夢二ロマン 神戸憧憬と欧米への旅展 

20170622_01.jpg神戸での美術館・博物館ハシゴの旅・・最後となる4館めは、六甲アイランドにある神戸ファッション美術館でした。六甲アイランドへ足を踏み入れるのは初めてのことでしたし、移動手段である六甲ライナーに乗るのも初めてのことでした。18時で閉館、17時30分が最終入館時限ということですが、三宮の神戸市立博物館を出たのは16時45分頃・・17時に神戸三宮駅を出る特急の阪神電車に乗らないと間に合いません。グーグルマップのナビゲーションでは、博物館から駅までは徒歩10分ほどということでしたが、信号待ちの時間や駅構内での移動時間が加味されていませんでした・・しかしどうにかこうにかその特急電車に乗ることができ、魚崎での六甲ライナー乗り換えもほとんど余裕ありませんでしたが、アイランドセンター駅からさらに歩き、無事17時25分に美術館の窓口にたどり着きました。
【続きを読む】

遥かなるルネサンス展 

20170621_01.jpg土曜日の美術展めぐり・・3館めはふたたび三宮に戻り、神戸市立博物館で開催中の「遥かなるルネサンス」展です。神戸市立博物館ははじめて行きました。西洋の神殿のような造り・・歴史感ある重厚な建物。それが三宮の街ナカ、ど真ん中にあるのですね。
【続きを読む】

時を映す女性像展 

20170620_01.jpg神戸へ「ベルギー奇想の系譜」展を見に行ったとき、会場の兵庫県立美術館に置いてあったチラシの中に「時を映す女性像」展、「2017年6月18日まで」というのがありました。行くつもりはしていなかったのですが、兵庫県立美術館から駅までの間の通り道にあるBBプラザ美術館というところでやっている・・しかも観覧料500円だし、行ってみるかと。
【続きを読む】

ベルギー奇想の系譜展 

20170619_01.jpgこの前の土曜日、神戸へ行った目的の第一が美術展・・「ベルギー奇想の系譜」展でした。開催されているのは兵庫県立美術館・・4年前の2013年5月、「超・大河原邦男展-レジェンドオブメカデザイン-」を見に行って以来の訪問です。この美術館、滋賀からJRで行くなら、まず新快速で芦屋まで行き、各駅停車に乗り換えて灘で下車、そして徒歩で10分以上と、結構時間も体力も使うので、今回は三ノ宮まで行って市バスで美術館の真ん前まで行くことにしました。
【続きを読む】

メガーヌ散歩 2017年6月18日 

20170618_01.jpg今日のメガーヌ散歩は片道25キロ程度を流して買い物へ行くというものにしました。昨日の美術館・博物館4館ハシゴの旅で筋肉と全身の疲労が少し残っていましたので、山へ走りに行くという元気はありませんでした。しかし梅雨に入っていて、今後週末のたびに雨ということもあり得るので、乗れるときに乗っておきたいかな、と・・別に雨でも乗れなくはないのですが、汚れもするしあまり気が乗らないもので。晴れたら晴れたで暑くなりますから、洗車が億劫になってしまいます。

神戸へ行ってきました 2017年6月17日 

20170617_01.jpg神戸へ行ってきました。神戸の街へ行ったのは、どうやら2013年5月以来の4年ぶりらしい・・目的地はその時と同じ、今回も兵庫県立美術館がメインでした。裏を返せば美術館に行く用事でもなければ神戸へは行かないということでしょうかね。最初はその一か所だけ行って帰ってくるつもりでしたが、行った先で他の美術展のチラシを見て、それも行ってみたくなってしまって、結局は4館も美術館・博物館をハシゴしてしまいました。一日歩きまわって疲れましたが、とても充実した一日になりました。

メガーヌ通勤 2017年6月16日 

20170616_01.jpg今日はひさしぶりにメガーヌで通勤してみました。何だかそうしたい気分になったもので。朝の通勤・通学時間帯なので、交通の流れも遅いペースで気持ちよくトバせるワケでもなく、もっと安楽なC5もあるというのに、わざわざ硬くて作業項目の多いメガーヌで行くというのは合理的ではないかもしれないのですが、たまにそういった刺激をもって仕事場に向かうというのもいいもんです。おかげで昼休みの仮眠も眠りに落ちることなく時間が来てしまいましたけど(苦笑。

サンパツ 2017年6月15日 

20170615_01.jpg仕事帰りにサンパツに寄ってきました。いつものペースでカットしてくれているのですが、いきつけのサンパツ屋さんのマスターはよく話しかけてくるので寝る間もありません。ただ、シェービングの間とシャンプーの間だけは話しかけてこられないので、あっという間に眠りに落ちてしまいます。それが何とも気持ちよくて・・時間にすれば寝落ちしているのは5分かそこらぐらいなのですが、すごく寝た感じがしますね。

梅雨の夏日 2017年6月14日 

20170614_01.jpg梅雨入りしたのは雨が降るからなのでしょうけど、梅雨入りして以来、晴れの日が多いようです。今日もよく晴れて夏日になりました。25度を超えることは梅雨でもよくありますが、このごろはカラッとして乾燥注意報が出るほど。日陰にさえいれば過ごしやすくて助かるのですが、秋にかけて渇水したらイヤだなぁとも。写真は今日のお昼、クルマの外気温度計が示した気温・・まぁそこまで暑くはなかったんでしょうけど。

メガーヌ タイヤ空気圧調整 

20170613_01.jpgちょうど半年前の2016年11月23日にメガーヌR.S.のタイヤを新調しピレリのNew P ZEROを履かせました。それまではミシュランのPilot Sport 3、さらにその前は同じくミシュランの、新車装着のPilot Sport PS2でした。メガーヌにだけではなく、人生はじめてのピレリタイヤということで、その特性を今ひとつ把握し切れずに半年が経ってしまいました。履きこなせていないと言うか、メガーヌを以前のようには操れなくなってしまった感じ・・P ZEROにしたのは失敗だったかなと思い始めていました。

しかし・・先日、ディーラーさんへ12か月点検に出した際、タイヤの空気圧が280kpaもあると言われました・・メガーヌ3 R.S.の純正18インチホイール装着車、235/40R 18タイヤの標準設定空気圧は、前輪230kpa、後輪220kpaなので、実際に入っていた280kpaはかなり高め。ECO指定だと280kpaなので、そういう位置づけということですね。タイヤショップのマスターがホイール組み込みと同時に調整してくれたものですから間違いないと思っていたのですが・・どうやら誤って?ECO相当の空気が入れられていた模様です。もちろん、標準設定の空気圧では低すぎる場合もあったりしますので、+50kpaというのは完全に的外れということでもない。

ただ、日ごろから、以前のミシュランと比べて明らかに「跳ねる」「硬い」印象はありました。高速道路を走っていても跳ね気味で落ち着きがない印象でしたから。今回、試しに前後輪とも230kpaに調整して山坂道で試運転してみたところ・・すごく扱いやすくなりました!以前のミシュランのときと同じように、グリップの限界もつかみやすくなりましたし、跳ねる頻度が下がったおかげでブレーキング時のABS作動も減り、効きの調整もしやすくなった。これが正しい姿だったのか!と。もっと早くに気づいて空気圧チェックしておけばよかったのですが・・完全にタイヤショップのマスターを信用しきっていましたので(苦笑。エアゲージ持っているのですから、今後はもっとマメにチェックしていこうと思いました。

※冒頭の写真は新品装着時のもの

杉浦非水 モダンデザインの先駆者展 

20170612_01.jpg12か月点検とタイミングベルト交換が終わったメガーヌを受け取りに京都へ行ったので、ついでのお出かけとして伏見稲荷大社へ行ったのに続き、門前の伍八堂でちりめん山椒を、そして近鉄京都駅構内で平宗の柿の葉ずしを買い込みました。そして最後に岡崎公園近くにある細見美術館を訪れました。「愛媛県美術館所蔵 杉浦非水 モダンデザインの先駆者」展を見るためでした。
【続きを読む】

伏見稲荷大社へ行ってきました 2017年6月 

20170611_01.jpg昨日、点検・整備が終わったメガーヌを受け取りに京都へ行きました。せっかくなのでついでにあちこち行っておこうと思い・・そのうちのひとつ、伏見稲荷大社へ行ってまいりました。3月下旬に行ったばかりですが、2か月半ぶりの参詣です。
【続きを読む】

メガーヌ 12カ月点検&タイミングベルト交換 

20170610_01.jpgメガーヌR.S.を6年目の12か月点検に出すのに合わせて、タイミングベルト交換もやってもらいました。1年前、メガーヌ5年目の車検のときに「(ルノーの)タイミングベルト交換は走行6万キロまたは4年毎と指定されています」と言われたのでした。走行距離はまだ2万5千キロほどしでしかなく・・しかし年数で言うとすでに指定よりも1年過ぎていました。そりゃエンジンだめにしないために交換したいのは山々だったのですが、昨年はメガーヌの他にシトロエンC5も車検でしたので、約15万円という費用はちょっと捻出できなかったのでした。

そうしているうち、冬にはABSコントロールユニットの故障が発生して、一時は30万円の修理代が必要かと思われ・・最終的には15万円ほどで済みましたが・・タイミングベルト交換は先送りに。本当は夏のボーナス入ったらと思っていたのですが、12か月点検と同時に出せば工賃を割り引きしてもらえるし、何度も京都まで行かなくても済むしということで、財政的には完全に「見切り」で整備に出すことにしました。お金はかかりましたけど、これであと5年ぐらいは(タイミングベルトまわりについては)安心して乗れますので。



【散財メモ】
20,520円:法定12か月点検
6,750円=8,910+1,080-3,240:エンジンオイル交換
152,236円=157,388-5,152:タイミングベルト等交換
-2,700円:早期予約特典値引き
-8,840円日産カード会員特別値引き
計:167,966円

ボレロ通勤 最終日 

20170609_01.jpg代車として借りているマーチ・ボレロですが・・明日メガーヌを受け取りに行くので、ボレロを通勤に使うのも今日で最後。1週間、中距離ドライブと毎日の通勤に使ってみて、最後までシックリ来なかったのがドライビングポジション。とくにシートが・・座面が短くてもも裏が浮いてしまうことはインプレッションの回にお伝えしましたが、ハイトアジャスターで高さを上げて、シートバックを倒し気味にしてみたら浮きは少しマシになりました。しかし今度はおしりが前へジリジリと滑ってずり落ちそうになる。何度も座り直したりして落ち着かない感じ。これでは長時間乗りたくない。ペダルの角度も最後まで馴染めませんでした。

しかしよかったこともあります。まず小さくて小回りが利くこと。あと車重が軽いので出足が軽やか。このふたつの相乗効果で街ナカの狭い道や駐車場などでの取り回しがとても楽。交差点でのスタートダッシュはふだん乗っているシトロエンC5やメガーヌよりも素早いのではないかと。もちろん、その後はあまり伸びませんので、たとえアクセルペダルを目いっぱい踏んでもスピードは出すぎない。驚いたのはわりと静かだということ。直列3気筒エンジン・・フル回転させたときの音は軽トラのうるささを想像していたのですが、マーチの車室内はすごく静か。確かに音はしているのですが、耳障りな感じはない。遮音を含めてよくサウンドチューニングされていると感じました。

あ、最後にひとつ・・これは前回のインプレッションでは書いていなかったのですが、ステアリングホイールの軸がほんの少し左にオフセットしているのかも。運転席シートに座って、身体の正中にステアリングホイールの中心が来るのが自然で正しいと思うのですが、どうも日産マークが少し左に行っている模様。ドラポジがシックリきていなかった原因のひとつはこれだったのか?左ハンドル基準で設計されたクルマを右ハンドル化するときに手を抜かれるとこんな感じになりますが・・まぁマーチは海外生産の「輸入車」ですけどね。

ということで、マーチ(ボレロ)はちょっとそのへん乗るだけならまぁ楽に乗れるけれど、あまり長時間・長距離は乗りたくないかな。「安いから」という言い訳が聴こえてきそうですが、その安さを理由に営業車として与えられて一日の大半をこれで過ごさなければならないとしたら、自分はイヤですねぇ。マーチ以外、日本メーカーの他のクルマでも、Bセグメントはこんな感じの妥協の産物ばかりなのでしょうかね?マツダのデミオはわりと印象良かったのですが。

猿の軍団 

20170608_01.jpg昨日の朝、いつものルートで通勤していたのですが、山すその麦畑の刈り取りが終わっていることに気づきました。麦の何かのアレルギーを持っている自分としては、あぁようやく治まる時期が近づいてきたなとうれしく思って通りすぎました。が・・その刈り取り終わった麦畑、視界から外れるときに何やら黒いかたまりが多数あったように感じました。ん?・・しかもその黒い物体がうごめいたように感じたのです。とっさに振り返ってみると・・どうもその黒い影の正体は野生の猿だったようです。

いや、滋賀の片田舎に暮らしていますから、猿ぐらいは見たこともありますよ。でも今回は様子が違いました。麦畑に集まっていた猿の数が・・おそらく20頭やそこらでは効かなかったはず。そんな大きな群れの野生の猿を見たことは初めての経験でした。何かの三間違いかも?とも思いましたが、朝の出勤前で時間の余裕もなかったのでそのままスルーしてしまいました。

明けて今朝・・また同じ場所を通りかかるとき、今度はスピードも落として注意深く見てみると・・いました!間違いありません!やはり野生の猿の一団でした。群れの中には子猿もたくさんいました。刈り取り終わった麦畑で何をしているのかと思ったら・・どうやら落ち穂拾いをしているようです。あまりにたくさんいたので、写真を撮るにも怖くて車から降りずに窓越しにしました。束になってかかってこられたら、防ぎようがありませんからね。しかしその場所というのは、山すそではありますが、すぐそばに10軒以上の人家があるのですよ・・住んでる人はもちろん知らないということはないと思いますが、怖くないのでしょうかね?

七十の手習い 

20170607_01.jpg父の長年使ったガラケーのバッテリーがもうダメになったからということで、ケータイショップへ行ってスマホに機種変更してきました。らくらくなんとかみたいな感じの高齢者向けのスマホなのですが、それでもまったく使ったことのない父にとっては未知の世界・・当然、何もできません。最小限の初期設定はケータイショップでやってはくれましたけど、たとえばGoogleのPlayストアとか、LINEアプリとか、そういった使ってみたい機能のことはやってくれません。で、そういうものはすべて自分にまわってくるワケです。思えば父がパソコンをはじめて買ってからもずっと、調子が悪くなったら自分に助けを求めてきているワケで・・今度は新たにスマホが増えて、頭の痛い話です。

倦怠感 2017年6月6日 

20170606_01.jpg日曜日の午後、クルマで三重県を目指して走っている最中・・どうにも眠くてたまらなくなったので、道路脇の退避エリアに出てしばらく仮眠しました。それで強い睡魔からは回復したものの、全身の倦怠感は少し残っている感じでした。明けて月曜日、朝、起きるのがツラいほどの倦怠感があり、日中もヒドい睡魔に襲われて仕事が思うようにはかどりませんでした。そして今日・・やはりダルさがあり、眠さも・・昨夜はテレビを見ていたのに耐えきれず早くに寝てしまったのですが、それでも回復せず・・5月は終わったのですが5月病なのでしょうか(苦笑。

マーチ・ボレロ インプレッション 

20170605_01.jpgメガーヌの点検・整備のため代車として借りているマーチ・ボレロ。京都からの帰りがけに大原から途中を通って帰ってきたのですが、琵琶湖大橋からの渋滞で充分に走れなかったこともあり、その消化不良を解消するため日曜日に山越えをして三重県まで走ってきました。コースはR421で石榑峠のトンネルを抜け三重県のいなべ市へ出て、隣の東員町まで行って、折り返し帰ってきました。

マーチの走りですが・・タウンスピードでは車重の軽さが効いていることが非常に実感できます。直列3気筒1.2L自然吸気エンジンは非力な部類ですが、発進はきわめて軽やか・・実際に軽いワケですからね。法定速度60km/hまで何のストレスもなく走れます。

ハンドリング・・電動パワステのクセがちょっと嫌な感じがしました。とくにそれはスピードが乗ってきた頃に感じられます。何かこう、頑固に直進を維持しようとするのです。直進安定性をハンドルだけで無理やり造っている感じ、とでも言いましょうか。ハンドル切り始めがちょっと引っかかる感じがあって、さらに力を入れると急にそれが抜けて切れすぎてしまう・・慣れれば多少はごまかせるのですがね。

その電動パワステの嫌な感じは山道へ行っても少し出ます。ワインディングをスイスイ・ヒラヒラ気持ちよく・・とはいかない感じ、せっかく車重が軽いのだからもったいないですねぇ。そして上り坂に来るとエンジンの非力さが際立ってきます。アクセルペダルを床まで踏み続けても大した加速をしてくれません。これがMTだったらどうなのかなぁ・・

あとどうしても馴染めなかったのがドライビングポジション・・シート座面の前後長がまったく足りてなくて、ももの裏が浮いた状態で疲れます。ペダル配置・・オフセットは極力抑える努力が見られ、身体の中心よりほんのわずか右側にブレーキペダルが来るようになっています。左足のスペースはハッキリと狭い。センターコンソールの下あたりに左足の外側が常に当たっていてちょっと嫌な感じ。そこまではガマンできそうですが、問題はペダルの角度・・床との関係、シートから出す脚との関係がどうにもうまく合わせられず、ちゃんとしたドラポジがとれない。これはとっさのブレーキがワンテンポ遅くなることにつながりかねませんので、安全面からもよろしくないかなと。シート座面が短くて、もも裏が浮いたままであることと相まって、脚が疲れやすい。小さいクルマだから仕方無いじゃないか・・と言い訳が聴こえてきそうですが、マツダのデミオは小さくてもちゃんとしてました。

同じ日産でもキューブはもっと運転しやすかったんですけどねぇ・・ドラポジはもっとまともだし、エンジンは直列4気筒で1.5Lもあるから力強いし、室内は当然広いし、重さもあるからドッシリ安定感も(マーチよりは)ある。このあいだ試乗したノートももっといい印象だったしなぁ・・マーチだけ手を抜いたと感じられるところが多いように思います。まぁコスト重視の東南アジア生産モデルだから、そこは割り切って考えるべきなのでしょうけど。もし自分で買うのだったら、ちょっと高くなってもキューブがいいかなぁ。

三千院へ行ってきました 

20170604_01.jpg♪京都~大原三千院~・・とその名を聞くと条件反射的に歌ってしまいそうになる有名なお寺です。メガーヌを点検・整備に出しに京都へ行ったついでに代車でちょっと足を伸ばして大原の三千院へ行ってみました。もちろんはじめて訪れる場所です。
【続きを読む】

代車はマーチ・ボレロ 

20170603_01.jpgメガーヌR.S.を12カ月点検とタイミングベルト交換に出しましたが、整備の予約をするときに代車はマーチだということは聴いていました。しかし今日、行ってみて、受け取った代車はちょっと違っていたのでした・・マーチはマーチでも、オーテックジャパン謹製のマーチ・ボレロだったのです。
【続きを読む】

12年経過 

20170602_01.jpg5月が終わりました。初旬はいきなり暑くなるパターンは例年どおりといったところでした。昨年同様、早くも最高気温30度以上の真夏日を記録もしましたし、実は真夏よりも強い紫外線が降り注ぎ日焼け止めでも防ぎ切れないという中、外を出歩く機会も多かった5月の様子を振り返ります。
【続きを読む】

仮想命日 2017 

20170601_01.jpgあれから4年が経ちました。急性心筋梗塞に倒れて、幸いにも一命は取り留めて、集中治療室の個室で面会謝絶の3日間の後、入院と自宅療養で1か月仕事も休んで、体重は1年で20キロ減って、体力低下と体調不良に悩まされながらも、少しずつ回復して・・そして今、体重は20キロしっかりリバウンドして、さらに増えようというところを必死で抑えている毎日を過ごしています。ちょっと太りすぎて病気の再発には気をつけなければなりませんが、あちこち出かけて食べたり飲んだりできて、とても楽しく過ごせるというのはありがたいことです。