11月の長い夜 

20101017_04.jpg日が落ちるのが早くなり、夜が明けるのが遅くなりました。加えて朝晩めっきり寒くなって、朝は起きるのが億劫です。そんな長い夜にはいろんな考え事をしてしまったり・・眠れない、寝付けないということはないのですがね。

ただただ仕事に忙殺されるだけの昼間に対して、夜は自分のために使える貴重な時間。しかしなぜだか無駄に消費しているだけのような気がして、焦燥感に見舞われるのです。

青空のようには 

20101017_03.jpg朝の通勤時の憂鬱がハンパではありません。着いてしまって仕事を始めれば治まるのですが、それまでがどうもいけません。とくに月曜日。休み明けの憂鬱は今に始まったことではありませんがね・・空は青く晴れ渡っているというのに、心はナゼに晴れぬのか。

銀閣寺へ行ってまいりました 2010年11月 

20101128_01.jpg京都の紅葉ツアーシリーズ(?)・・今回は銀閣寺です。3、4日前にテレビでやってたんですが、銀閣寺の紅葉がたいへん美しいとのこと。そう言えば行ったことがないなと、思い切って行ってみることにしました。紅葉の見ごろというのは難しくて、「まぁそのうちに」なんて思っていると、あっという間にシーズン終わってしまいますからね。

【続きを読む】

年末ジャンボ宝くじ 2010年 

20101127_01.jpg年末ジャンボ宝くじを買いに、大阪駅前第4ビル前の特設売場へと行ってまいりました。人気の売場でたくさんの人が訪れてはいますが、待ち時間なしで買えました。バラばかりで30枚買ったのですが、時間をあけて10枚ずつ買いました。バラなのでちょっとでも違う「束」から手に入れようという、あまり効果はないと思いますがささやかな抵抗?をしてみました。夢、かないますかね?

お金は大事 

20101017_02.jpg人にとっていちばん大切なものとは何か? 生命だったり、世界平和だったり・・その答えは人それぞれだと思います。しかし日常生活のレベルで生命の危機にさらされるとか、戦争や紛争の只中にいるという人・・まぁいるにはいるでしょうが、勤め人のほとんどが直面している問題ではないと。下世話な話ではありますが、いちばん身近な大切なものって、やっぱりお金なんでしょうね。人はお金の話になると、ある種の「本性」とでも言うべきものが出ます。たとえ100円、10円であっても、自分が損をするということに対して、ものすごく敏感になります。10万円以上もらう給料であっても、間違って10円でも少ないと即座に抗議ですからね。自らが提供した労働に対して、その報酬が少なくて損した・・そう思うとじっとしていられないんでしょうね。給与計算ってのは、すごく神経をすり減らします。

そんな予感 

20101017_01.jpg朝、仕事に出かけるとき、着ていく服を選ぶ。シャツ、ネクタイ、パンツ・・持っている数がそう多くはないので、それほど変わり映えはしないのだが。せいぜいおかしな組み合わせにならないよう、気をつける程度。しかし時おり、今日はこの組み合わせで行こうという気分になることがある。大事な商談があるとか、採用選考の面接を担当するときとか、その日のスケジュールが決まっているときは決めやすい。

しかし今日は違った。朝の段階ではとくに重要なスケジュールは決まってなかった。でも何となく、大切な人に会うような気がした。で、何とはなしにその気分に合わせた服を選んでしまった。数時間後、その人からメールが届く。会うことになった。朝の予感は当たっていた・・何だ? 不思議なこともあるものだ。

化けの皮 

20101016_15.jpgおそらくずっと抑えていたのだろう・・おとなしい、ともすれば覇気のない、つかみどころのない人だと思っていた。それがとある出来事をきっかけにガラリと変わってしまった。いや、その出来事がきっかけであったということは、後になってわかったこと・・いつの間にか変わっていたと言ったほうが正しい。わがまま、激しい思い込みで人の意見に耳を貸さない、私利私欲に走り公益には無関心・・いつの間にこんな傍若無人に?

いや違う・・この人は本質的にこういう人だったのだ。これまではその立場もあり、ひた隠しにしてきただけだったのだ。ガードは完ぺきなはずだった。しかし、とある出来事をきっかけに、ほんの小さなほころびができてしまった。いちどできたほころびは、気付かぬうちにどんどん広がってゆき、修復不可能な状態になってしまった。

つかみどころがなかったとき、その人とどう接していいのかわからなかった。化けの皮がはがれてしまった今、わかったこと・・この人とは深く関わらないほうがいい。

勤労感謝の日 2010 

20101016_14.jpg11月23日は勤労感謝の日ですが・・自分の勤め先は通常出勤日でした。勤労できることに感謝する日なのか? あぁ、世間は休日なんだなと思うと、どうにもチカラが入りません・・早く帰って、一杯ひっかけたくなる気分に見舞われます。

だいたい祝日に出勤日なんて、中小製造業ではあまり現実的ではないかと・・労働力を主婦パートさん群に依存している以上、学校や幼稚園、保育園が休みの日は出勤率を上げることが難しい。そんな人手不足の状態で工場を開けるというのは、あまりに効率が悪すぎる。

地主神社へ行ってまいりました 2010年11月 

20101122_01.jpgえ~・・清水寺へお参りすると、必ずセットでお参りする地主神社・・まぁ、ルート的には清水寺の中と言えなくもありませんしね。

で、今回もキッチリとお参りしてきましたよ。清水寺があの混雑っぷりでしたから、境内がよりせまい地主神社の中はだいたい想像がつきますが・・

そんなことは承知の上ですから、気合い入れて行ってみましょうと。
【続きを読む】

紅葉の清水寺へ行ってまいりました 2010年11月 

20101121_11.jpgまさに紅葉の季節・・そんなさなかの京都は清水寺へと行ってまいりました。秋、とくに紅葉シーズンの京都をよく知る人なら、この時期はあえて近寄らないという選択肢は大ありなのですが・・そうやって避け続けてきたことに終止符を打ち、思い切って行ってみました。行き先は超ベタな観光地の清水寺・・何度も行ったことがあるところなら、多少の混雑でもビビることはないかなと。

【続きを読む】

サンパツ 2010年11月20日 

20101016_13.jpg朝からサンパツに行ったのですが、サンパツ屋さんでどら焼きと甘納豆をいただいて帰ってきました。なんでサンパツしてもらってお菓子を?・・少し前にちょっとおすそわけしてあげたもののお礼だそうで。でも自分にとっては不要になったブツを引き取ってもらったようなものでしたので、そのお礼と言われてもなぁ、と思いましたが、せっかくのご好意なのでいただいて帰りました。どら焼きとか、甘納豆とか、なかなか自分でお金出して買いませんから、ひさしぶりにそういったものを食べることができてヨカッタです。

引きのチカラ 

20101016_12.jpg物事に行き詰まったとき、一歩引いてみろ、視点を変えてみろ、などというのがセオリーだったりします。なるほど、あまりに凝視しすぎて見えなくなってしまっていたものが少し見えることも。そして別の何かとの比較によって相対的な評価もできたり。それをもってなお、考え方が変わらないこともあるでしょう。それはそれで、変化がないというのではなく、再確認した結果ということであり、そのまま突き進むための裏付けができたという安心感につながるというものでしょう。何にせよ、生きていくということは不安が多いものです。

そして僕は途方に暮れる 

20101016_11.jpg急ぎの仕事がある、期日が迫っている、朝のミーティングでそう伝えてあるはずなのに・・平気で別のことを割り込ませてくる人がいる。それがトップマネジメントだったりするから厄介だったりする。「それはちょっと難しいので」とやんわり断ろうとすると、「そんな難しくはないと思う」と茶々を入れてくる人がいる・・実際、できなくはないことなのは真実なのだが、説明するのも面倒くさいので煙に巻こうとしただけなんですが。そんな茶々を入れられたもんですから、だますようなこともできず・・依頼を受けざるをえなくなる。

ん?でも、ちょっと待てよ・・茶々を入れたんなら、おまえが面倒見ろよと。なんで俺がやるハメになるの? おまえ、やらないんだったら茶々など入れずにおとなしくしておけよと。時間が無い中、さらにタイトなスケジュールに・・そして僕は途方に暮れる。

ただ合わせればいい 

20101016_10.jpg自分をたずねて人がやってくる。しかし自分は出かけている。その人は自分の携帯電話に直接連絡をしてくる。これは今日、仕事中にあったシチュエーション。ここで選択・・

選択肢その1:
「今日は会えないから、機会をあらためてくれ」・・と、今とりかかっている所用のほうを優先する。

選択肢その2:
「すぐ戻るから、少し待っててほしい」・・と、所用を中断し、会いにいく。もちろん所用の中断は、それによって重大な支障をきたさないことが前提ではあるが。

この二択、まず客人の用件と自分の用件の重要度をてんびんにかける。そして妥当性の高いほうを選ぶ。これが当たり前。

いや、そうでもない・・今日の自分は違った。双方の用件の重要度は二の次にして、客人が誰かということで選んでしまった・・急いで勤め先に戻ったワケなんですが。もちろん、外出先が遠方であればそうはしなかったと思いますが、近いところに出ていただけでしたので、とにもかくにも戻りました。なぜかと問われても・・ただそうしたかっただけなのです。何が優先なのかはさておき、最後に帳尻さえ合わせれば、それでいい。そう思ったのです。

貴船ライトアップ 2010年11月 

20101116_01.jpg鞍馬寺から貴船神社へ・・夕方17時には日も落ちてもう真っ暗になってしまうことがわかりきっていながら、16時半すぎからわざわざ立ち寄ったのにはワケがあったのでした。この時期、貴船ではライトアップがおこなわれているんですね。そんな情報を聴きつけ、いちど見てみたいと思ったのでした。

【続きを読む】

貴船神社へ行ってまいりました 2010年11月 

20101115_01.jpg鞍馬寺へお参りした帰り、ふたたび叡山電鉄に乗って出町柳方面へひと駅・・貴船口で下車しました。1日乗車券を買ったので乗り降り自由ですからね。貴船口から京都バスに揺られて貴船へ・・こんどの目的地は貴船です。

貴船と言えば昨年にはじめてやって来ましたが、季節は初夏・・風物詩の川床がちょうどはじまった頃でした。今回は秋・・しかし紅葉も中途半端な時期ですが、さてどんな感じなんでしょうか。

【続きを読む】

鞍馬寺へ行ってまいりました 2010年11月 

20101114_23.jpg京都の出町柳駅から叡山電鉄 鞍馬線に乗り、終点の鞍馬までやってきました。目的は鞍馬寺への参詣・・それほど遠いところではないのに、今まで一度も来たことがなかったもんですから。紅葉情報では「一部見ごろ」ということで、あまり期待できないかもしれませんが・・とりあえず行ってみましょう。

【続きを読む】

京都へ行ってまいりました 2010年11月13日 

20101113_05.jpg暦の上ではもうすでに冬となっておりますが、秋の代名詞とも言える紅葉はこれからが本番。そう、誰が何と言おうと今は秋なのです(?) そんな秋という季節は、何とはなしに「もの悲しい」もの・・そんなときは無理に気分を「高揚」させるようなことはせず、いっそ「紅葉」をながめて感傷にひたるというのもアリではないかと。

【続きを読む】

とあるひとつの終わりと始まり 

20101016_09.jpgある物事の終わりは、同時に別の物事の始まりでもある。たとえば製造業であれば、ある工場で完成品となったものは次の工場では部品や材料であることもある。エンドユーザーの手に渡るとその製品の受け渡しは終わってしまうかもしれないけれど、その製品の使用は始まる。するとその製品を使うことに必要なエネルギーや、その製品を使って新たな製品の生産に使われたりもする。つまり終わりは始まりなのだと。

今日、ひとりの契約社員がウチの勤め先を退職しました。総務労務を担当する自分としては「終わり」のときに立ち会うワケですが、退職者にとってはこれが次の人生への「始まり」となる。言いかえれば自分は、その人の「始まりの始まり」に立ち会っているのだと。ウチの職場を去ってしまい、これまでのように会えなくなることは淋しいけれど、新しい目標に向かって一歩を踏み出す人に対しては、気持ちのよいエールを送りたいものです。彼女の前途に幸あれ。

アップデート完了 

20101016_08.jpg昨日リリースされてるはずだった、XPERIAのアップデータ・・結局、昨日は更新できませんでした。情報だけが先行して、実際はまだリリースされてなかったんでしょうか。しかし今日、あらためて確認してみると、「新しいプログラムが・・」のような表示になりました。ようやくリリースされたようです。さっそく更新してみたところ、無事アップデート完了しした。電源オンしてみると・・これまでとは違った表示に。画面の印象が変わると、なにか新しいマシンを手にしたような気分が少しだけ・・パソコンのOSもアップデートでこんな変化があれば、少しは気分も変わろうってもんでしょうけど・・日頃のマイナーアップデートぐらいでは何も変化はありません。もっとも、業務に使うようなものが、そうひんぱんに変わってしまうと混乱も多くなってしまうからダメあんでしょうね。

アップデータはどうした? 

20101016_07.jpgサムスン・ギャラクシーSの日本発売ですっかり影が薄くなってしまいそうなソニエリのXPERIA・・このタイミングでOSのAndroidが2.1にアップされると・・最新版が2.2というから、何とも中途半端な。で、それが今日から。さっそくマニュアルに従ってダウンロード&アップデートしようとしたのですが・・「最新の状態です」みたいなメッセージしか出ず。うーん、何度確認してもOSは1.6のままなんですけどね。また日をあらためてみますか。

いい加減さに救われる 

20101016_06.jpgタモリ倶楽部が好きで、いつも録画して見ているのです。関西地区では朝日放送でやっているのですが、どうやらテレ朝の本放送から何週か遅れている模様。で、関西地区で今回やってた放送が、かなりいい加減で笑ってしまいました。放送が始まったときは、なぎら健壱プレゼンツみたいな感じで「コイン・チキン・レース」?をやってました。これがまったく盛り上がらず(苦笑、途中で企画変えに・・急きょ南田裕介氏を呼んできて、いきなり「鉄」ネタで盛り上がるという展開。なんていい加減な・・いや、フレキシブルな番組制作なんだ(笑。かえって尊敬してしまいますね。あんな簡単に変わり身ができてしまう人に私はなりたい・・

ムカツキ 2010年11月8日 

20101016_05.jpgむかつくことが多いです。いや・・ゆうべ、家呑みしすぎたからということではなく(苦笑。何だかこう、大義名分と言うか、「錦の御旗」と言うか、そんな「正義っぽいもの」を掲げて突進しようと言う・・「これさえやっていれば大丈夫」「これさえやらなければ問題ない」みたいな風潮ができてしまうことがあります。自分の勤め先でも時おり発生するんですがね、これが少々タチが悪いのです。「旗」を振り回す人たちが言うことは正論ではあるのですが、それはとても近視眼的で、浅はかな考えしか持っていないようなのです。「とにかくやらなければならない」から、やるんだ・・これになびいてしまう大半の人たちも、やはり何も見えていない。みんながそっちの方へ歩いているから、着いて行く。疑問に感じる者のみが受けるストレス・・それがムカツキの原因。

リットウ 2010 

20101016_04.jpg立冬です。暦の上では冬。このところ確かに寒くなりました。今こそ本当の衣替えが必要になってくると。そんな季節、毎年思うのですが・・去年はいったい何を着ていたんだろう? 季節の変わり目に合う、適当な服が見当たらないのです。真夏用や真冬用の服はふんだんにあるのですが、中間の季節用の服が無い・・無理やり間に合わせで済まそうとするから、妙な組み合わせになってしまったり。一体、何を着たらいいのか・・

ハハタン 2010 

20101016_03.jpg昨日、母の誕生日でした。若い頃・・それこそ学生時代などは、そんなことあまり意識しませんでした。それが近頃は少しずつ変わってきましたね。これまでの大小さまざまな親不孝やら、世話になってきたことをシミジミと思うようになってきました・・自分も歳をとったということでしょうね。だからと言って、「今までのこと、ゴメンナサイ」だとか、「いつもありがとう」だとか、そんな類のことは照れくさくて言えません。だからせめて誕生日ぐらいは祝って、罪滅ぼしをしたいかなと思ったり・・これも昔は思ったこともありませんでしたが。そんなこんなで、仕事帰りにケーキを買って買ったのでした。

5年5か月経過 

20101016_02.jpgめっきり寒くなりました。いい時は長く続かないのは何事も同じようで、暑くもなく寒くもなくという過ごしやすい日はほんのわずかしかありませんでした。そんな少ししかなかった過ごしやすい日々に旅行に行けた自分はシアワセ者かもしれません。それでは10月を振り返ってみたいと思います~

【続きを読む】

トキヲ紀行 2010神無月 その20 

20101104_13.jpg2010年10月、東京の旅。静岡ホビーフェア会場では、実物大ガンダムを拝んだ後、有料のホビーミュージアムへと来ております。古くて懐かしいプラモデルの箱をながめていると、何だか涙が出てきそうです。しかしこのミュージアムの展示物は、ガラスのショーケースに入っているものばかりではありません。そんなケースには入りきらない、もっともっとスゴイものがあったのです。
【続きを読む】

トキヲ紀行 2010神無月 その19 

20101103_01.jpg2010年10月、東京の旅。最終3日目は「実物大」ガンダムで終わりだと思っていませんか? 静岡ホビーフェアの目玉は確かにこのガンダムでした。しかしこのガンダムに負けないほどのモノが潜んでいました。今回はそれをご紹介しましょう。

【続きを読む】

トキヲ紀行 2010神無月 その18 

20101102_01.jpg2010年10月の東京旅行、3日目は静岡へ来ましたが、その目的は何と言ってもガンダム・・「大仏」をしっかり拝ませていただきましたが、そのガンダム・ゾーンの中の周辺部の様子をご紹介しましょう。

何か散財の悪寒がするRG1/1ガンダムプロジェクト・オフィシャルショップなるお店があるとのこと・・危険かも?

【続きを読む】

トキヲ紀行 2010神無月 その17 

20101101_12.jpg2010年10月の東京旅行、3日目は平日の火曜。とっても空いてる静岡ホビーフェア会場・・この日にここを訪れることにしたのは、その空き具合を見込んでのことなんですけどね。このイベントのメインは何と言ってもガンダム・・昨2009年夏、東京お台場にて初お目見えしたあの「実物大」ガンダム。昨夏の終わりには解体され姿を消しましたが、そのガンダムが1年後に場所を変えて復活。しかも装備のバージョンアップがはかられてといる言うことなら、見に行くしかないじゃないですか。ガンダム、静岡の大地に立つ!

【続きを読む】