FC2ブログ

代車はハスラー 2018年3月 

20180331_01.jpg20180331_02.jpg

ジムニー12か月点検の代車はスズキ ハスラーでした。自然吸気エンジン・前輪駆動・・おそらく市場でもっとも一般的なモデル、すなわち売れ筋もモデルですね。ジムニー購入検討しているとき、試乗してみたハスラーもその組み合わせでした。今回は通勤15kmですので試乗の時よりは少し多めに、そして助手席に営業マンもいませんので、少しはよく乗れましたが・・やはり印象は変わらず。

走りは自然吸気エンジン車としてはごくごく普通ですが、ドライビングポジションがどうにも決まらない。ステアリングコラムとペダルのオフセットと、ペダルは踏み込み角度も今ひとつ。そしてシートは硬い。とても長時間・長距離は乗りたくないなと思います。通勤の片道10kmでもスネの筋肉が張りそうでしたし、お尻と腰が痛くなりそう。

代車ハスラーを返して自分のジムニーに乗り走り出した途端、「断然に乗りやすい!」と感じました。ジムニーのステアリングホイールにはチルトもテレスコピックも調節機構いっさい無し。シートはリクライニングと前後スライドは調整できても、ハイト(座面高さ)調節はできない・・それなのにドライビングポジションがピタッと決まる。ステアリングコラム中心とペダル配置が適正、そんな当たり前のことが当り前にできているクルマがどんどん減っている中、あの小さなキャビンの中でよくぞ作りこんでくれました。

ハスラーは昔風に言えば「ライトクロカン」、今風に言えばSUVなんでしょうし、ジムニーの能力までは必要ないけれども、普通のハイト軽ワゴンよりは走破性の高い、趣味性の高いクルマが欲しいという層に受けて売れているクルマです。自分も一瞬、ハスラーのターボモデルにしようかと思ったことがありましたが・・乗ってわかる、ジムニーとはまったく別のクルマで、ジムニーの代わりにはならないということがよくよくわかりました。ハスラーが秀でているところは、内外のデザインと後席の広さでしょうかね。



20180331_03.jpg20180331_04.jpg

ジムニー 12か月点検 2018 

20180330_01.jpgジムニーを法定12か月点検に出してきました。作業時間はだいたい6時間ほどとのことで、代車も無料で出してもらえるとのことでしたので、昨日夕方、仕事帰りに寄って預けておきました。自分が購入したのは昨年8月のことですが、届出済未使用車でしたので(走行距離わずか4km!)、車検期日が3月30日なのです。購入時にはもちろん納車前整備があったので、それからまだ8か月しか経過しておらず、また先月には納車後6か月無料点検もありましたので、当然何の問題もなし。点検時にワイパーブレードリフィル(ゴム)の交換はサービスとなっていますのでこれを交換してもらいました。同じくエンジンオイル交換もサービスなのですが、先月の6か月点検のときちょうど交換時期が来たため先行して交換済み・・こちらは交換しなかった代わり、次回エンジンオイル交換時に使える無料チケットをもらいました。これで点検料金は一律10,800円・・お世話になっているのはメーカー直系のディーラーではなく、いわゆるモータースさんですが、ちょっと大きめの会社。シトロエンやルノーのディーラーとは違って点検料金はウンと安い。これだから国産軽自動車はありがたい。



【散財メモ】
10,800円:法定12か月点検(エンジンオイル交換、ワイパーブレードリフィル交換込)
計:10,800円

ソメイヨシノ開花 2018 

20180329_01.jpg昨日、滋賀県彦根地方気象台でもソメイヨシノの開花が宣言されましたが、勤め先に植えられた木のつぼみもだいぶ膨らんできていました。それが一夜明けて今朝、ちらほらという感じではなを咲かせている状態になり、そして午後にはもう六部から七分咲きぐらいにまで進みました。咲き出すと早い早い・・だいたい毎年、年度替わりでバタバタしているうちに散ってしまうのですがね。

尻ぬぐい 2018年3月28日 

20180328_01.jpg年度替わりの人事異動でオフィスレイアウトを変更しなければならないのはわかるけど、キャビネットロッカーをただ単に移動させるだけでは済まないことをいつになったら覚えていただけるのでしょうか?床面の微妙な傾斜はどこにでも、さまざまな方向と角度でついているので、少し移動させただけでも水平調整をしなければならないのに。調整しないとキャビネットロッカーがねじれて歪んで、扉が開かなくなることも初めての経験ではないはず。とかく「席替え」となるとテンション上がって張り切る人が多い職場なのですが、レイアウト図面まではきちんと作れるのに、仕上げが中途半端で雑。魂は細部に宿るというのに・・ものづくりをする者がそんなことでいいのだろうかと嘆かわしく思う季節がまたやってきた。

人が休んでいるときに働くということ 

20180327_01.jpg別に商店や飲食店をするワケではなくとも、人が休んでいるときでないとできない仕事もあるワケで・・運用中の設備や機器のメンテナンスは始業前か時間外か休み時間あたりでないとできないことが多くなります。仕方のないこととは言え、時に理不尽さを感じてしまうこともありますわな。作業を終えて「ありがとう」と言ってもらえればまだしも、行ったら嫌そうな顔などされた日には・・いったい誰のためにメンテナンスしてると思ってるのよ?と。別にアンタからお金もらってるワケでもないのにねぇ。

※冒頭の写真と記事の内容は関係ありません。

花粉症 2018年3月26日 

20180326_01.jpg20180326_02.jpg

昨日、実はチョイノリの手入れ以外にもクルマ2台を洗いました。よく晴れていて、長く洗車していませんでしたので、どうしてもやりたかったのです。目的は果たせて満足したのですが・・花粉の飛散が激しかったらしく、外での作業を終えた後は鼻水とクシャミ、目のかゆみが酷くて困りました。それは夜になっても、今朝になってもまだ続き・・苦しいだけでなく生活に一部支障をきたしてしまいます。一応は「塗るマスク」を鼻腔内に塗布していましたが、それだけでは足りなかったようです。今度からは暑くともマスクをして備えたいと思いました。

チョイノリ アイドリング調整 

20180325_01.jpg朝から非常によく晴れて暖かくなりました。そろそろチョイノリに乗れる季節になってきたということで、ちょっと調子を整えておこうということでメンテナンスを敢行しました。昨(2017)年9月下旬、バイク屋さんに依頼してキャブレターのオーバーホールをしてもらってからというもの、エンジンが吹けるようにはなりましたが、アイドリングが異様に高くて停車時は強くブレーキをかけていないと勝手に走りだしてしまうありさま。スタンドを下して発進するときもガツンと急に前へ行ってしまうので、事故につながりかねない・・本格的に乗るようになる前にこれだけは直しておきましょう、ということで。
【続きを読む】

三菱 エクリプス クロス 4WD 試乗 

20180324_01.jpg三菱 エクリプス クロスの4WDモデルを試乗してきました。先週は2WD(前輪駆動)モデルを試乗して、1.5Lターボエンジンのパワフルさを体感しましたが、本来の「ウリ」は4WDモデルのはず。ランエボ譲りのS-AWCが搭載されてどんな乗り味になるのか興味がありましたので試乗に行きました。土曜日の夕方、国道はちょっと混んでいて、試乗はあまりペースが上げられず残念でした。そんな中でも信号待ちで先頭になったときなどは加速を試してみたり、交差点でステアリング操作の味付けを見てみることぐらいはできるかな、と。

で、試乗を終えて・・ハッキリ言って、鈍重なだけのクルマという感じがしました。1週間ほど前に2WDモデルを試乗してパワフルなエンジンだと思いましたが、今日はまるで違う印象。重量差は70kgぐらいはありますが、成人男性1人分ぐらいが増えたからと言ってそこまで加速性能に影響を及ぼすのか?ともかく、もっと空いた道で試乗させてほしいもんです。

桁上げ 

20180323_01.jpg管理する数が増えて番号に10000番台を設けなければならなくなったのですが、それまでの番号は4桁でしたので前のひと桁「0」を入れた方がいいという忠告にピンと来ない人が管理者を務めているのが困ります。「数字なのだから桁が上がろうが大小関係は変わらないだろう」というのがその人の主張なのですが、現実にはその番号はテキスト(文字列)形式。しかも番号の頭には英字の記号が付いているというのに、それを含めた文字列だという認識ができないようです。たとえば「AB-9999」まできて新たに「AB-10000」というのができれば、大小関係では「AB-10000」が先頭に来てしまうということが、どうしても理解できない様子。最終的にEXCELやエクスプローラで並べ替えしてその事実が判明しても、なぜそうなるのかを理解できない・・「おじいちゃん」という年齢ではないのに、長年パソコン使って仕事もしているのに、その理由を説明してもなかなか理解できないというのは、たぶんもう一生、それは直らないと言うよりも、その機能がまったく備わっていないから学びようがないのかもしれません。

迷惑なことを 

20180322_01.jpg実はWindows Updateが原因と思われる障害発生が発覚して1週間ほどが経ちました。あるPCはネットワーク接続ができなくなり・・それが外部(インターネット)接続のみできないのであればまだいいのですが、社内LANですら接続できず完全に孤立してしまう個体は厄介でした。他にはWindows Update自動更新自体が途中で失敗し、再起動を繰り返す・・起動してWindowsログインしたら、また勝手に再起動してしまうという個体もありました。セーフモードで起動して原因のアップデートプログラムをアンインストールすれば解消できたのですが、知識のないユーザーは延々と繰り返される再起動に困り果てて連絡をよこすということになります。そのような事態が同時多発的に発生するものですから、対処に走りまわるのですがそちらは同時にできません。その間はネットワーク接続やPC自体を使用できず、業務に支障が出ることも・・これはハッキリ言って、「Microsoft公式サイバーテロ」なのではないでしょうか(汗。

※冒頭の写真と本文は関係ありません。

完全休養日 2018年3月21日 

20180321_01.jpg昨日、じんましんが出た原因がハッキリしたワケではありませんが、疲労やストレスなどが副次的な要素のひとつであることは否めませんから、休日の今日は大事をとって充分な休養をとることにしました。と言っても食べて寝て・・するだけなのですがね。おかげでじんましんは完全に治まりました。

ジンマシン 2018年3月20日 

20180320_01.jpg朝、普通に出勤して、午前中、普通に仕事して、昼食を摂っている間に異変を感じました。何やら胸から脇腹にかけて無性にかゆい・・掻きながら食べていたのですが、どうにも気になるので場所を移して服をはだけて鏡を見てみたら・・胸のあたりが真っ赤に!脇腹にはブツブツと発疹していましたが、胸のところはまるで薬品によるやけどを負ったかのような赤さ・・というので思い出したのが、5年ほど前に入院したとき、造影剤を点滴したときとエパデール(EPAサプリメント)を服用したときに出たアレルギー反応。あれにそっくりでした。あまりのかゆさと症状が気になりすぎて、もう午後は仕事にならないと思い、届を出して早退(午後半休)することにしました。

そして帰宅してからかかりつけの内科医に診てもらうことにしました。明日は祝日で休診、明後日は木曜日で休診・・今日を逃すと次に診てもらえるのは金曜日になってしまいます。もしひどくなってしまったら困るので(公立の大病院へ行くという手もありますが、待ち時間が長くてユウウツ)、今日どうしても診てもらいたかったので早退してきたということもあります。

で、診断の結果ですが・・いわゆる蕁麻疹(じんましん)でした。主治医からは「何か変わったもの食べましたか?」とたずねられましたが、とくにそういうこともなし。じんましんは食物アレルギー以外にも、疲労やストレスなど体力低下しているときに出ることがあるそうで、たとえばインフルエンザ発症と同時にじんましんが出るケースもあるそうです。しかしそんな疲れるようなこともしていないし・・

と、そこでふと思ったのが、食べた物について変わったものはありませんでしたが、行動については変わったことがひとつありました。一昨日の日曜日、使わなくなった缶スプレー式の塗料10本以上を廃棄するため、残った塗料を出してからガスを抜くという作業を3時間ほどやったのでした。その間、マスクと保護メガネを装着していたとはいうものの、溶剤成分はふんだんに吸い込んでいたことでしょうし、少々の疲労はあったはず。もしかして溶剤に対するアレルギー反応が後から出たとも考えられるか・・そう言えば今朝、その処理した空き缶を片づけるのに再び溶剤のニオイを嗅いでしまいましたしね。

ともあれ、かかりつけ医で点滴(おそらく抗アレルギー剤)を1本打ってもらい、抗アレルギー内服薬のアレグラとステロイド系のとんぷく薬を処方してもらいました。点滴を打ってもらっている間はかゆみが治まっていましたが、薬局での待ち時間30分ほどの間にまたかゆみが復活・・夕食後にアレグラを飲んで様子を見ている状況です。少しはマシになっていたかな?という感じですが、とりあえず明日は休日なのでゆっくり静養したいと思います。

C5 サマータイヤ装着 2018春 

20180319_01.jpgシトロエンC5、スタッドレスタイヤからサマータイヤに交換しました。例年3月終わり頃か4月初め頃まで「最後の雪」を警戒してスタッドレスタイヤで過ごしますが、今シーズンは2週間ほど早くサマータイヤに交換しました。滋賀県ではさすがにドカ雪が積もることもなさそうですし、少し降って薄っすら積もったとしても今はジムニーがあります。そのジムニーもサマータイヤに交換済みではありますが、一応はM+S(マッド・アンド・スノー)のオールシーズンタイヤ扱いですがら、まぁまぁ通勤程度なら何とかなるでしょうし、違反にもならないということで。

何より、C5のサマータイヤ換装を早める決意に至ったのは、スタッドレスタイヤの寿命を感じたからです。4シーズン目のピレリ-のスタッドレスタイヤ、雪上性能はまぁそれなりにいけそうなのですが、2月の岡山旅行で凍結した登り坂でまったくグリップしてくれなかったことと、瀬戸大橋の横風に持ちこたえられずフラフラして緊張を強いられたことが決め手となりました。横風については瀬戸大橋特有の現象かなと思っていたのですが、先週、伊勢湾岸自動車道でも同じ症状が出ましたので、これはもう間違いなくタイヤ性能が低下しているのだなと確信したワケです。

低くて広い車体を持つC5は本来、横風にもかなり強いクルマで、盤石の直進安定性をもってドライバーに安心をもたらしてくれるはずなのですが、あれでは持ち味がまったく活かせません。1年前に新調したばかりのサマータイヤに一日も早く交換したい気持ちになったのはわかっていただけると思います。今年(2018年)8月に13年目の車検を迎えるC5をどうするかまだ決めていませんが、とりあえずは安心して使い倒せるコンディションにはできました。

※写真はスタッドレスタイヤ装着時期のものです。



【散財メモ】
2,000円:タイヤ交換(脱着)

抹茶スイーツ苦手な人 

20180318_01.jpg20180318_02.jpg

ひさしぶりに姪っ子たちがわが家へやってきたので、何かお菓子をと思い抹茶味のシュークリームを買って帰りました。近頃は抹茶スイーツがブームということもあり、また自分も嫌いではないこともあったので、普通のカスタードクリームのものではなくわざわざ少し高い抹茶味のを選んだワケですが・・何と姪っ子たちは抹茶味が苦手だとのこと。それもそのはず、彼女らの母親(=私の妹)も抹茶嫌いなんだそうで(苦笑。ちょっと気を効かせすぎましたね。

ジムニー ホイール新調 Off Performa RT-5N 

20180317_01.jpg昨年8月にジムニーを買って7か月あまり。その間、11月上旬には早くもスタッドレスタイヤを新調、履き替えてひと冬を過ごしました。何度となく積雪のある山へスノーアタックに行ったりして楽しませてもらいましたが、3月になってもう降る気配もなさそうということで、サマータイヤに履き替えることにしました。しかし、スタッドレスタイヤを購入したときに純正装着されていたアルミホイールはそちらに組み替えてもらいましたので、自宅に残っているのはタイヤのみの状態・・ということで、サマータイヤを組み込むアルミホイールを新調しました。
【続きを読む】

ぜっしゃか! 1巻 

20180316_01.jpg女子高生が「旧車」を直して、乗って、楽しんじゃう!!

・・オビにはそういうフレーズが書かれていますが、そういう設定のマンガです(笑。女子校の中に旧車をレストアする学科があって、基本的にはそういった車や整備が好きなメンバーがそろっている中に、ひとりだけド素人が入ってくるという・・まぁ「けいおん!」的な、現実にはありえないだろ的な展開ですかね(苦笑。そうであっても嫌いじゃないですし、旧車の作画とか情報とか出てくるのが見たいので買いました。

三菱 エクリプス クロス 試乗 

20180315_01.jpg20180315_02.jpg

三菱自動車から久方ぶりに発売された新型車、エクリプス クロスを試乗してきました。発表前からかなり話題になっていましたので、それが一体どれほどのものなのか?知りたくなっていました。加えて最近は四輪駆動のSUVに興味を持つようになって、つい先日もスバルXVを試乗したばかりです。スバルXVとはおそらくライバル関係になるであろう三菱 エクリプス クロスとはどんなクルマなのでしょうか?
【続きを読む】

信州小諸への旅 2018年3月 帰路編 

20180314_01.jpg一泊二日、小諸をはじめとする信州への旅もこれで最終回です。善光寺を参詣した後ですので、長野駅から特急ワイドビューしなのに乗車します。前夜、呑みすぎたこともあり朝食は抜いてしまいましたし、昼食は移動しながらコンビニおにぎりを二つ食べて、手持ちのチョコレートおやつに食べただけ・・さすがにおなかが空いてきましたので、しなの乗車前に駅弁を買い込みました。
【続きを読む】

善光寺へ行ってきました 

20180313_01.jpg「牛に引かれて善光寺参り」の故事や、「一生に一度は善光寺参り」という文句で有名な善光寺。同じようにお参りをすすめられる伊勢神宮へは何度か行った経験はありますが、善光寺には行った経験がありませんでした。ならばこの機会に一度、お参りに行ってみようと思いました。
【続きを読む】

長野電鉄 初乗車 

20180312_01.jpg上田城を見学してから上田駅に戻り、ふたたび北陸新幹線を使って長野まで移動しました。上田-長野間には途中駅なし。わすか一区間のみの乗車ですが、それでも移動時間の大幅な短縮になり・・ということは、観光地を見て回れる時間が増えるということになるワケです。そして長野駅で改札を出て、長野鉄道線に乗り換えです。

【続きを読む】

シトロエン志都呂ミーティング 2018 

20180311_01.jpgシトロエン志都呂ミーティング(CCM)2018に参加してきました。会場は静岡県浜松市志都呂町・・浜名湖のそばにある町の名前、志都呂(しとろ)にちなんで開催されている、シトロエン、フランス車、イタリア車を中心としたミーティングです。2005年から開催されているそうで、自分も何度となく耳にしたことはありましたが、地元滋賀からそれなりの距離もありますので、これまで一度も参加したことはありませんでした。このCCM、2012年からしばらく途絶えていたようですが、今回6年ぶりに復活されるとのことで、行ってみることにしました。
【続きを読む】

上田城へ行ってきました 

20180310_01.jpg長野県小諸市から始まった東信地方の旅。軽井沢から新幹線でトンボ返りしてきて上田で下車したのは、上田城へ行きたかったためです。東信でお城めぐりと言えば、何と言っても小諸城と上田城でしょう。なかなか来るところではありませんから、絶対に外せないポイントでした。
【続きを読む】

北陸新幹線 初乗車 

20180309_01.jpgしなの鉄道線を軽井沢まで全線完乗を果たした後、また反対の長野方面へ移動するのですが、小諸で1本乗り遅れたことによって時間的余裕が減ってしまい・・そうなると削れるところは削りたい。と言うことで、しなの鉄道線と並行している新幹線を使うことにしました。この新幹線というのは北陸新幹線・・少し前までは長野新幹線と呼ばれていた路線ですね。北陸(長野)新幹線、初乗車です。
【続きを読む】

しなの鉄道線 全線完乗 

20180308_01.jpg前日、JR篠ノ井駅からしなの鉄道に乗って小諸まで来たワケですが、さらに東へ・・軽井沢まで路線は延びています。小諸から軽井沢までは列車本数が少なくなうようで、この日、乗ろうとしていた列車にわずか1分ほど乗り遅れてしまって、40分も待つことになったのでした。
【続きを読む】

小諸ナイト 

20180307_01.jpg長野県小諸市への旅、ホテルは素泊まりプランで予約しましたので、食事は自分で手配しなければなりません。夕食は最初から外食にするつもりでしたので、タクシーに乗ったとき運転手さんに飲食店情報を聞いてみたのでした。その中で一番と言われたお店へ、すすめられるままに行ってみることにしました。
【続きを読む】

小諸城へ行ってきました 

20180306_01.jpg小諸なる古城のほとり雲白く・・

小諸と言えば島崎藤村の歌を思い出します。小諸へ行くと決まったときから、小諸城を必ず訪れようと心に決めていました。なので宿泊先も城跡からいちばん近いホテルを選んだのです。
【続きを読む】

信州小諸への旅 2018年3月 往路編 

20180305_01.jpg2018年3月2日(金)、長野県小諸市へと行ってきました。信州旅行と言えば毎年、晩秋の頃に車山高原へマイカーを運転していくワケですが、今回は諸事情により鉄道の旅でした。諸事情により、などと言うとイヤイヤな感じに取られがちですが・・実はとても楽しみにしていたのです。何せ鉄道を使って信州入りするのは初めてのことですからね。
【続きを読む】

完全休養日 2018年3月4日 

20180304_01.jpg2日間の長野旅行を終え、日曜日の今日は完全休養日です。昨日帰ってきたときも、今朝起きたときも、少しは疲れがありましたが、そう酷いものではありませんでした。しかしお昼が過ぎ、14時、16時と進むにしたがって、全身の倦怠感がジワジワと強まっていきました。夜にはまた回復してきましたが、どうも疲れが遅れてやってくる・・その遅れ時間は15~16時間あたりのようです。2日後に出るというような時期も数年前にはあったのですが、それに比べればまだマシか。

長野県から帰ってまいりました 2018年3月3日 

20180303_01.jpg昨日、長野県小諸市で一泊して、今日はちょっとだけ寄り道をして、また5時間半かけて電車で地元滋賀まで帰ってきました。長野県と言えばいつもフレンチブルーミーティング(FBM)で車山高原を訪れる際には車を運転して・・しかし今回は初めての鉄道行。楽しくはありましたが、人生初の在来線特急は正直言って疲れました。とくにワイドビューしなのでの中央本線区間は、カーブが多いのと振り子式列車のゆったりとした揺れが重なって乗り物酔いしそうでした。それはリラックスして居眠りするぐらいの感じなら大丈夫なのですが、本を読んだりスマホの画面を見たりするとダメでした・・次回もし乗るとしたら、スマホや読書以外のヒマつぶしを考えなければなりませんね。新幹線車両がいかに揺れが少なく済んでいるかということを、在来線特急に乗ってあらためて感じることができました。

長野県へ来ております 2018年3月2日 

20180302_01.jpg今日は仕事で長野県小諸市まで来ております。電車に揺られて5時間半(乗り換え待ち時間含む)。在来線特急に乗ったのはおそらく人生初。小諸という土地も初めて訪れました。何せ移動時間が長いため、今日は小諸で一泊。夕食はタクシーの運転手さんに教えていただいた駅近くの居酒屋さんへ・・すると常連のお客さんと話が弾んで、「次もう一軒、行きましょう」と、スナックへ連れて行ってもらいまいした(笑。楽しいひとときでした。明日また5時間半かけて地元滋賀へと帰ります。