トキヲ紀行 2010睦月 その2 

20100131_01.jpg2010年1月の東京旅行、1日目。新幹線で東京駅に到着したのが正午すぎ。宿泊先へのチェックインまでは約2時間あり、その時間を利用して最初の訪問地へと出かけマス。JR秋葉原駅構内のコインロッカーに大きな荷物を預け、身軽になってそのまま総武線ホームへ・・総武線に乗っての行き先は飯田橋駅。
【続きを読む】

トキヲ紀行 2010睦月 その1 

20100130_03.jpg2010年1月9日から11日までの三連休、東京へと行ってまいりました。昨2009年は5月から隔月で計4回の東京旅行を敢行いたしましたが、年が変わって2010年となってもそのペースは継続しておりました。昨年11月から2か月ぶりとなる東京旅行、トキヲ紀行 2010睦月のスタートです・・すでに3週間前の話となってしまいましたけど。
【続きを読む】

空気清浄機フィルタ購入 

20091212_07.jpg自宅にある空気清浄機のフィルタが交換時期を迎えました。前回までは近所のスーパーの家電売場へ行って、「お取り寄せ」扱いのため定価で購入というコトをしていたみたいデス。今回は「ネットで安く探してほしい」と頼まれまして、さっそく検索・・すると定価が4,725円のところ、3,780円で買えました。約1,000円安・・定価って一体?って感じデスが、これが3台分ですから約3,000円の節約。収支で言えば出費だけなんデスが、何だか臨時収入が入ったような気分・・この差額を貯金していければイイんですけどね。これがナカナカ・・(苦笑

夢おぼえていますか 

20091212_05.jpgさすがに昨夜は悪い夢は見ませんでした。しかし何らかの夢を見たと思いマス。でもハッキリとは憶えていない・・目が覚めてわずかの間、ほんの少しだけ夢の記憶があったのデス。が、すぐに忘れてしまいました。記憶に強く残らないというコトは、大したことない内容だったのでしょう。もしかすると日常的に「夢を見ていない」のではなくて、「見た夢を憶えていない」だけなんでしょうか。

アクム!! 2010年1月27日 

20091212_03.jpg勤め先でのコト・・とある同僚女性から「PCの調子がオカシイので診てほしい」と言われました。システム管理者というシゴト柄、これはよくあるコト。さっそく診に行ってみました。少し診て、これはソフトウェア障害・・カスタマーサポートに問い合わせた方が良さげ、と判断。電話をかけてみました。すると、電話に出た担当者がイマイチうまくない・・こちらが聞きたいコトにはたどり着けない。話せば話すほどイライラが募る。そしてとうとうブチキレて「もうえぇわ!二度と聞かんし買わん!!」と言い放ち、電話を思いっきり切りました。それでもまだ収まらない自分は、手近にあったデスクを力まかせにひっくり返し、蹴りとばしました。

・・というトコロで目が覚めました。何と三夜連続で夢を見ました。しかもどちらかと言えば悪夢。しかし今回のは前回、前々回と比べれば、かなり現実的・・と言うかこの話、昨日のシゴト中のエピソードが元になってるぢゃないデスか。ただし現実のほうは、カスタマーサポートは対応ヨカッタし、イライラもしなかったし、ましてや机をひっくり返したり蹴りとばしたりなんかしてません。

そしてPCのトラブルを訴えてきた人が違いました。現実のほうは同僚は同僚でも、女性ぢゃなくて男性でした。コレってもしかして、夢に出てきたその同僚女性のコトを「トラブルメーカーだ、厄介ごとばかり持ち込んで・・」と、思ってるってコトでしょかね。まぁ、今回は寝汗かきませんでしたので、それだけでもヨカッタですけど。

アクム! 2010年1月26日 

20091212_04.jpg伯父の家・・トイレを借りて用を足そうと、洋式便器の前に立つ。フタは付いておらず、便器の中が見えている状態。どうやら直前に使用した人がきちんと流していなかったらしく、便器の中に何やら物体が(汗。とりあえず流そうとすると、伯父が「ちょっと待って」と。

便器の中をよくよく見てみると、何やらうごめく物体・・(汗。それは2匹の大きなヘビでした。かなりビックリした自分は後ずさり・・しかし「小用」はガマンの限界。意を決して用を足しはじめました。すると便器の中のヘビが動き出し(汗・・あわてた自分は便器のフタを閉める。アレ?確かフタは付いてなかったはず・・しかしそんなコトを気にしている余裕は無い。とにかくヘビが逃げ出さないように・・しかしヘビも必死で出ようとします。そしてついに・・フタは押し開けられ、スキ間からヘビの頭が!

・・というトコロで目が覚めました。結構な寝汗をかいてしまいました。しかし二夜連続でヘンな夢を見てしまいました。一体、何の暗示なんでしょか。

アクム? 2010年1月25日 

20091211_12.jpg極楽鳥というのをご存知でしょうか・・自分も実物は見たコトがありません。これが1羽、飛んできました。そしていきなり自分のコトを襲うのデス。クチバシで突くのデス。そういう夢を見ました。

しかもその極楽鳥、なぜか真っ白なのデス。そしてクチバシが鶴のように長くて・・だったらツルなんぢゃないかと言われるかもしれないんデスが(苦笑。夢の中でその鳥を見て「あっ、極楽鳥だ」と直感したのデス・・根拠は無いんデスが。そして自分はただ無力に襲われ続けるのではなく、その凶器であるところのクチバシを手で握り、抵抗しました。しばし格闘の末、握っていたクチバシが自分の手からすり抜け、極楽鳥が反撃・・というトコロで目が覚めました。軽く寝汗をかきました。着替えて寝直し・・



廃墟と化したビルの地下階・・自分は何かに追われているようでした。とにかく逃げて、たどり着いたのがトイレ跡らしく部屋。自分はいちばん奥の個室に入り、息を殺して隠れマス。すると足音が! 隠れているのにナゼが追っ手の姿が見え・・それは銃器で武装した兵士のようでした。

しかしその服装はオリーブグリーンや迷彩色など一般的に連想する兵士のものではなく、白いツナギのようなものでした。それは化学物質防護服のような・・ちょっとダボッとした感じで、頭部には黒いヘルメットと覆面を・・ダースベイダーのような、とでも言えばいちばんわかりやすいでしょか?・・かぶっており、異様なものでした。

その白黒の兵士がついに、自分が潜んでいる個室の前に立ち、扉を開け・・というトコロで目が覚めました。また軽く寝汗です。ひと晩にそんな2本立ての夢を見るなんて・・何かの暗示でしょか。

センシャとチョイガケとアスラクライン 2010年1月24日 

20091211_10.jpg昨日のコトなんデスが・・ハイシャから帰って昼食を摂って、ひと休みしたら・・どういうワケか洗車したくなってしまいました。思えば何か月、洗車してないんだろかと(汗。いや、正確には洗車はしてタンです・・ただガソリンスタンドの洗車にブチ込んでただけデスけど(苦笑。何かこう、クルマの手入れに時間を割くというコトがつまらないコトのように感じてしまって・・そういう時期が時どき訪れるんデスね、自分は。前に乗っていたVWゴルフ3の時もそうでした。1年以上も洗車しなかったコトもありました。

今のシトロエン・クサラは、結構もったほうでした。でも特にココ半年はかなりサボってましたね。でもあまり汚いクルマに乗ってるのもみっともない・・で、たどり着いた答えが洗車機と。結構キレイになるんデスよ、洗車機。でもね、クルマは愛情そそいでやらないとダメですね。昨日も洗車したくはなったんデスが、まずはいつもどおり洗車機へ(苦笑。で、ウチに帰ってきてからワックス掛けをしたワケです・・たぶん半年以上ぶり。で、知らない間に付いてたキズに気付く、と。自分の手で洗って、磨いて・・そうしていると細かいキズもすぐに気付きマス。でもそれが機械まかせ人まかせだと、ナカナカ気付かないモンです。今後、また毎週ほど手洗い洗車するのかと言えば?デスが・・タマには手入れしないとダメかなと思いました。

で、タマには手入れ、というコトで・・コチラもかなりひさしぶりのチョイノリです。車庫から引っぱり出してエンジンかけてやりました。しかしこれが思いのほかスンナリと始動してくれまして、エンジン暖めて、それから敷地内を8の字走行・・自転車買ってもらったばかりのコドモのように(笑。外はけっこう暖かかったので、ちょっと走りに出ようかとも思いましたが、洗車やら何やら一気にやりすぎると疲れそうなのでヤメました。またの機会にと。

で、家の中に戻って何をしたのかと言えば、録り貯めたアニメの観賞ですね。先日から取り掛かったアスラクラインをファースト・シーズンからセカンド・シーズンまで、すべて観終えました。これだけアニメ漬けな休日も久しぶりかなと。最近は出かけるコトも多くて、おろそかになりがちだった(?)オタク的生活を、少しだけ取り戻した週末でした。

ハイシャ 2010年1月23日 

20091211_13.jpg正午に歯医者の予約。今日は治療中の歯(2本目)のドダイを接着、次回のカブセ装着に備えるというメニューでした。治療中に思ったんデスが・・衛生士によって作業のスタイルに差がありマスね。患者の横(右側が多い?)からするのがセオリーだとは思うんデスがね・・自分の今回の治療箇所、右上の歯なんデスよね。すると右横から治療しようとすると、死角に入っちゃうみたいなんデスね。だからか、頭の上の方から「おおいかぶさる」感じで作業されるコトが多いんデス。

で、今日もそんな感じだったんデスが・・今日の担当衛生士、顔が近いよ! 視力がアレなのかわかりませんが、他の衛生士に比べて極端に顔を近づけてキます・・感覚的には20センチぐらい? 精密作業の距離としては妥当なトコロなんでしょけど・・斜め上方とかではなく、顔の真上、目の前に若いおねーさんのお顔が接近すれば・・そりゃコチラはドキッとしますって(汗。でもアチラは「そういうもの」なんでしょうね・・まったく気にする様子は無く。まぁ、そりゃシゴトですからね。目の前にあるのは人の顔ぢゃなくて「何かモノ」ぐらいなんでしょか。

大したことのないループ 

20091211_08.jpg気が付けば金曜日・・何だか毎日バタバタしている間に一週間が経ってしまう。こんな感じの時って、あまり内容が濃くないのデス。何かこう忙しかったな、という気はしても・・さて具体的に何が忙しくて大変だったのかと振り返ってみても、さほど大したことは無かったのかなと。こんな感じで毎日、毎週、毎月、毎年・・繰り返していて大丈夫なんだろうか?自分の人生は、などと考えてしまいマス。

何も起こらないこと 

20091211_14.jpg昨晩、厄除八幡宮へ厄除のご祈祷をしてもらいに行って、心もち気分がスッキリしたような・・文字どおり「気分的なもの」なんでしょう。そもそも「厄除け」というものは特殊な感じがします。一般的に「祈り」というのは、何か願いがあってそれが実現するようにとおこなうものですね。つまり「何かが起こってくれる」ように祈るもの。対して厄除けとは「何事も起こりませんように」と祈るのもですね。「無病息災」「家内安全」というのも少し似てますがね。何もおこらないことを祈るという習慣、外国でもあるんでしょうかね。

はじめての厄除祈祷 

20100120_01.jpg厄除けのご祈祷をしてもらってきました。地元では「厄神さん」と呼ばれている厄除八幡宮・・正確な名前は豊国神社ということですが・・では、毎年1月18日から20日の3日間、厄除大祭がおこなわれておりマス。これは土日に合わせたりということはなく、かならずこの日程なのです。自分も幼少の頃から両親に連れられて何度もお参りしてきましたが、ご祈祷を申し込むのは初めてのことです。思えば昨年は小さいながらも人生初骨折を経験しましたし、他にも体調を崩したりすることが多々・・今年はぜひとも無病息災で、そしてあらゆる災厄から逃れられますようにと、最上級グレード1万円でご祈祷をお願いしました。と言っても、ご祈祷そのものは最下位グレードの3千円と共通なんですけどね(苦笑。その後にいただける何やかやが豪華版になるだけなんですが・・まぁ、やるだけのことはやったと。気持ちの問題ですからね。

マシンじゃない 

20091211_05.jpg【シャア】「そうか。しかし、この温かさをもった人間が、地球さえ破壊するんだ。それを分かるんだよ、アムロ」
【アムロ】「分かってるよ。だから、世界に人の心の光を見せなけりゃいけないんだろ」
【シャア】「そういう男にしてはクェスに冷たかったな。ええ?」
【アムロ】「俺はマシンじゃない。クェスの父親代わりなど出来ない。だからか。貴様はクェスをマシンとして扱って」
【シャア】「そうか、クェスは父親を求めていたのか。それで私はそれを迷惑に感じて、クェスをマシンにしたんだな」
【アムロ】「貴様ほどの男が、なんて器量の小さい」
【シャア】「ララァ・スンは私の母になってくれたかもしれない女性だ。そのララァを殺したお前に言えたことか」
【アムロ】「お母さん?ララァが。うわっ」

ご存知、「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」ラストシーンの一節です。だから何だ?と言われればそれまでなんデスけど・・自分もマシンぢゃないのデス。感情ある人間なモンで、岐路に立てば迷いもしマスし、問題に直面すれば悩みもしマス。そうしながらもこれまで生きてきたワケですから、今後も何とかやってはいくんでしょけど。

それでも地球は 

20091211_06.jpgまわっているのデスね。休み明けでシゴトに行くのがうっとうしかろうが、呑みすぎでオナカの調子が悪かろうが、それでも朝はやってくる。そして嫌々ながらもシゴトに行く。

自由でありたいと願っているはずなのに、その実はみずからの手でみずからに枷(かせ)をはめてしまっている。「こうでなければならない」「これしかない」などと言うのは言い訳にすぎないと気付くのには時間がかかる。それでも地球はまわっている。時は万人に平等に過ぎていく。それぞれ感じ方が違うだけ。

大阪へ行ってました 2010年1月17日 

20100117_01.jpg昼過ぎに出かけて15時半頃まで大津にいたのデスが、用事が終わって何だか中途半端な時間で、このまま帰ってしまうのも惜しいかなと思い・・大阪日本橋まで行ってしまいました。まぁ何てこたぁない「薄っぺらいのにやたら高価な本」などを買い物しただけなんデスけどね。画像は移動に使った京阪電車の車内。各車両に成田山のお札が祀られていたんデスねぇ。大阪別院が寝屋川なので、京阪沿線と言えばそうなんデスがね。

ハイシャとサンパツ 2010年1月16日 

20100116_01.jpgシゴトは休みの今日でしたが午前中はハイシャへ、午後はサンパツへと、ナカナカに忙しい日でした。特に午前中のハイシャのほうは10時半からの診察予約でしたが、終わったのは12時。さすがに1時間半も口内の治療をしてもらうと、アゴがおかしくなりそうデスね。しかし昔と違って治療中の痛みも小さくなり、やもすると居眠りしてしまいそうな勢いで・・

そして午後のサンパツ。こちらは以前からかならず居眠りしてしまうクセがついてしまっておりマス。あの椅子に腰かけてウトウトというのは、ナゼあんなに気持がイイんでしょか。睡眠ということからすると、横になったほうがイイに決まっているワケですが、サンパツ以外にも電車やバスのシートとか、椅子の「居眠り心地」というのはヤミツキになってしまいマス。

体感温度 

20091211_03.jpgこの冬いちばんの寒波の影響で、毎日「寒いですね」があいさつ代わりとなっておりマス。ホントに寒いのは寒いのデスが・・実際に記録された気温を見てみると、最低気温は昨日が「底」だったようデス。昨日は氷点下3度ぐらいを記録したようなんデスけど、今日は0度あたり。しかし最高気温はほぼ変わらずの4~5度・・なのに「今日はマシですね、寒さ」が合い言葉のように交わされておりました。おかしなモンです。その「今日はマシ」という言葉を交わしている瞬間は、別に一日の最低気温をマークしている時間帯ではありません。だから気温としては「昨日と変わらない」はずなんデス。ところが人間の感覚というのは不思議なもので、「今日はマシ」と感じてしまうようなのデス。たしかに体感温度は絶対温度とは異なるコトがよくありマス。温度だけでなく、人が感じるあらゆる感覚というのは、ほんのちょっとしたことで変わってしまうのでしょう。

氷の華 

20100114_01.jpg勤め先で見つけました。雑草が凍っておりマス。そしかも結構ぶ厚い氷。の姿はまるで氷中花・・そんなキレイなものではありませんがね。雪が降って積もった後、融けだせばこんなこともよくありマス。でもこの冬は一度も積雪しておりません。なのにナゼ凍ったのか・・近づいてよく見てみると、散水用ホースから細~く水が漏れているではないデスか! どうやらここ数日の冷え込みで、古くて硬化したホースがひび割れ、漏水が始まったものと思われマス。で、まわりの雑草にしぶきがかかり、しれが凍ったと。そしてとめどなく浴びせかけられる細~いシャワーによって、その氷は成長を続けたと。自然のチカラ、おそるべし。

再起動(リブート) 

20091014_05.jpg昔のパソコンには電源ボタンの他にリセットボタンが付いていました。もっとも、現在自宅で使っているパソコン工房製オリジナルPCのケースには、いまだにシッカリとリセットボタンが付いておりますがね。しかし他の、特にメーカー製パソコンにはほとんど装備されることがなくなりました。

昔はパソコンがよくフリーズして、このリセットボタンのお世話になることがありました。押せば瞬時に電源が入れ直される・・まさにリセットです。最新のパソコンではフリーズすることも減りましたが、それでもゼロではありませんならばリセットボタンも無いのにどうやって再起動させるのか・・たいていの場合は電源ボタンの「長押し」でいきます。

あまり使わなくなったリセットボタン、そのものの価格が安くなってしまったパソコン・・ムダなコストは極限まで削減したいのは当然のことでしょう。それが進化というものなのでしょう。

今日、自分自身のちょっとしたリブート(再起動)をおこないました。思えばちょうど1年ぶりのリブート。自分自身のことですから、もちろん物理的な「リセットボタン」は装備していませんし、ましてや「電源」を切ることもできませんので、「ソフトウェアリセット」みたいなカタチです。また、あくまで「リブート」であって、「クリーン・インストール」ではないので、揮発メモリがクリアされただけです。不揮発記憶領域は残ったまま・・これを消すということは当然できません。ゆえに根本的、根源的な問題は残っているのかもしれませんが、とりあえず今できる精一杯のこと・・それがリブート(再起動)。それだけの話。

寒さが身にしみてきます 

20091014_06.jpg2泊3日の東京の旅から帰ってきて、地元滋賀の寒さがこたえておりマス。東京でも寒い日はありました。しかし街中にいれば少しは暖かい。屋内ならばほぼ間違いなく暖をとれる・・どころか、建物によっては暑く感じるほどのトコロも。

そして地元に帰ってきて思うコト・・勤め先の事務所の中でさえ、寒い。昨今エコを意識して暖房の設定が控えめなこともありマスが、それを差し引いてもレベルが一段違うような気がしマス。

ニュースを見ていると、今日は東京でも初雪が舞ったそうデスから、自分がいた3日間よりは寒くなってるカモしれませんがね。

東京から帰ってまいりました 2010年1月11日 

20100111_01.jpg東京から帰ってきました。あっという間の3日間でした。初詣に行きまくりました。ちょっと行きすぎぐらいに・・つーか「初詣」って、最初の「一拝め」のコトを差すんでしょかね? だとしたら、「初詣に行きまくり」という表現は少々オカシイのか(苦笑。まぁこういうのは気持ちが大切デスから、ヨシとしておいてください。とりあえず、今回も無事に帰ってまいりました~

東京にきております 2010年1月10日 

20100110_01.jpg今日は東京から飛び出してきました。もう路線図とにらめっこしなくても乗り換えができるようになってきましたよ。でも油断してると、いつもの方向オンチの気が・・今日はダイジョブでしたけどね。早起きして動き回ってるモンですから、電車乗ると眠くて眠くて・・

東京へやってきました 2010年1月9日 

20100109_01.jpgえーっと・・東京にきておりマス。昨日、トキヲ紀行 2009霜月を完結させたばかりなのに・・ま、今日からまた東京来るコトになってたので、怒涛の更新で終わらせたんデスけどね(苦笑。さて今回の旅行のコンセプトは・・ズバリ、初詣ツアーです。さていくつの神社仏閣をハシゴできるでしょうか?

トキヲ紀行 2009霜月 その15 

20100108_18.jpg2009年11月の東京旅行、最終の3日目。TBS前にある赤坂サカスで予想外の散財をしてしまいました。ホントはココで昼食を摂りたかったんデスけど、ちょっと気おくれしてしまいまして(苦笑。仕方がないのでとりあえず移動しようかと、赤坂駅へと向かうのでした。
【続きを読む】

トキヲ紀行 2009霜月 その14 

20100108_02.jpg2009年11月の東京旅行、最終の3日目。赤坂氷川神社への参拝に手こずってしまいました。なんとか参拝を果たし、ふたたび赤坂駅へと戻ってまいりました。するとそこにそびえ立つビル・・テレビ局&ラジオ局のTBSでした。これは話のタネに行っておきましょうか。おなかも空いてきましたしね。
【続きを読む】

トキヲ紀行 2009霜月 その13 

20100107_35.jpg2009年11月の東京旅行、最終の3日目。赤坂氷川神社をめざしていたにもかかわらず、自分の方向オンチのために東京ミッドタウンに行ってしまったり、しまいにはひと駅いった乃木坂の乃木神社へたどり着いてしまったり・・しかし気を取り直して赤坂氷川神社を探してみるコトにしました。

【続きを読む】

トキヲ紀行 2009霜月 その12 

20100107_01.jpg2009年11月の東京旅行、最終の3日目。いつもの最終日と同じく、荷物をまとめて宿泊先をチェックアウト、JR秋葉原構内のコインロッカーにその荷物を預けておきマス。さて、身軽になった自分の最初の目的地は・・赤坂。地下鉄の東京メトロ日比谷線にて秋葉原から日比谷まで移動、日比谷で千代田線に乗り換えて3駅めが赤坂でした。
【続きを読む】

トキヲ紀行 2009霜月 その11 

20100106_19.jpg2009年11月の東京旅行、2日目。鎌倉から東京都心へと戻りました。そのままアキバへなだれ込もうかと思っておりましたが・・乗っているのは横須賀線。また東京駅で山手線に乗り換えなければなりません。東京駅の横須賀線・総武(快速)線ホームから山手線ホームまでは少々遠いのデス。朝一番ならともかく、寒~い鎌倉でさんざん歩き回った後では、少しでも歩きたくありません。なので少し手前の品川駅で山手線に乗り換えるコトにしました。
【続きを読む】

トキヲ紀行 2009霜月 その10 

20100106_11.jpg2009年11月の東京旅行、2日目。江ノ電の「ぶらり旅」は続きマス。鎌倉高校前駅で電車を何本かやり過ごしながら情緒あふれる駅舎を撮影した後は、江ノ電という鉄道会社の名前の一部でもある江ノ島駅で下車してみました。江ノ電なんだから江ノ島駅は見とかないとね・・ただしホントに駅だけしか見てませんけどね。
【続きを読む】

トキヲ紀行 2009霜月 その9 

20100106_01.jpg2009年11月の東京旅行、2日目。鎌倉大仏と長谷観音を参拝し、今回の鎌倉行のメインの目的である江ノ電に乗りました。三連休のナカ日ということもあってか、ものスンゴい乗客数でした・・それは3両編成の列車がまるで通勤ラッシュのような状態に(汗。しばらく席につくコトもできず、座れたところで今度は車窓の景色がまったく見えず・・これはちょっと失敗でした。もっと空いてる時期にゆっくりと楽しみたいモンです。
【続きを読む】