマスけどね。

で、今年のシルバーウイーク五連休、またしても東京に来ておりマス。ゴールデンウイークのときと同じく4泊5日の予定でありマス。初日はいつものように、地元滋賀から東京までの移動に時間がとられてしまいマスので、午後に都内を少しブラリと、夜は千葉へ夕食と。これまたいつもの行動でした。明日以降は本格的に動きまわりマスよ。

外面 

20090918_01.jpg外面(そとづら)だけイイ人が嫌いだった。得意先と電話するときに声のトーンが変わる人が嫌いだった。あんな人は信用ならないと思っていた。

数年経って今・・自分も電話で話しているときに、声のトーンが変わっていることに気付いた。電話で話すとき、相手の姿が見えないから、自分の誠意や熱意を伝えようとすると、声に表情を持たせなければならないことに気付いた。

自分が一介の技術者から、人を相手にするシゴトに変わったことに気付いた。でも嫌いだった人は、相変わらず好きになれない。

バナナの皮 

20090917_01.jpg踏んだらすべるとわかっている。でもそれが床に落ちているのを見たら、踏まずにはいられなくなる。それがバナナの皮。昔からコントなどで使われてきた、いわゆる「お約束」ネタではもともと、踏んですべる人の視界にバナナの皮は入っていない。気付かずに踏んでしまったハズだ。

しかしそれが広く一般に定着してしまい、「バナナの皮=すべる」の式が確立されてしまうと、今度はバナナの皮をわざと視界に入れて、「行くぞ、すべるぞ」という合図を見ている側に送るようになる。見ている側もそれを期待して、すべる前からクスクスと笑い出す。

バナナの皮をわざと視界に入れてからすべるというのも、また定着して新たな「お約束」になってしまうと、今度は「あえてすべらない」というフェイント&スルーというパターンが出てくる。それはそれでまた、「すべらへんのんかい!」的ツッコミを誘うものとして笑いを誘う。

「バナナの皮」芸を例に出しはしたが、これは他のことにも当てはまる。「お約束」は安心できるが、刺激は少ない。安心に支配されると、ほんの少しの刺激でも魅了されてしまう。エサだとわかっていても、釣られてしまう。あえて食いついてしまう。

考えるな、感じろ 

20090712_02.jpg知る、考える、感じる・・という順番なんだそうデス。何が?と言うと、これはシゴトの進め方において気をつけるべきこととして聞いたことなんデスが。

最初、ズブの素人のときはまず「知る」ことが大事、そしてシゴトをおぼえる。ある程度シゴトをおぼえたら、今度はそれが本当に正しいのか、もっと別の方法がないのか、そういったことを考えることが大事。さらに進んで、ベテランの域に達したり、ある程度以上の責任を持つようなポジションになったら、今度は感じなければならないと・・いわゆる「空気を読む」ってことデスね。

人類の革新の先がニュータイプ化というのも、あながち間違いではないのカモ。

楽園 

20090915_01.jpg楽園という言葉を思い浮かべるとき、その人はおそらく苦難のただ中にいるのではないだろうか。この苦しい状況を脱すれば、長いトンネルを抜ければ、そこには楽園が待っているに違いない。そう思わなければ、現在のストレスに耐えられない。人は楽園を夢想し、その存在を信じる。と同時に、楽園など存在しないのではないか? 夢まぼろしなのではないだろうか?と疑いもする。だから前へ進むことを躊躇する。信じるも信じないも、それぞれの自由・・それぞれの楽園。

想いだけでも、力だけでも 

20090914_01.jpg勤め先でシャチョが「思えば叶う」という言葉をよく口にします。「まず思わなければ、始めることはできない」のだそうです。「こうなりたい」と思うことで、じゃあ、そうなるにはどうすればいいのか?ということを、はじめて考えるのだそうです。そして人は努力する・・と。

しかし、自分のような「妄想狂」の場合、「思う」ということをすると、ダメなことばかりを考えてしまいマス。「あれが足りないからできそうにない」「これをするには大変な手間ひまが必要だ」・・そして最終的に「メンドくさい」で終わり(苦笑。

どうやら成功するか否かは、プラス思考なのか、マイナス思考なのか、ということで大半は決まってしまうのではないかと思いマス。しかし楽観視しすぎてはイケナイのは当たり前。今、自分が置かれている状況を正確に把握した上で、よくなる(する)方法を冷静に考える。今、持っている力と、これから必要な力とを比較して、足りない分をどうやって埋めるか考える。そういう「考える力」が必要なんデスね。

想いだけでも、力だけでも、ダメなのです。

深夜の片付け 

どうも部屋の片付けがデキない・・いや、ときどきするにはするんデスが、片付いた状態が長続きしない。これはひとえに、モノが多すぎて、さらにモノが増えていくペースに片付けが追いついていない、というコトが原因であるコトに間違いはありません。

で、これまたときどき、引き出しや戸棚にモノをちょっと入れようとして、まったくスペースが無いコトがありマス。そういうときはその引き出しなり戸棚なりの一区画のみを片付けたりしマス。これが決まって深夜なんデスよね(苦笑。

ナゼか休日の昼間にはデキない。かと言って、平日の夜でもない。それは休日が終わろうとしている、つまり翌日は休み明けでシゴトというタイミングでやって来るんデスね。翌朝がキツくなるコトはよくよくわかっているのに、どうしてもソコだけは片付けてしまいたい衝動に駆られる。うまく片付けばスッキリして眠れるワケですが、そうでない場合はイライラだけが残ってタイヘンなコトに(汗。今夜はわりとウマく片付きましたけどね。

痛いの痛いの、飛んでけ 

20090912_01.jpg自分にとっては痛くないと思っていても、まわりからすればカナリの痛さ・・よくあるコトです。知らず知らずのうちに濃くなってしまう香水の臭いなんかと、良く似ていると思われマス。香水の場合は臭覚神経の麻痺という生体的要件があるのでしょう。しかしそうでないもの・・たとえばイナカで見かける「痛車」というものには、もしかしたら自覚症状がある場合もあるのではないかと思うのデス。それは肥満であるとか、酒の呑みすぎであるとか、純愛だと思い込んでしまったストーカー行為とか、他にも多くの事例があるように思いマス。

自分の人生、はたして痛くないと言い切れるのか?・・などと考え始めると、おそらく続けるコトが困難になってしまうのではないかと。だから人は「痛くないフリ」をするのではないかと。

見えすぎちゃって?困る 

20090911_01.jpg何をそんなに?と言うか、何でそこまで?というくらい、疑心暗鬼になってしまうコトがありマス。他人からすれば「考えすぎ」のひと言で片付けられてしまうような些細なコト・・それを「もしかしたら」などと疑ってしまうのデス。

そうなってしまうのは、性格的なものが多くを占めているものと思われマス。あと、システム開発・保守というシゴトを長く続けてきた結果、「疑いの目」というものを強くしてしまったとも考えられマス。いわゆる「バグつぶし」やシステム障害への対応で「ここがおかしいのではないか?」と調査することが多かったからデス。

しかしそのシステム開発・保守というシゴトに就いたのも、元もと備わっていた自分の疑り深い性格があったからこそ、だったのかもしれません。だとすれば今のこの状態は仕方のないコト、受け入れなければならないでしょう。

そんな経験を積んで来たのがあってか、ちょっと見えただけで、ちょっと聴こえただけで、その周辺をとりまく多くのことに気付いてしまうようになってしまったような気がします。これがプラスに働くと「気が利く」「よく気が付く」とほめてもらえることになりマス。マイナスに働くと・・疑心暗鬼におちいってしまいマス。

今の疑心暗鬼について、当事者にたずねてみるとか詳しく調べてみれば、真実がわかって解消されることもあるでしょう。しかし人というものは・・いや、自分はその真実を知るのが怖くもあり、また、たずねても調べても真実がわからないままであったとすれば、さらなる疑心暗鬼が生じることでしょう。人はこれを小心と言う。

お葬式 2009年9月10日 

20090910_01.jpgお葬式に参列してまいりました。勤め先のパート社員の方のお母様が亡くなられました。ちょっと驚いたことがありました。そのパート社員さん・・今年で73歳なんデスよね。最初にその方から「母キトク」の知らせを聴いたとき、一瞬だけ「えッ?」と思いました。だって、73歳の方のお母様が倒れたと聴いたワケですからね。まず最初に「健在だったんだぁ」と思ってしまいました。その後、お母様は亡くなられてしまったワケですが、やはり九十代だったそうデス。

考えてみれば、自分も両親が23歳の時の子なので、そういったケースにならないとも限りません。七十代で喪主・・ありうるだけにちょっと不安デス。しかし七十代であろうと何であろうと、やはり自分の親が亡くなるというのは悲しいものみたいデス・・そりゃそうか。親だもんな。

銀河鉄道な夜 

20090909_01.jpg(200)9年9月9日。999のゾロ目。スリーナインの日。だから何だ?と言われれば、それまでなんデスが。「クックックッ」と不敵な笑い声でもあったり、「苦苦苦」という三重苦でもあったり。ひとつの記号を目にして、何をイメージするかはその人しだい。どうせなら楽しく明るく、夢のあるほうへと想いをめぐらせたいものデス。

不自由ということ 

20090908_01.jpg勤め先を持つ以上、多かれ少なかれの不自由はある。いや、不自由が多いと断言できる。その不自由を受容することの言い訳を、自分たち勤め人はするものである。それは安定的な収入であったり、社会的な地位であったり・・

しかしその不自由・・本当にその言い訳の内容に見合ったものなのだろうか。そんなことをふと考えてしまうことがある。もしかして自分は損をしているのではないだろうかと。不自由と言い訳の狭間で、両者のバランスを取りながら生きて行く。それでも人は、将来にわずかでも希望を持って生きている。

清水寺と地主神社へ行ってまいりました 2009年9月 

20090907_04.jpgルーヴル美術館展を見に京都市美術館へ行った後、せっかく京都へ来たのだからと清水寺と地主神社へお参りに行ってきました。市バスの一日乗車券を買いましたのでね・・何回でも乗り放題ですし。

【続きを読む】

ルーヴル美術館展へ行ってまいりました 

20090906_01.jpg京都市美術館で開催中の「ルーヴル美術館展 -17世紀ヨーロッパ絵画ー」へ行ってまいりました。京都での会期は2009年9月27日まで・・気が付けばあと3週間ほど。こういった催しというのは、終わりが近づくにしたがって混雑が増すのがたいていデス。これはもう今、行っとかないと、行けなくなってしまうなと、思い切りました。

【続きを読む】

自由ということ 2009年9月5日 

20090905_01.jpg昨夜、大阪から帰って、夕食のときにワインを少々呑みすぎたようデス。1週間のシゴトも終えた安堵感からでしょか・・新しいボトルを開けて、気付いたら残り半分以下になってました。食後、l昨日までに録画しておいたビデオを観つつ、なんだか眠くなって・・寝てしまいました。

明けて今朝、非常にダルい。頭痛がするような二日酔いとまではいきませんが、何かしら残っているような気分。ダルいので二度寝したら、次はもう昼でした。自分の稼ぎで呑んでルンだし、特に予定もない休日だから、別にイイんですけどね。自由だからこそ、大切にしなければならないモノもあるような気がして、少々の反省。

大阪日本橋へ行ってまいりました 2009年9月4日 

20090904_01.jpg大阪日本橋へ行ってまいりました。ここ1か月で4回目デスかね。うち1回はほんのわずかの滞在時間(20分ぐらいか?)でしたが、それでもヲタショップで買い物しましたし。で、今回・・朝から大阪梅田へ行かなければならないシゴトがあり、ほぼ一日シゴトに。終わりしだい日本橋へ行くコトにしましたよ。


【続きを読む】

誕生日 2009 

20090903_01.jpg246日目・・今日9月3日というのは、1月1日から数えて246日目なんだそうデス。ちなみに年末までのカウントダウンは119日。

というワケで、今年もやってまいりました。誕生日デス。Googleのロゴも、ドラえもんになってマス・・同じく9月3日が誕生日なモンで。例によって祝ってくれるおにゃのこもおりませんが(苦笑、今年はいわゆるひとつの「昇段」という特別なイベントとなっておりマス。オトナの階段、またひとつ昇っちゃった(笑。

自分へのバースデープレゼント(ちょっと早めの)・・昨年はチョイノリでしたが、今年はニコンのデジタル一眼レフカメラD90ですかね。段を上がっただけのことはあり(?)、グッとオトナっぽい趣味のアイテムではないかと。まぁ中身は相変わらず、アレなまんまデスけどね。

スッキリしない日 2009年9月2日 

20090620_33.jpg体調はまあまあ、天気もまあまあ、シゴトのはかどり具合もまあまあ・・特に悪いコトはないなと思っていると突然、良くないニュースが飛び込んできたりするもの。せっかくおだやかな日をマッタリと過ごそうと思っていたのに、何でまたそうなるかなと。

しかしそういった良くないニュースが、とんでもなく忙しい日に舞い込んできた日にゃぁ・・やっぱり今日みたいな日でヨカッタのか。ところがスッキリしない具合で言うと、やはり今日みたいな日のほうがスッキリしない。なぜなら、その良くないニュースのことを考える時間が多くなってしまうから。

4年3か月経過 

20090602_29.jpg前月7月は、かなりの蒸し暑さにもかかわらず、精力的に出かけました。8月は一転、外出を抑えました・・体調がすぐれない日が多かったこともありましたので。出かけることが少ないと、出て行くお金も少なくなるんデスよね。でもナゼか貯まらない(苦笑。何かしら使わなければならないようにデキてるみたいです。そんなこんなで8月を降り返ってみマス~。
【続きを読む】