サンパツ 2010年7月31日 

20100731_01.jpg勤め先の草刈りばかりしていて自分の頭を刈れずにいましたので、今日は朝からサンパツに行ってまいりました。サンパツしてもらってる間って、なんであんなに眠くなるんでしょう? 寝ちゃイカンと思えば思うほど眠くなり・・至近距離で刃物を使われているワケですから、ガクンとなったりしたら危ないんですけど(汗

草刈リズム 

20100730_01.jpg連日の夏日、時には猛暑日さえ記録するほどのカンカン照りが続いている中・・昨日、今日は久方ぶりの雨が降りました。こういう時はたいてい「恵みの雨」などと言ったりするのですが・・降ったら降ったで蒸し暑かったりして、うっとうしいもんですね(苦笑。今日は夕方になって雨が上がり、勤め先の草刈りを敢行しました。「雑草魂」などとよく言われますが・・ホントに刈っても刈っても生えて伸びてきます。雨にも負けず、風にも負けず、刈られても刈られても・・雑草に生まれ変わりたくはありませんが、その生命力は少し分けてもらいたいもんです。

意味のない早起き 

20100729_01.jpg昨日5時起きして、けいおん!!きっぷを買いにいきました。そして今日も同じ時間に目が覚めてしまいました・・別に早起きする必要もないのに。そこで何かできることでもあれば、また生活に変化がついていいのですが・・横になってテレビ見るだけ(苦笑。まぁ、ふだんは忙しい朝にゆっくりゆったり、余裕を持って過ごせるということは、ある意味ぜいたくなことなんですけどね。

けいおん!!きっぷまつり in 近江鉄道 

20100728_01.jpg本日(2010年7月28日)、近江鉄道から記念きっぷが発売されました。その名は・・

「TVアニメ けいおん!! 第2期放送開始記念乗車券・入場券」

・・近江鉄道よ、お前もか(苦笑。豊郷小学校旧校舎で展開されている聖地ビジネスが盛況と見て、近江鉄道も参入というワケです。
【続きを読む】

キシリトール 

20100727_01.jpg先日、歯医者へ行ったとき・・「唾液の量が少ないですね」と言われてしまいました。自分ではあまり意識してなかったんですが、言われてみれば最近、確かにノドがよく乾くような気も・・

で、アドバイスされたことが「とにかくよく噛む」ということ。確かに自分は「早食い」ですし、食事の際には必ず結構な量の水やお茶を飲んでます。そんなのが影響して、唾液量が少なくなってたんでしょうかね。噛むということに関して、ガムもありなんだそうです。とくにおススメなのがキシリトール。唾液量を増加させるのと同時に、虫歯をも予防してしまおうという一石二鳥の作戦。歯医者の帰り、さっそくキシリトールガムを買いました。しかしふだんあまりガムを噛まないので、いつまで続けられることやら・・

草刈り真っ青 

20100726_01.jpg勤め先で草刈りをしました。前にやってから2か月半ってトコですが・・しっかりボーボーに伸びてましたので。前は3、4日に分けてていねいにやりましたけど・・暑いしメンドくさいので、今回は2時間ほどでガーッとやってしまいました。もちろん、伸びた草の背丈は前回の3分の2ほどでしたけど、それでもこの時間短縮はスゴイ!と我ながら思ってしまいました。慣れってスゴイですね。しかし疲れるのは疲れる・・もうやりたくない。でも草はまた伸びる・・

マンガ曜日 

20100725_01.jpgあまりに暑くて外に出る気もしないので、一日中、家の中におりました。そしてやることと言えば、溜まった録画を見たり、溜まったマンガを読んだり・・ホントは部屋の掃除もしなければならないんですが、どうもやる気がおこらず、とりあえず未読マンガを消化してこれを片付けて、部屋を少しでも広くしようか、などと言い訳を考えました。実際のところ、読めたマンガは単行本3冊だけなので、部屋はちっとも片付きませんでしたけどね(苦笑

ハイシャ 2010年7月24日 

20100724_01.jpgひっさしぶりの歯医者です。最後の診察から4か月・・今回は定期メンテナンスです。歯石取りとか、ホワイトニングとか、そういったヤツですね。以前は年1回の検診というのが一般的でしたが、今は4か月おきぐらいがイイんだそうですよ。何でも、歯の表面などにバイオフィルムというのが形成されるのが3~4か月だそうで・・これが虫歯や歯周病の原因になったりもするそうです。これを取り除くために機械を使って歯を磨くと。とすると、長く歯医者へ行ってなかった自分の口の中って・・今後はちゃんとメンテナンスを続けていこうと思います。

言っても仕方のないこと 

20100723_01.jpgいやはや、言っても仕方のないことではあるのですが・・暑い。朝日をモロに浴びてしまう勤め先の事務所は、朝8時ですでに29度。朝から冷房なしには仕事できません。そしてやたらノドが乾くので、水をたくさん飲みます。特に前夜にお酒類を飲んでいると、朝から異常なほど汗をかいて、水を飲んで・・最終的にはゲーリー(苦笑。そんなことの繰り返し。夏はまだまだ終わらない・・

当たり前のことって何? 

20100722_01.jpgそんなの当たり前、常識、普通に考えて・・よくそんな言葉をよく耳にします。確かに多数を占める意見や行動というのは、社会・集団の中で生活していくために要求されるものではあります。しかし知らないことは仕方がない。知らないことを叱るだけならアホでもできる。「それが当たり前」と親や教師や上司から言われてイラッとしたことを忘れてはいないだろうか? なぜそうなのかという理由を添えて「それが今、君に求められていることなのだよ」と教えてやる・・それが教育なのだと思います。自分がイラッとしたことは、人もイラッとするんじゃないか?・・そう思える大人になりたい。

豊郷小訪問録 2010水無月 その6 

20100721_07.jpg豊郷小学校 旧校舎・・初訪問してから、早ひと月となります。これまでスローペースながら5回にわたってレポをお届けしてまいりましたが、いよいよ今回が最終回となります。

最後にお届けしますのは、酬徳記念館。前回お伝えした講堂と正反対の位置・・正門から向かって左端にあります。「聖地」旧校舎群の中で、実はいちばんアツい?かもしれない施設らしいのです。

【続きを読む】

豊郷小訪問録 2010水無月 その5 

20100720_05.jpg「けいおん!」聖地の豊郷小学校 旧校舎レポ、5話目になりました。「旧校舎」と呼んでおりますが、実は旧校舎「群」でして・・地元でのゴタゴタや、「けいおん!」の「部室」で有名になった建物は本校舎とでも言いましょうか。この他にも建物がいくつかありまして、今回ご紹介するのは「部室」と共に聖地色が強い講堂です。

【続きを読む】

ウミノヒ 2010 

20100719_01.jpg梅雨が明けてからというもの快晴続きです。梅雨の間は毎日雨続きでしたので「いい加減に止んでほしい」と思いましたが・・開けたとたんにこの晴れ続き、今度は「ちょっとぐらい降ったらどうなのよ?」みたいな気分。勝手なもんですね。しかしとにかく暑い・・こちらでは日中の最高気温が35度を超える「猛暑日」を早々に記録したようです。

梅雨明け 2010 

20100718_01.jpg梅雨が明けた模様です。昨年は8月まで引っぱられてしまいましたが、今年はごく常識的な時期に明けました。昨日、地元小学校の「お別れ見学会」に行きましたが、事前の連絡で「駐車場に余裕がないので、徒歩または自転車でお越しください」ということで、自分はチョイノリで行くことにしたのです。そこで問題だったのがお天気・・雨降りの日は乗らないと決めているチョイノリですから。で、フタを開けてみれば、抜けるような青空・・快晴でした。夕方のニュースで梅雨明けを知ったのですが、何ともいいタイミングで明けてくれました。これが雨だと、ちょっとガッカリな「お別れ見学会」になってしまってたことでしょうから。

さよなら学び舎 

20100717_01.jpg旧校舎の解体が決まり、最後のお別れを告げに行ってまいりました。

・・という書き出しで始めると「まさか!?」と思われる方もいらっしゃることでしょう。いえいえ、解体されるのは豊郷小学校の旧校舎ではありませんのでご安心を。同じ滋賀県内ではありますが、自分の地元の小学校のことです。

今年(2010年)4月、近所に新設の小学校が開校することになり、それに先がけて地域住民向け見学会がおこなわれたことをお伝えしました。実はその新設校、自分が通っていた小学校がマンモス化したことにより、分割された結果、開校されたものです。で、その新設校に行かなかった子供たちは従来の学校に通い続けていたワケですがね。今年の夏休み明けには新校地、新校舎へ移転することになりました。1964(昭和39)年に完成してから46年にわたって使われてきたこれまでの校舎は、老朽化と耐震性の問題で解体されるのです。

校名は引き継ぎますので「母校」が無くなるワケではないのですが、「思い出の学び舎」は失われてしまうことになりました。新校舎の見学会はあるのなら、無くなってしまう旧校舎も最後に見させてほしいなぁ・・そう思っていたら、「旧校舎お別れ見学会」のお知らせが回覧板でまわってきました!

これは行かねば!!ということで、以前から予約していた歯医者の予約もキャンセルして、お別れ見学会に行ってまいりました。二十数年ぶりの母校、学び舎・・それはもう、なつかしいの一言に尽きます。時代に合わせて増改築された部分もありましたが、確かに昔のままという所のほうが多いです。教室、廊下、階段、体育館・・思い出がよみがえってきます。驚いたことに、梅雨明け直後にいきなり来た猛暑であったにもかかわらず、窓が開け放たれた校舎内は案外と涼しい風が・・味も素っ気もない、効率優先の「ハコ」だと思っていたのですが、割とちゃんと造ってあったんだなと感心しました。

時間が遅かったので1時間ほどしか見てまわれませんでしたが、大きな価値がありました。豊郷小旧校舎ほどの歴史的価値は無いでしょうが、自分たちにとっては同じかそれ以上の価値がある・・そんな気持ちになった一日でした。

豊郷小訪問録 2010水無月 その4 

20100716_01.jpg「けいおん!」聖地の豊郷小学校 旧校舎レポ。前回はそのクライマックスと言える「部室」こと音楽室へと入りました。それでレポを終わってしまってもよかったのですが・・くまなく見てまわったのにもったいない。ということで、「部室」後のレポもお届けします。

【続きを読む】

豊郷小訪問録 2010水無月 その3 

20100715_01.jpg「けいおん!」の舞台、桜高のモデルと言われて有名な豊郷小学校旧校舎のレポ。多忙にかまけて引っぱりに引っぱり、長らくお待たせしてしまいましたが、いよいよ「部室」に入ります。桜高軽音部の部室は音楽室という設定。もちろん豊郷小旧校舎にも音楽室がありまして・・そこは今、とってもすごいことになってるんです!
【続きを読む】

ドシャ降りノ雨ニモ負ケズ 

20100107_24.jpg午前中から時おり激しい雨が・・そして午後いちばんに来客を最寄り(と言っても15キロぐらいあるんですけど)のJR駅まで社用車エスティマで送ることになりました。勤め先を出て5分、突然の豪雨に見舞われました。激しい雨で前がほとんど見えません! しばらく運転に集中して・・と思ったものの、やはり客人から話しかけられたのを無視できず、話し相手をするハメに。かなり神経使って疲れてしまいましたよ。

その後、勤め先に戻って、今度はごみ運び・・近くの清掃センターへ可燃ごみを運びました。業者に回収をお願いすれば簡単なことですが、これをみずからの手で処理するということで、経費を安く上げてるんですね。みんなにはそのへんを理解してほしいものです。

てなワケで、と~っても疲れたので、帰宅後はまたビール(笑

シゴトノチビール 

20100107_23.jpg暑すぎて、蒸し暑すぎて・・仕事で疲れて帰ってきたら、とりあえず風呂、そしてビールを飲みたくなります。飲み始めると、ビール1本で満足できなくなります・・実際には「新ジャンル」ですけど(苦笑。ワイン飲んだり、焼酎飲んだり・・お酒を飲むと、つまみがほしくなります。夕食のおかずだけではもの足りず、スナック菓子など食べたり・・で、ほどよく酔うと眠くなります。気が付けば深夜、未明、時には朝方までうたた寝。こんなことを毎日続けてはいけませんが、夏が終わって涼しくなるまではヤメられませんなぁ・・って、梅雨明けもまだなんですけど。

有名なだけでは 

20100712_01.jpg事前の予想を超えるレベルで与党が惨敗した参議院議員選挙でした。票集めのための(?)タレント候補も今回ばかりは苦戦したようで・・当選順位が名簿によって決められる比例代表はともかく、書かれた候補者名の数によってその本人の当落が決まる選挙区でも、タレント候補の苦戦が目立ちました。このあいだの土曜、大阪へ行ったときに「最後のお願い」にあらわれたタレント候補の車・・本人は乗っていなかったようですがね。見事に落選されてしまいました。選挙民もそれほどアホではないわい、ということでしょう。ただ有名なだけでは通らなくなった選挙・・この国の人々が政治への関心を高めているということなんでしょう。

センキョ 2010年7月11日 

20100107_22.jpg選挙でした。滋賀では参議院の通常選挙に加えて、滋賀県知事選挙もありました。昨日の暑いぐらいの晴天とは打って変わって、雨の投票日でした。夕方、雨が止んだので「今だ!」とばかり自転車をこいで行ったら、投票中にふたたび雨がザーッ・・嵐の予感の投票日でした。

大阪へ行ってまいりました 2010年7月10日 

20100710_01.jpg午前中から大阪へ行ってまいりました。目的は宝くじ購入・・そう、現在発売中のサマージャンボと1,000万サマーです。梅田の大阪駅前第4ビル前特設売場と、規模の割に高額当選が多いと有名な布施ポッポアベニューチャンスセンターをハシゴしてきました。関西一番人気の4ビル前・・しかし発売直後はじめての週末であっても、5分ほどの待ち時間で済みます。そう言えば1年前のサマージャンボ・・東京の西銀座チャンスセンターに1時間並んだことを思い出します。あの日はホントに灼熱地獄でしたが、耐えましたねぇ・・まったくカスリもしませんでしたけど(苦笑。今年こそ、ババーンと一発、大きな花火を打ち上げたいものです。

イラキン 

20100107_21.jpg金曜日で週末の休み前だというのに遅くまで働いてイライラ・・まさにイラ金です。最近、勤め先に新しくプリンタを導入しまして、そのドライバを全PCにインストール。出力方法に少々の細工を施すために、PCから1ページずつテストプリントをして、ふたたび本体側にて設定・・5時間ほどを要しました(汗。「来週月曜から使えるようにする」と宣言しておりましたので、約束は守りました。でも、誰からも感謝されないんですよね・・「やって当たり前」的な反応(苦笑。やりがい、感じないッスよね~・・こんなのでは。

梅雨の冷たい雨 

20100107_20.jpg雨・・今の梅雨の雨と言えば、突如として激しく、場合によっては水害をもたらす集中豪雨的な雨。九州地方などでは以前からあったよですが、以前の関西ではあまりなかったもの。あきらかに気候が変化していますね。昔の梅雨と言えば、シトシト長雨が続く・・それが日本的梅雨のイメージでした。今の雨はどちらかと言えば熱帯のスコール的なもの。でもそれが地球温暖化の影響だ、だからその原因となる二酸化炭素を削減しなければならない・・などと声高にさけぶつもりはありません。

それが証拠に、蒸し暑さが象徴的な日本の梅雨にあって、今日は肌寒いほどのヒンヤリ雨でした。暑がりな自分にとっては快適そのもの。こういう日もちゃんとあるんですよ。地球は自己の自然治癒力を発揮して、バランスをとっているのですよ。確かに、あきらかに行きすぎた環境破壊はイケナイことです。同じように、行きすぎた環境保護もというのも、はたしていかがなものか?などと思うのは間違いでしょうかね? 何事もホドホドが肝要かと思うのですが。

笹の葉サラサラ 

20100107_19.jpg七夕にキレイな天の川を見た記憶がありません。まぁ、もともと星空にそれほど強い興味を持っているワケでもないのですがね。そもそも今の暦で7月7日というのは梅雨まっさかり・・空がスカッと晴れる確率は非常に低くなりますもんね。これが旧暦なら、梅雨も明けて天の川が見える確率もグンと上がるワケですね。

しかし七夕伝説というヤツ・・子供の頃に聞いた物語は実は違うんだということを、最近テレビやラジオで知りました。ロマンチックな恋の話ではなかったんですねぇ。人はとかく、話を美化したがりますからね。

自然治癒力はダテじゃないハズ 

20100107_18.jpgISO14001認証・・まぁ環境のアレですけどね。アレって、本当に環境保護しようと思って取り組んでいる人は、いったいどれぐらいいるんでしょうね? 「会社で決められているから」ということぐらいしか意識にない人もたくさんいると思います。そんなので果たして本当に地球環境保護ができるんでしょか? なんだかうわべだけの行動に終始して、効果が薄いどころかかえって逆効果になったりして? その結果はずっと先にならないとわからないというのも、実感を持って行動できない理由のひとつなんでしょう。

愚かな井の中の蛙たち 

20100107_16.jpg昨夕から今朝までのすっきりカラット天気は長続きせず、日中は気温もグングン上がり、湿度もひどい状態で、不快指数は急上昇。おまけにシゴトでイラッとくることがあり、不快に加えて不愉快指数も急上昇。まったくもってウチの勤め先は、人の感情を逆なでするのがうますぎると言うか、あまりに無神経な輩がはびこっております。最近ちょっとオモシロくなってきて、やる気を盛り返し始めていた矢先にこのモチベーション急降下・・なんとも空気読めないバカ集団に囲まれたもんです。そういうことなら、こちらとしても作戦を修正して対抗するしかないでしょ。

ジメのち にわかカラット 

20100107_15.jpg朝から梅雨らしい蒸し暑さでジメジメ・・しかし午後になって、夕方になって、いつのまにかスッキリとしたすがすがしい空気に変わってました。出先でたった1時間ほど屋内にいて、ふたたび外に出たらガラリと天候が変わってしまってビックリ。どこかでにわか豪雨でも降って、湿気が飛ばされたんでしょか? そのまま夜になっても涼しくて、今夜はひさしぶりに冷房ナシでもグッスリ眠れそうです。毎晩こうあってくれれば助かるんですけど。

豊郷小訪問録 2010水無月 その2 

20100703_17.jpg豊郷小学校旧校舎見学オフ会から1週間が経ちました。記憶が新鮮なうちにと思いつつも、忙しさにかまけて記事にできずに1週間・・休みの日ぐらいは更新しないといけませんね、ということで、豊郷小訪問録 2010水無月をお届けします。第2回はいよいよ旧校舎の内部へと入ってみます。

【続きを読む】

思い遣り 

20100107_13.jpg社会保険や労働保険の年度替わりです。申請書類の提出期限が迫ってきてバタバタ忙しいのですが、そういうときに限っていろいろトラブルが多く・・かつ、みんな自分の都合ばかり言ってきて、閉口してしまいます。ちっとはガマンというものをしてみなさい、って思うんですが・・保育園や幼稚園、小学校ではそういうことを習ってこなかったんでしょうか? 大人になるということは、自分の意見をちゃんと言えるということも確かにあるでしょう。しかし同時に人を思いやる気持ちというものも持たなければならないと思うのです。一時期よく言われた「成果主義」みたいなものを言われたとおりそのまま実行しようとすると、おそらく他人を思いやったりする気持ちというものは二の次、三の次になってしまうような気がします。そんなやり方、日本の社会、日本の企業ではうまくいかないと思うのですよ。ずいぶん前から「個人主義」というものが根付いている欧米社会とは違い、そういったものに慣れていない日本社会においては、とかく意味を履き違えた「カン違い野郎」が出現します。自分の成果のためには他人を踏み台にしてもかまわない・・そんなのは間違っている。そしてその勘違いは、実は評価する側の者に少なからず見受けられるという、とても残念なことになっているのではないでしょうか? 人のために頑張れる、役に立てる、そういうことができる者がきちんと評価される社会の実現を願います。