スケボーも止まらない 

20130131_01.jpg今朝、仕事に行こうと家から出て、クルマの前に来たとき、前の道からゴーッという音が聴こえました。それは宅配便業者が台車を押しているかのような・・音の正体はスケボーでした。年の頃は大学生ぐらいか?・・カバンを肩に掛け、片足をスケボーに乗せ、もう片方の足で地面を蹴っていきます。

「おいおい、いくら狭い路地だからって、公道上でそれはマズイでしょ。常識無いのか?コイツは」と思った矢先・・ガタッと音が。どうやら路面の凹凸にバランスを崩したらしく、青年はスケボーから飛び降りたようです。それから・・カーッ、バッシャーン!

ウチの前は車1台がどうにか通れる幅の道と、ほぼ同じ幅の小川が並行しています。川べりにはガードレールが付いているのですが、路面からヒザの高さぐらいまでは等間隔に支柱が立っているのみ。青年の支配から解放されたスケボーは、まっすぐに小川へダイブ!・・アホや(笑

青年はよほどテンパったらしく、身長ほどの高さがある護岸に腕でしがみつき、懸垂するような格好で小川の水面へと下りて行こうと・・どうやら両脚でスケボーを挟んで引き揚げようとしているようでう。しかし、事はそんなにうまく運ぶはずもなく・・青年の両足はズブ濡れに(苦笑

冷静に考えれば、靴を脱いで、靴下を脱いで、ズボンをまくり上げて、それから川へ入ればいい・・水深はせいぜい20センチほどなのですから。それを朝の寝ボケ頭で、スケボーを川へ落としてしまってテンパった精神状態では、思いつかなかったんでしょうね。大切なスケボーは何とか引き揚げられたようでしたが、見た感じ、黒い革製と思しきブーツとジーパンの膝から下は水が滴っておりました。

その一部始終を、自分だけではなく、集団登校前に集合していた近所の小学生たちにも白い目で見られていたのでした(苦笑。カッコつけてスケボー転がしていたはずが、とんでもなく恥ずかしい思いをしてしまった青年・・彼がこの失敗を機に成長してくれることを祈るばかりです・・ウソ、「ざまぁ」と笑っただけです。

インフルエンザが止まらない 

20130130_01.jpg♪誰か インフルエンザ 止めて インフルエンザ・・
自分も2週間前に感染、発症してしまいましたが、インフルエンザの流行が止まりません。3年前の新型インフルエンザ騒動の時よりも、もっと流行ってます。そこでインフルエンザというものをよく知っておかねば・・と、今さらながら勉強開始。すると知らないことが結構たくさん。A型、B型があるということはボンヤリと知っていたのですが・・B型は1種類、A型は香港型、ソ連型、そして新型と、3種類もあるんですかね。ということは、1回かかったからと言って、同じシーズンにもう一度かからないとも限らないってことですか。引き続き予防が必要ですね。

スネにキタキタ 

20130129_01.jpg昨日、雪のため電車通勤に切り替え、駅から勤め先まで徒歩10分の道のりを朝夕に往復したのが効きました・・スネが筋肉痛です(汗。普段まったく運動していないので、たまにこうして歩くとダメですね。もうちょっと運動しないと。

雪中の邪王真眼 発現 

20130128_01.jpg昨日の雪は昨日のうちに融けたものの、今日は今日の雪が降る。未明から降り始めた雪は思いのほか積もり・・と言っても10センチ程度ではあるが。しかしそれでも、スタッドレスタイヤの装備が無い自分は電車で通勤するしかなく、いつもよりうんと早めの7時に出発・・40分後には勤め先に到着していました。

そんな雪の中を歩いたことが影響したはずはないが、15時からの会議が始まるやいなや、左目にゴロゴロとした違和感が・・しばらくすると少し痛む。1時間半の会議の後、鏡で左目を確かめてみると、下まぶたをめくったところに何やら白いポツが。

これはもしや、邪王真眼・・なワケがありませんが(苦笑、気になるので眼科医の診察を受けることにしました。ちょうど地元の駅前に18時半までやっている眼科医があったので、仕事終わってダッシュで電車に飛び乗り、18時に到着しました。

受付を済ませてから、待つこと1時間20分(汗・・どんだけ待たせんだよ? 確かに、「検査や診療の都合により順番が前後することがあります。ご了承ください」と貼り紙してありましたよ。しかし、明らかに自分が来たより後から来た患者が5人ほど、すべて先に呼んでんじゃないかよ。自分はいちばん最後じゃないかよ。何なんだよ、この眼科医は・・診察室の中をウロウロして、無駄な動きが多すぎるんじゃないの?

そんなことを思いつつ、左目の痛みをガマンしつつ、ひたすら待った1時間20分。ようやく呼ばれて、中待合でさらに5分待たされ。で、診察が5分・・結果は「目イボですわ」って、そんなん大体わかってるんですけどね。しかも診察してもらったときには、その目イボはすでにハジけて中のウミが出てる状態・・治りかけてるって。待ってる間に自力で治癒してたってか。

症状が軽かったのは幸いでしたが、目イボに気付いてから診察を受けるまでの約4時間、もしかしたら眼帯とかされるのかな?人生初眼帯か?と期待?しましたが・・それは実現しませんでした。邪王真眼(笑)は発現するには至らず、消えてしまったのでした。

老いの速度 

20130127_01.jpg朝8時半に外を見ると、雪が積もっていた。寒かった。トイレ行ってもう一回、寝た。10時半にようやく起きた。コーヒー1杯で昼までもたせた。昼食、今日もカレーライス。2日目のカレーはうまい。「腹七分目が長寿の秘訣」と言われても、うまいものはうまい・・大盛りで2杯も食べてしまった。満腹で横になると眠くなり、ウトウト昼寝。するともう出かける気が失せてしまう。昨日買った自動車雑誌に「歳を取ると時間が経つのが早く感じるようになるのは、行動するスピードが遅くなるからだ」と書いてあった。なるほど、休日、10時半に起きて、もう今日は出かけたくない気分になるのは、心が老いているということか。夕方まで「あと○時間しかない」と考えてしまうのは、若くないってことか。そう言えば最近、旅行と言えば余分に一泊したくなる・・時間をゆっくりと使いたくなるのは、老いの始まりなのか。

寝た話 2013年1月26日 

20130126_01.jpg目が覚めたらお昼前・・どうも疲れが溜まっていたようで。インフルエンザ明けで一週間、仕事してやっと休みになって、脱力しすぎたようで。予報では雪模様ということだったのが、まったく降らなかったようで。こんなことなら出かけたかったなと思うも、起きたのが昼だともう気が失せてしまうようで。昼食のカレーライスを食べて、録画ビデオ見ながら昼寝して、夕方に書店へ行って今日発売の月刊自動車雑誌2冊買って、それで一日終わり。まさに休日。

ようやくの金曜日 2013年1月25日 

20130125_01.jpgインフルエンザ病み上がりからようやく1週間・・明日はようやく休み。やはり9連休もしてしまうと、ペースが戻るのに時間がかかります。年末年始の9連休、仕事始めから5連出、そしてインフルエンザ絡みで9連休、病み上がりの5連出・・ある意味、一定のペースになってはいますが、振れ幅が大きすぎですね。3日働いて、2日休み、ぐらいがいちばんイイんじゃないかと思うんですが・・

ニトリ 空気が通るまくら ジオ 

20130124_01.jpg自分は「肩こり持ち」なので、寝るときのまくらは重視しています。ここ数年は「低反発まくら」を使い続けてきました。いくつか買い換えてきてわかったのですが、低反発ウレタンというのは、使い続けるとペシャンコになる。ペシャンコになって低いまくらは、肩こりを呼ぶ。もしや、低反発まくらは肩こりにあまりよくないのではないか?と。

そこで逆転の発想?・・「高反発まくら」を使ってみようと。で、たまたまテレビ番組でニトリを取り上げていて、まくらも安くていいものがあるようだ、と。さっそくニトリに行ってまくらコーナーを見てみると・・とてもたくさんの種類のまくらが。そんな中、1種類だけ箱入りのまくらが・・「空気が通る立体構造メッシュまくら」 見本を手にとってみると、非常に高反発な充填物。そしてメッシュ感・・何でも、シャワーで水洗いができるほど、中に空気が通るらしい。これ、試してみるか、と。

使ってみた・・なかなかイイ! 高さ硬さがイイ感じ。ただし横向いて長時間いると、耳が圧迫されて痛いことも。でも低すぎるまくらで寝て肩が凝るよりもずっと快適。夏も頭が涼しいんじゃないか、と期待しています。



【散財メモ】
空気が通るまくら ジオ:2,990円
まくらカバー:499円
計:3,489円

失念レストラン 

20130123_01.jpg今日は朝9時から人と会う約束をしていた。それが間際になって「14時半にしてほしい」との電話連絡が・・仕方がないので了解した。しかし、その時刻になっても相手は現れず・・2時間してから、これはもうおかしいだろう、と先方の勤め先に電話連絡してみた。すると間もなく、約束の相手から電話が・・「申し訳ございません。約束を失念しておりました」と。へ?・・時刻の変更を依頼したのは、先方だったんですけど。自分も約束を忘れることがちょくちょくありますが、いずれも「迎える側」でのこと。だから「ちょっと取り込んでました」で済ませてこられましたが・・これが「訪問する側」だと、かなり失礼感が増すんですね。自分も気をつけようと思いました。

流行の最先端? 

20130122_01.jpg月曜から「職場復帰」してみてビックリ・・どうやらインフルエンザに感染していたのは自分だけではなかったようです。しかも結構な人数・・同じように先週一週間を休んだ人もいれば、週の後半から症状が出始めた人もいたり、自分と入れ替わりに休み始めた人もいるようで。世間的にも大流行しているようですが、自分は真っ先に罹患していたようです。数年前に「新型インフルエンザ」が出現、流行したときですら、これほどの罹患者を出すことがなかったウチの勤め先ですが、今回ばかりはモロなようです。

セキが止まらん 

20130121_01.jpg今日から「職場復帰」・・熱も平熱、ウイルス排出も日数からしてたぶん無い。もう万全と言えるはずなんですが・・セキが出る。あいかわらず咳き込む。ちょっとしたことでコンコン、ゲホゲホ。思えば、高熱が出ていたときはそれがツラくてあまり気になってなかったんですが、けっこうセキが出ていたかも。なにせ、セキのしすぎで胃のまわりの腹筋が痛い。肋骨のいちばん下の内側が痛い・・これはたぶん、横隔膜? そして、こめかみが痛い。それぞれの痛みはもう治まったのですが、セキはあいかわらず出る。ウイルスを飛ばしている訳ではなくとも、他人から見れば不快・・マスクは必携。

リハビる 

20130120_01.jpg明日からいよいよ「職場復帰」するので、生活のリハビリを・・と思いましたが、起きたら9時半と、朝寝グセがなかなか抜けません。結局、昼食をはさんで15時まで部屋でテレビ見ながらゴロゴロ・・これではイカンと、クルマで出かけることにしました。メガーヌ、もしかして今年に入って初か?・・12月28日に乗って、29日に洗車して以来、ずっと乗ってなかった。なんてこった。しかし、もっとヒドイのは、年末年始の9連休が明けて、5日間の仕事を経て、今度はインフルエンザがらみで9連休してしまったこと・・何と言うか。

厄除大祭へ行ってまいりました 2013年1月19日 

20130119_01.jpg1月18日、19日、20日に地元の厄除神社で厄除大祭がおこなわれているのは毎年のことですが、今年はカレンダーのめぐり合わせがよく金、土、日の週末になりました。ほぼ毎年、お参りには行っているのですが、今年は早々からインフルエンザ感染してしまったこともあり、厄除け祈祷をしてもらいました。暦の「大寒」付近ということもあって、半分が吹きっさらしの拝殿はオニのように寒かったですが、今後は無病息災で過ごせますようにと祈りました。

冬眠生活 2013年1月18日 

20130118_01.jpg今日も「こもり」ですが、未明から降った雪が朝には少し積もる感じに。外へは一歩も出ないのですが、家の中にいても寒さがヒシヒシと。しかしそれにしても、タンが絡んで鬱陶しい。今日で解熱から2日、発症からは5日になるので、明日はもう普通にしてよかろう。まだ頭重感というか、フラフラする感じが多少ありはするのだが・・寝すぎか?

冬眠生活 2013年1月17日 

20130117_01.jpg高熱こそ出なくなったものの、他者への感染の可能性が残るため、外出を控えることにし・・と言うことは仕事も休むことにしました。体調は不安定で、じっとしていても、横になっていても、異様に寒かったかと思えば、突然暑くなったり・・これではまるで更年期障害のよう。体内にインフルエンザウイルスがまだ残存していて、免疫システムが戦っているのでしょうか。

強制隔離 2013年1月16日 

20130116_01.jpg今朝も微熱があり、仕事を休んだ。午後になって病院へ行った。診察前に3日ほど熱があり、昨夜19時が最高で39度だったことを伝えると、即座に隔離された。順番待ちは待合ではなく、パーティションで仕切られた1畳ほどのスペース。呼ばれて連れて行かれたのは休診で使用されていない診察室。その部屋に来た医師から「残念ながらインフルエンザのA型に感染されています」と告げられ、その部屋で処方箋を渡され、その部屋で会計をも済まされた。病院としてはウイルス拡散による院内感染を防ぐ措置を講じるのは当然のこと。仕方のないことか。

それにしても自分は生まれてこの方、インフルエンザというものに縁がなかった。これからも多分、だいじょうぶだろうと何となく思っていた。人生初インフルエンザ・・歳をとって抵抗力が低下したのか。このところの精神的疲労によって免疫力が低下していたのか。いずれにしても周囲に迷惑をかける訳にはいかない。処方されたインフルエンザ特効薬と目される「イナビル」を服用したものの、解熱後2日間はウイルス排出の可能性があるらしいので、今週いっぱいは仕事も休んで「自己監禁」することにする。昨2012年11月の感染性胃腸炎に引き続き、この冬は踏んだり蹴ったりである。予防を怠った自分が悪いのだが。

体調不良 2013年1月15日 

20130115_01.jpg結局、朝になっても熱下がらず・・シゴト休みました。夜19時頃には39度台を記録・・ヒドくなってるし。その後、少しは引いたものの、未だ平熱までは下がらず。明日はどうなるか。

荒れ模様 2013年1月14日 

20130114_01.jpgニュース見てなかったので昼すぎまで知らなかったのですが、首都圏をはじめ、信州や東北など各地大雪に見舞われているようで・・地元滋賀では雨が降り、風が時おり強くなったものの、雪が来そうな気配は皆無。この成人の日をからめた三連休と言うと、過去にも東京へ初詣旅行したことがあり、今年もあわよくば行くか?ぐらいに思っていました。実際にはお葬式もあり、旅行へは行きませんでしたが、これもし東京へ行ってたら・・もしかして、帰って来られなかった可能性も? 東京中心部の山手線や地下鉄は大丈夫でも、埼玉にすら行けないほど運転見合わせになったり・・まったくもって、雪には弱い大都会です。

さて、自分なんですが、どうやらカゼをひいたらしい・・昼すぎまでニュースを見られなかったのは、そのせいもあったんですが。ただ今の体温、37.7度・・微熱です。一昨日のお葬式のあと、夕方にサンパツ行ったのですが、そのときにはすでにノドが敏感になって、すぐに咳き込んでいました。昨日「大まわり」してた間、熱とかシンドさはなかったものの、やはり咳き込む場面が何度もありました。ノドだけだと思ってたんですが・・身体の中が荒れ模様。

昨夜から改源のんで、スポーツドリンク飲んで、ニンニクたべて・・手は尽くしましたので、なんとか明日の朝までに治まってほしいもんです。

関西JR線 大まわりの旅 2013年1月13日 

20130113_01.jpgこの週末はお葬式があり、気分が落ち込みがちで・・家にこもると余計に悲しい気持ちになってしまうので、とにかく外へ出ようと思った。昼過ぎに家を出て、まずは最寄りのJR駅、近江八幡へ。どこへ行って何をしようという目的も思いつかなかった・・ただ、電車に乗りたい気分だった。その結果が・・

近江八幡-<琵琶湖線(東海道本線)>-京都
京都-<奈良線>-奈良
奈良-<大和路線(関西本線)>-久宝寺
久宝寺-<おおさか東線>-放出
放出-<学研都市線(片町線)>-木津
木津-<大和路線関西本線>-加茂
加茂-<関西本線>-柘植
柘植-<草津線>-草津
※Suica精算 320円※
草津-<琵琶湖線(東海道本線)>-近江八幡
※Suica精算 320円※

近江八幡-草津間こそ重複していますが、草津から先は同じ路線をまったく通らず、大まわりと言うよりも「8の時まわり」のようになりました。関西本線の加茂から亀山までの間(途中の柘植で乗り換えましたが)、単線、気動車、ワンマン運転、大半が無人駅、ICOCAサービスエリア外、という、関西「本線」とは思えないローカルっぷりで、すっかり真っ暗になってしまった車窓の景色は、アニメ「秒速5センチメートル」をちょっと思い出してしまい、胸が少し締め付けられる思いでした。

本当は草津線の貴生川駅で出場して近江鉄道に乗り換えようとしたのですが・・Suicaの時間制限を超過していたらしく、自動改札を通過できず、有人改札で手こずる間に近江鉄道が発車orz・・そして次の近江鉄道は50分後(汗。仕方がないので、そのまま草津線で次の列車(20分後)を待つことにしました。今度はもっと朝早くに出発して、もっと大きくまわってみたいもんです。それでも今回、滋賀県、京都府、奈良県、大阪府、三重県と、2府3県を股にかける旅だったのでした。

お葬式 2013年1月12日 

20130112_01.jpg告別式・・永遠の別れ。自分より歳の若い人が亡くなられるのは、本当にショックです。お子さんも高校生、中学生、小学生と三人・・母として成長を見届けられないことは無念に違いありません。残されたご主人もまったく同じことを言われていました。命はいずれ尽きるもの・・そんなことはわかっていても、あまりに早すぎるではないですか。きちんと生きてきた人に対して、運命は何て残酷なのでしょう。

告別式は晴れ・・明るかった故人の性格が表れたようです。ご冥福を。

お通夜 2013年1月11日 

20130111_01.jpg今日はお通夜でした。陽が落ちてから非常に冷え込みましたが、たくさんの参列者が集まり、故人の人柄が偲ばれます。自分も涙を抑えることができませんでした。

弔問 2013年1月10日 

20130110_01.jpg午前中に訃報が舞い込みました。一昨日、お見舞いに行ったばかりなのに・・実は容態がかなり悪化していると聴いたのでお見舞いに行った訳ですが、しかしまさかこんな早くに逝ってしまわれるなんて。訃報を聴いてから、しばらく何も考えられませんでした。何か考えようとすると、その方のことが思い出されて、悲しみと涙がこみ上げてきてしまうから・・夜、弔問にうかがったときには、思わず涙がこぼれてしまいました。

別冊 モータージャーナル Vol.3 

20130109_01.jpg前巻Vol.2から3か月、昨2012年12月の下旬に発売されてすぐ入手しましたが、読み始めるまでちょっと置いてしまいました。で、それを年末年始の九連休中に一気読み・・相変わらずの表現と、ブレない信念・・森慶太氏はいつもゴルフ推し。なのに愛車はメガーヌI・・ん?これって、ホントにブレてないのか? メガーヌはいいクルマなので、ずっと乗り続けてほしいけれども・・イチ推しのゴルフ、最新のゴルフを買い続けてほしいなぁ、とも。まぁ、いいクルマが欲しいクルマとは限らないってのは、自分も充分わかってますけど(苦笑

お見舞い 2013年1月8日 

20130108_01.jpgとある知り合いの方のお見舞いに行きました。昨2012年9月から入院されていたにもかかわらず、一度もお見舞いに行けていなかったので。しかし、お見舞いに行くタイミングって、本当に難しいもんです。入院された直後に行けるとイイのですが・・具合が非常に悪かったり、手術されたりすると、見舞いを受けることも負担なのかなと思ったり。なので自分は「退院が決まりました」とか「退院して自宅療養しています」と連絡を受けてからお見舞いに行くのがベストな選択だと思うようになりました。

仕事始め 2013 

20130107_01.jpg一般的には長いとされる九連休・・怠惰な自分はもっともっと休みたい。でもそういうワケにはいかず・・一般的な一社会人として、勤めに出なければなりません。まぁそれでも、最初の営業日と言えば、年始のあいさつに訪れるお客さまをお迎えして立ったり座ったりの連続・・スロースタート。徐々にペースアップ、テンションアップしていけばイイかと。あ・・でも、月曜はじまりってことは、今週フルで5日もあるのか。これは疲れそう。などと、ウダウダ言いながらの仕事始めでした。

終わる九連休 

20130106_01.jpg12月29日から始まった年末年始の九連休も今日でおわり・・正月は4日に京都へ初詣したのみ、他はずっと家にこもっておりました。レコーダーに録画した特番を見たり、買うだけ買って読んでいなかったマンガ本を読んだり、退屈はしませんでした。なので今日で終わりと思うと、あぁ・・もっと休みを~と。できることならずっと休みたい。次の休みが待ち遠しいのでした。

伏見稲荷大社へ行ってまいりました 2013初詣 

20130105_01.jpg2013年の初詣は、今熊野観音寺だけに終わりません。JR東福寺へ取って返し・・あれ?こんなに近かったのか、と。思えば往路は少し道を間違えたため、スマホのナビに従って進んだところ、住宅地の細い路地を抜け、檀家さんの霊園の中を抜けて今熊野観音寺の裏門に出ました。復路は正門から出て「下山」・・すると乗用車が楽らく対面通行できる道を通って「泉涌寺道」の交差点へと出ました。これが正しいルートだったのか・・

さて、東福寺駅からJR奈良線でひと駅だけ、稲荷駅へと移動。次なる初詣の目的地は、伏見稲荷大社・・全国に多数ある「お稲荷さん」の総本宮です。
【続きを読む】

今熊野観音寺へ行ってまいりました 2013初詣 

20130104_01.jpg正月三が日が明け、官公庁は仕事始め・・でも自分の勤め先はまだ休みなので、4日は初詣に行こう、と思ってました。で、朝、起きてビックリ!・・なんと自宅前の路上には15センチほどの積雪が(汗。しかもまだ雪は降り続けて・・こんな雪の中、出かけるのは億劫だなぁ、と。しかしネットで京都市内のライブカメラを見てみたら、まったくもって雪は無し。むしろ青空・・なので、思い切って昼から出かけることにしました。で、初詣に行った先は、京都の今熊野観音寺・・はっきり言って、あまり名の知られていないお寺かと。自分も今まで知りませんでした。
【続きを読む】

7年7か月経過 

20130103_01.jpg新年を迎え、三が日も今日で終わり。のんびりダラダラ・・至って普通の?寝正月を送っておりますが、「いつもの」振り返りも欠かせません。「モヤさまアワード」が元日に放送されてて、「それはいつも年末のイベントでしょう」ツッコんでましたが、自分も毎年、年明けてから前月のこと・・つまり前年のことを振り返っていたという事実に苦笑。さて、12月の振り返りを。
【続きを読む】

夢すこしだけ 

20130102_01.jpg年末ジャンボ宝くじ2012の結果を調べてみました・・3,000円が1枚、300円が3枚。30枚買いましたので、9,000円の投資で3,900円のバック・・なかなか当たりませんねぇ。でもまぁ、無いよりはマシか。夢はこんなもんがいい加減なんでしょうかね。いつか高額当選者になってみたいもんです。