送別会 2014年2月28日 

20140228_01.jpg勤め先の送別会がありました。御年71の大先輩、定年後も再雇用制度を使って10年以上も我々を支え続けてくださった方がついに退職。ご本人はまだまだお元気で、今後も働ける環境にはあったのですが、どこかで線を引かなければならないだろうということで迎えた終焉。思うところも少なくなかったんでしょうね、ふだんは寡黙に仕事をこなされていたのが、今宵ばかりは長話・・ご本人も引き際がわからなくなってしまわれたのか、あまりに長かったので一同、苦笑いでしたけれども。長い年月の中で、辛かったことも少なくなかったと聴きましたが、しかしまぁ、これほど長く居続けられたというのも、本当に幸せだったのではないでしょうか。

そんな大先輩を送り出す宴なのに、自分はこのところの心のモヤモヤを晴らすべく、呑みに呑みまくってしまいました。呑みすぎました。二次会へもお付き合いしようとしたのですが、まっすぐに歩けないほど酔っていたので、帰ることにしました。電車に乗る前に気分が悪くなり、駅のトイレで吐きました。乗車15分の間に完全に寝てしまい、降りる駅を乗り越す始末・・幸い次の駅が終点で、歩いて帰れましたが、そのまま寝続けたら折り返し運転でまた出発点に戻ってしまうところでした。いったい何をやってんだ、俺は。こんなことで記憶と決別できるはずもないのに。

そして僕は途方に暮れ・・た 

20140227_01.jpgあぁ、本当に終わってしまうんだな・・信じたくはなかった真実に、必死で抗おうとしたけれども、願いが叶うことはもうないとわかった。いろんなことがハッキリと見えて、あのとき進まなかったことが正解だったことに気付く。判断は間違いではなかったけれど、間違いであっても前へ進みたかった、進んでもよかったという後悔は残る。そして僕は途方に暮れた。

カタクナ 

20140226_01.jpgあまりにも頑(かたく)なで、曲げようとしないなら、そのままにするしかないのだろう。無理に曲げさせようとすれば、強い反発が来るか、あるいはポッキリと折れてしまうか・・どちらにしても、良い結果にはつながらないのだろう。

こうなってしまったのは、一体いつからなのか?それをハッキリさせたからと言って、今さら何も変わらないのだが・・愚か者はそれを何とかしようとしてしまうのだ。そして悲哀だけが増していく、と。

見えてきたもの 

20140225_01.jpgまっすぐで、一生懸命で、だからこそ見えていなかったものがある。それが今、少しずつ見えてきた。一生懸命であることに変わりはないのだけれど、その結果が出てきた。望んでいた結果では決してないけれども、もし見えないままで望んでいた結果を手にしていたとしたら、大きな不幸に見舞われていたことだろうと思う。今は失意のどん底に沈もうとも、この結果が将来の道しるべになったと信じられる。この経験を糧にして、今より上手くやれることが想像できる。だから人生はおもしろい。

コエラレナイ 

20140224_01.jpg越えられない壁は無い・・そう言って励まされることも多いと思うが、やはり越えられない壁は確かにある。どうしようもない、変えることのできない要素はある。培った年月が長ければ長いほど、変えられないもの・・それは文化と呼ぶべきか。その相違はカルチャー・ギャップ・・それはジェネレーション・ギャップを軽く凌駕するもの。壁は高く厚い・・簡単には越えられない。

冷静と情熱の間は埋まるのか 

20140223_01.jpg男はロマンチスト、女はリアリスト・・よく言われることですが、どうやら本当のようですね。男が夢を見ているうちに、女は現実を分析する。そういうものだ、と言えばそれまでなんですが・・

メガーヌ&C2洗車 2014年2月22日 

20140222_01.jpg風が冷たくはありましたが、日差しもあったので思い切って洗車しました。ここ3日ほどの間、自宅駐車場に停めておいたメガーヌに鳥のフンが・・おそらくカラスのものだと思いますが、いっぺんに4個も落としやがって! 放置する訳にもいかないので、とりあえずウェットティシュ-で拭き拭きしておきました。すると翌日、また新たなフンが!! ホント、糞害に憤慨です(苦笑。全然乗ってないのでほとんど汚れらしい汚れも付いてないのですが、思い切って洗うことにしました・・ひと月ぶりぐらいか? メガーヌ洗車するのに1時間半・・時刻は15時でした。まだ明るかったし、だんだん暖かくなってきたので、勢いづいてC2も洗車しました・・いやぁ、小さいことはいいことだ! メガーヌよりも格段に楽ですね。時間が無いときや暑さ寒さが厳しければ、C2のほうは洗車機へゴー!になるとは思いますが・・ときどきは手洗いしてワックス効かせとかないと、またクリアが剥げちゃいますんでね。

京姫酒造 山田錦 大吟醸 匠 

20140221_01.jpg家呑みのお酒・・このところ地元滋賀のお酒を選んできましたが、今回は京都伏見のお酒です。京姫酒造「山田錦 大吟醸 匠」・・近所のスーパーへ行ったところ、ワゴンセール680円という特価で出ていたので購入。四合瓶の大吟醸が680円って、安いんじゃないの?と衝動買い。飲んでみたところ、自分好みのやさし~い口当たり。これは正解でした。が・・安く買ったというのと、あまりの飲みやすさに、わずか2日で飲みほしてしまいました。これはイカン・・身体に障る(汗



【散財メモ】
680円:京姫酒造 山田錦 大吟醸 匠

クレクレだけでは 

20140220_01.jpg「何をしてほしいか?」ではなくて、「何ができるか?」「何をしてあげられるか?」を考えなきゃ、ダメなんだろうなぁ・・クレクレだけでは。

タイムマシンにお願いできるなら 

20140219_01.jpgもしもタイムマシンに乗れたなら・・戻りたいのはどの時間? たとえその時間に戻れたとして・・やりたかったように、やり直せるのか? たとえやり直せたとして・・満足いく結果になるのか? それはわからない。だから前を向いて歩くしかない。
未来の結果を先に確かめるのは?・・それじゃぁ人生つまらない、か。

消えやしない 

20140218_01.jpgいちど火がついて燃え上がってしまうと、そうそう簡単には消えないもんです。たとえ消せたとしても、前とは変ってしまって、元には戻らないのです。気持ちの話ね。

野宮神社まいり 2014年2月 

20140217_01.jpg嵐電に乗って嵐山まで来ましたので、ちょっと歩いてみました。ガヤガヤしたいところへ行きたくはなかったので、静かな雰囲気のところへ・・と言っても、じゅうぶんな下調べもせずに来てしまいましたから、知っているところへ。それが野宮神社だったのです。
【続きを読む】

嵐電に乗ってまいりました 

20140216_01.jpg嵐電こと京福電鉄にはじめて乗ってまいりました。京都市内を走る鉄道会社で乗ったことがなかったのはこれが最後ですかね。近くなんだからいつでも乗れるということと、クルマで行ってしまうということもあり、なかなか乗れずにきたのでした。ヒマにまかせて京都へ出てきたので、この機会にと乗ってみることにしました。
【続きを読む】

伏見稲荷大社 2014二拝目 

20140215_01.jpg2014年2月12日の水曜日、伏見稲荷大社へ行ってまいりました。有給休暇を取っておりましたので、平日の空いた状況でのお参りです。しかし今年はちょうど1か月前の1月13日にお参りしたばかり・・それでも行きたい気分だったのです。
【続きを読む】

極寒バレンタイン 2014 

20140214_01.jpg今年もまたバレンタインデーがやってきました。いい思い出なんてほとんどない(苦笑)バレンタインデーですが、今回はとくに厳しい・・

毎年、義理チョコをいただいているパート社員のおばさまたちが揃ってお休み・・なので職場仲間のひとりからもらった1個のみとなりました。義理チョコなんて、もらったらもらったで、お返しを忘れてはいけないなとか、メンドくさいことが多いのですが・・無いと無いで淋しいものですね。



そして、天空から差してきた一寸の光明さえも、一瞬にして凍りついてしまった・・



加えて今日は朝から荒れ模様のお天気・・朝6時ぐらいから降り始めた雪、時間が経つにつれて勢いを増し、昼過ぎにはもう20センチ近くまで積もってしまいました。昼間これだけ積もるのも最近では珍しい。スタッドレスタイヤを履かせたC2を買ったことは正解でした。とても重宝しています。この出会いは大切にしていきたいものです。

地主神社まいり 2014年2月 

20140213_01.jpg清水寺へ行ったなら、地主神社まいりもお約束・・今回もちゃんと、おまいりに行ってまいりました。清水寺と同様に、境内は参拝客でごった返しておりました。いったい何度、ここへ足を運んだことでしょう・・いまだご利益には預かっておりませんがね(苦笑
【続きを読む】

清水寺まいり 2014年2月 

20140212_01.jpg自分の中で「清水寺へ行かねば」という感情がにわかに噴出し、いてもたってもいられなくて、クルマを走らせて京都へ向かいました。清水寺は近くに有料の駐車場がありますが、そこに至るまでの道が狭いことはじゅうじゅう知っていたので、最近の通勤の相棒シトロエンC2で出動したのでした。
【続きを読む】

通過列車にご注意ください 

20140211_01.jpg切符は受け取った。あとは列車に乗れば目的地まで連れて行ってくれるはず。しかし乗れなかった。列車は来ていたのかもしれない。でも気付かなかった。間違えたのは時間?到着ホーム?もしかして駅を間違えた?

少しの迷いはあった。この列車に乗っていいものか。ひと晩、考えた。寝ずに考えた。そして乗ると決めた。なのに・・遅かった。ダイヤは変わってしまった。予告もなしに・・いや、見逃したのは自分か。座るはずだった指定席は空いたまま、列車は走り出す。きっとそのうち、誰かが座るのだろう。

状況は些細なことで変化する。すごい勢いで変化する。それについて行けなかった。覚悟が足りなかった。覚悟するのが遅すぎた。対応力が無かっただけ。自分の器が小さかっただけ。もっと強くなりたい。大きくなりたい。

人は失敗を繰り返して大人になる。もしかして、その回数が決まっているのだろうか。決められた回数の失敗を経験していないから、大人の階段は終わらないのか。体力のある若いうちに、できるだけ登っておいたほうが後が楽・・気付いたときには遅すぎて。

未来行き片道切符 

20140210_01.jpg経験のないことに対峙するにはパワーが要る。勇気と決断も要る。わかってはいる。それは容易なことではないことも。しかしそのハードルを越えなければ、その先にある光を手にすることはできない。覚悟はあるか・・

志賀盛 近江路 本醸造 近江酒造 

20140209_01.jpg家呑みのお酒・・地元のお酒シリーズです。志賀盛 近江酒造の「近江路」本醸造です。他にも純米酒なんかもありましたが、とりあえずいちばんお安いのから・・と言っても1,180円するんですけどね。黄味ががった色でしたので、酒臭いのかなぁと思いましたが・・まぁまぁ飲みやすいお味でした。今度は他の種類のも試してみましょうかね。



【散財メモ】
1,180円:志賀盛 近江路 本醸造 近江酒造
計:1,180円

またも積雪 2014年2月8日 

20140208_01.jpgせっかく融けたと思ったのに、今朝また積もってました。まぁ今回の寒波&雪は太平洋側が中心になる「南雪」の模様なので、それほどの量でなかったのが幸いでしたが。ふだん雪に慣れておられない地域の方々は要注意ですぞ。

寒いからこそ 

20140207_01.jpg寒さが酷く、それが急激だと、いろんなところに歪みが出るようで。水道管の地上に露出している部分が割れたり、温水洗浄便座のノズルがこわれたり・・こっちは直接は関係ないかも? だからこそ暖かくなりたい、熱くなるものが欲しいと思うのが、人の性というものでしょうか。

凍結 2014年2月6日 

20140206_01.jpg昨日の降雪は夕方になっても止むことなく、積雪は夜までに融けきりませんでした。そして冷え込みはさらに増し・・今朝になったら案の定、路面はテッカテカに凍結していたのであります。先日、手に入れたC2にはスタッドレスタイヤが付いており、そう臆することはありませんが、やはり滑るものは滑ります。慎重なアクセルワークを心がけましたが、踏切で一時停止したあと再発進すると、軽くホイールスピンして前へ進みません。メカ的にはMTとは言え、自動クラッチのセンソドライブは半クラッチ状態が苦手・・マニュアルモードにすれば2速発進もできるようになっているのですが、それでもホイールスピンしてしまいました。ボディが軽いゆえ、トラクション不足なのかなぁ。

立春寒波 2014年2月5日 

20140205_01.jpg昨日、東京あたりでも降雪があったらしいですが、地元滋賀ではまったく無し。夜遅くになってからようやく降りだしました。「こりゃ朝、早起きしないとな」と思いつつ眠り・・今朝、窓の外をのぞいてみれば、案の定。しっかりと積もっておりました。路面はシャーベット状態で、夏タイヤのメガーヌでは行けません。スタッドレスタイヤを履かせたC2の本領がようやく発揮できます。走ってみて実感したのはボディサイズのコンパクトさ・・混雑するメインの通りを回避し狭い裏道を行く。走りやすい!・・「小さいは正義」だ。だからと言って無理無茶は禁物。

立春 2014 

20140204_01.jpg立春を迎えたというのに日中の気温は10度に届かず、寒さが身にしみる一日でした。毎年のことながら、節分そして立春という日は寒いことが多い・・「暦の上では」なんてフレーズに意味がないとわかっているのに、人はなぜ使い続けるのでしょう。心なしか、胸の調子も少々悪いような・・

UNIVERSAL DE 1/43 シトロエン C2 DYNAPOST 2005 

20140203_01.jpgシトロエンC2に乗り始めましたので、そのミニカーが欲しくなり・・Amazonで見つけて思わずポチしてしました。「UNIVERSAL DE 1/43 シトロエン C2 DYNAPOST 2005」というこのC2ミニカーは、新しい愛車と同じノアールのボディカラー。たくさんのデカールが貼られていますが、これをすべて剥がせば同じになるかな、とか。もう1台、手に入れたらやってみましょうかね。



【散財メモ】
975円:UNIVERSAL DE 1/43 シトロエン C2 DYNAPOST 2005
計:975円

春めく大阪 2014年2月2日 

20140202_01.jpg朝から小雨降る中、電車で大阪へ向かいました。ほんの少しの間、止んだ隙を突いて駅へ・・すると再び降り始めました。しかし京都を通過する頃には止み、大阪ではすでに晴れかけていました。午後に入るとさらに晴れて、屋外は気温がグングン上昇・・17度ぐらいまでは行ったみたいです。冬の装いで出かけたもんですから、ちょっと歩くと汗ばむほどの陽気・・まだまだ立春、節分前だというのに。通天閣はエレベーター45分待ちで登頂断念。お茶濁しにと阪堺電車に揺られてきました。

8年8か月経過 

20140201_01.jpg1月が終わりました・・年が変わって、もう一か月です。早いもんです・・と感じるのは、加齢ゆえなんだそうです(苦笑。勤め先で年配のパートさんたち(60歳代)が口をそろえて言ってます。時間が経つのが早い、一日が終わるのが早い、一週間が早い、ひと月が早い・・これを「いや、自分はそんなことない」という人がひとりもいないということは、おそらく真実なんでしょうね。自分も確実にそっちの領域に近づいていってるんでしょうかね?(汗。そんなこんなで、1月の様子を振り返ってみます。
【続きを読む】