C5 ラストシーン 

20180717_01.jpg2018年8月2日で車検が切れるシトロエンC5。今度こそもう手放す覚悟を決め、昨日(7月16日)の夜、C5の面倒を見ていただいていたディーラーさんに引き取りにきていただきました。冒頭の写真はその数時間前、日暮れ前に撮ったものです。C5には丸4年乗りました。2014年7月の暑い日、C5の前に乗っていたC2が路上で立ち往生してしまいました。半年しか乗らなかったC2に変わって足グルマとしてやってきたのがC5でした。自分にとって初所有のハイドロシトロエン。それはもう何もかもが新鮮で、安楽な乗り心地も相まって遠出にもよく駆り出しました。

しかし9年落ち、走行9万1千kmでやってきたC5は、それなりにトラブルもありました。オーディオスピーカーの断線は最後まで完全解決しませんでしたし、カーナビ(のオーディオ)の誤動作もありました。いちばん問題だったのはATギアボックス・・Dレンジで発進しようとしているのにクラッチが繋がらず、アクセルペダルを少し踏み込んだところで急に繋がってガンッという衝撃が来るという心臓に悪い症状が三度、四度とありました。遠出した先でそれが出たときなどは、もう不安でしかありませんでしたし。あとはちょうど一年前、ブレーキキャリパーが戻らなくなってしまったこと・・それまでの半年間にエンジンオイル漏れも修理していましたし、タイヤを新調したばかりではありましたが、もうあきらめて乗り換えようと思い、ジムニー購入に至ったワケです。

結局そのときも修理して今日まで乗り続けてしまったワケですけどね。しかし最近またATのクラッチが繋がらないことがありましたし、エアコンの冷房が時々効かない・・おそらくコンプレッサーの故障・・も頻度が上がってきていますので、ここで十数万円かけて車検を通しても、今後の修理代が嵩みそうです。別のフランス車専門店にも買い取り相談に行きましたが、案の定、ゼロ査定。処分費はサービスで引き取ってもらえるだけでもありがたいと思うことにします。ネットオークションやフリマアプリなんかで売るとか、知り合いにタダで譲り渡すことも考えなくはありませんでしたが、後が面倒そうなので潔く終わらせることにしました。

ということで今後しばらくは、メガーヌとジムニーの2台体制でいくことにします。このままC5を持ち続ければ必要になる予定だった車検費用、任意保険料、修理代などは残った2台に手を入れることに使いたいと思います。MTで乗り心地があまりよくない2台になってしまいますので、ATで安楽なクルマが欲しくはなりますが、しばらくこれで頑張ります。

新型 ジムニー 4AT 試乗 

20180716_01.jpgようやくと言うか、満を持してと言うか・・新型ジムニーの4AT仕様に試乗できました。これで軽自動車ジムニーの5MTと4AT、小型登録車ジムニーシエラの5MTと4ATと、エンジン・ミッションのパターン4種類をすべて試すことができました。こんなふうにいろいろなパターンを試せるのはジムニーという車種であるがゆえと、デビュー直後で試乗車が豊富に用意されているから・・今だからこそできる体験なのです。
【続きを読む】

西尾維新 大辞展 京都篇へ行ってきました 

20180715_01.jpgメガーヌを整備に出すのに京都市内のルノーディーラーさんへ行き、代車でそのまままっすぐ帰ってくるのももったいない。何か美術展でもやっていないものか、と探していたのでした。すると京都文化博物館にて「西尾維新 大辞展 京都篇」というのが開催されていることを知りました。京都文化博物館という施設に行ったことがなかったので調べてみると、烏丸御池あたりにあるということ。今はちょうど祇園祭の期間中・・渋滞が予想され市内の道路をクルマで走ることには気が引けましたが、祭の中心に近づかなければ大丈夫だろうと、意を決して向かったのでした。
【続きを読む】

ジムニー エンジンオイル交換 2018年7月14日 

20180714_01.jpgつい先日、ジムニーの走行距離が7,000kmに到達、前回のエンジンオイル交換から3,000kmに到達しましたので、また交換してきました。前回同様、MOTUL H-TECH 100 PLUS 5W30 SM/CFを投入・・5,500円ほどかかるところですが、12か月点検のときエンジンオイル交換を1回キャンセルしていた分を無料チケットでもらっていましたので、それを使って(ディーラーさん指定オイルとの)差額を払っての交換でした。そしてエンジンオイルエレメントもまた交換・・これも2回連続ですが、マイクロロンを使うと入れた直後はオイルが汚れやすいと聞きましたので、念のために交換です。しかし軽自動車というのは、より排気量の大きいクルマよりエンジンオイル交換が大切なのかもしれません。交換による効果がより感じられるように思います。ガサツな音が減って滑らかに回っている感じがします。

※冒頭の写真はディーラーさんに入荷した新型ジムニー

厄災日 2018年7月13日 

20180713_01.jpg今日は勤め先でPCが2台故障するという厄災日でした。まずは朝礼後まもなく、「パソコン立ち上がらへんから見て」と。見てみるとOS起動する前の段階で止まってしまっています。しかもBIOS設定や起動順序を選択する画面すら出せていない状況・・これはもうマザーボードがダメになっているに違いない。かなり古いシ○クパッドで、WindowsXP機。使用者はすでに新しい(4月に下したばかりの)Windows7機を持っており、業務に支障は無いはずなので「もうあきらめましょう」と提言してあげました。実はそのセブン機に乗り換えるのに猶予が欲しいとXP機をやめるのを引きのばしてきた「問題児」でしたので、今回の故障はこちら側にとっては「渡りに舟」だったワケです。HDDを取り出してユーザーデータをサルベージして作業完了としました。ここまではよかったのです。

この起動不能PCの対処をしている最中、同じオフィス内に何やら擦るような金属音が・・その音のする方に近づいていってみると、それは勤怠管理用として常時運転しているノートPCでした。経験上、これはHDDのベアリングがイカレる寸前の音だとすぐにわかrましたので、あわててシャットダウンしようとしたところでブルースクリーン・・HDDを取り出してボリュームコピーを試みましたがI-Oエラーが出て不可能でした。仕方がないので別のHDDと換装してOSクリーンインストール。最小限のドライバとウイルス対策ソフトをインストールして、とりあえず使える状態まで持ってきて今日はここまで。幸いにもユーザーデータが残るような使い方をしていない個体でしたので、あとは必要なソフトウェアをインストールすればいいでしょう。空調の効いた室内なので厳しい暑さで故障にい至ったとは考えにくいので部品の寿命だと思いますが、トラブルは突然やってくるものなので困ってしまいます。おかげで今日は予定していた仕事はすべて後日まわしになりました。

新型ジムニー カタログ届く 

20180712_01.jpg20180712_02.jpg

新型ジムニーのカタログが今週月曜日(2018年7月9日)に届きました。事前の公式発表の日(2018年6月18日)にスズキのカタログ請求WEBサイトで予約しておきました。「発売日に発送します」とのことで、首を長くして待っていたのですが・・結局4日後になってしまいました。間に土日を挟んだのでディーラーへ直接行ってみたのですが、小型登録車ジムニーシエラのカタログは残っているところもありましたが、軽自動車のジムニーはかろうじて1部、奇跡的に手に入ったのみ。アクセサリーカタログにおよんではどちら用のもまったく手に入りませんでした。注目度が予想以上に高かったのと、メーカー・ディーラーが読みを誤ってしまったことの両方だと思いますが、需要と供給のバランスが完全に崩れてしまった状況ですね。実車の納期もジムニーが半年待ち、シエラが1年以上待ちとの観測・・それを聞いて「ハスラーでいいや」となる人もいるんでしょうかね?まぁ自分にはJB23がありますから何の問題もないワケですが。

ジムニー 7000km 

20180711_01.jpg通勤のメインに使うようになってから走行距離が伸びるのが早くなりました。6,666kmのゾロ目からまだ10日ほどですが、今度はキリ番の7,000kmに到達しました。いつものことではあるのですが、トリップメーターの100メートル単位まで合わせるのはなかなか難しいです。タイミングを見逃さなかったとしてもうまく路肩に停められる状況とも限りませんしね・・クルマで100メートルなんてあっと言う間ですから。今回は朝の通勤であと400メートルのところまで来ていましたので、帰りがけ表通りに出るまでの交通量がほとんど無い脇道で撮影することに成功しました。走行1万kmまでは頻繁にゾロ目とキリ番が訪れますが、それ以降は間隔が空いてくるのでウッカリ見逃しがイタいことになります。

新型 ジムニー シエラ 5MT 試乗 

20180710_01.jpg事前の検索で滋賀県内に1台しか置いていないと知った新型ジムニー シエラの試乗車。それは4ATのみでしたが、それしか無いので仕方なく乗りに行きましたが、予想とは裏腹に印象はかなりいいものでした。その後、メーカー系の大手ディーラーのさらのに別の店舗へ移動しました。カタログをもらうためです。で、次に行った店舗にも、目的のカタログはありませんでした。しかし・・他のお客の試乗を終えて帰ってきた試乗車を見て驚きました・・シエラだ。人気のジャングルグリーンのそれの写真を撮りに近づいてみると・・5MTだ!事前の検索のときにはまだ用意されていなかった新型 ジムニー シエラの5MT車がここにある!
【続きを読む】

新型 ジムニー シエラ 4AT 試乗 

20180709_01.jpg軽自動車のジムニー5MTを試乗したのとは別の店舗(別の会社)で、小型登録車の新型ジムニー シエラの試乗車が用意されていることを知ったので、こちらは予約など無しで飛び込みで行ってみました。県内に何店舗も構えるメーカー系ディーラーではなくて、いわゆるモータースさんでスズキアリーナの看板を掲げておられる会社さんということで、過去にもまったくお付き合いなくてちょっと気が引けたのですが、逆に話題の新型車が出たこういうときだからこそ思い切って行けるかなと。で、試乗車が4ATであることも知ってはいたのですが、滋賀県内にシエラの試乗車はこれ1台切りだと試乗車検索で出てきましたので、それを見に行くしかないかなということで。
【続きを読む】

新型 ジムニー 5MT 試乗 

20180708_01.jpg一昨日、新型ジムニーの発売日(2018年7月5日)の翌日、地元滋賀県のスズキディーラーのWEBサイトで試乗車検索をしてみたところ、県内で唯一、1台だけ5MTの試乗車を用意している店舗を見つけました。自宅最寄りではなく25kmほど離れたところの店舗なのですが、以前にスペーシア カスタム ターボやアルトワークス5MTの試乗に行ったこともあるところで知っていましたので、試乗予約しておきました。WEBでの試乗予約は最短でも翌翌日・・ということで、今日、昼食後に行ってきました。
【続きを読む】

ダイハツ ミラ トコット 試乗 

20180707_01.jpgつい最近発売されたばかりのダイハツ ミラ トコットを試乗してきました。廃番となったミラ ココアの事実上の後継車で、ボディカラーの設定やら吉岡里帆さんをイメージキャラクターに採用したTVCMなどを見る限り、ターゲットは若い独身女性であろうことは想像がつきますが、シンプルで、ちょっと古めの欧州の大衆小型車を思わせる外観デザインなど、シックなボディカラーを選べば自分のっようなオッサンが乗ってもおかしくは見えないのではないかと思い、今後の乗り換え候補のひとつとして試してみたいと思ったのでした。
【続きを読む】

大雨続き 2018年7月6日 

20180706_01.jpg今日は滋賀県内のJR線が始発から終日運転見合わせとなりました。琵琶湖線(東海道本線)、北陸線、湖西線、草津線、すべて運休だなんて・・台風でも大雪でもここまで全面ストップは、自分の記憶の中にはありません。滋賀県内の雨量はそれほどでもなかったのですが、JRは北陸線の福井県敦賀から兵庫県姫路まで直通運転しますから、途中で止まったりしたら混乱するだけ・・つい先日も立ち往生した列車にたくさんの乗客が長時間、留め置かれましたからね。同じことが繰り返されると激しい非難に晒されますし、行き場を失った大勢の人が駅にあふれて混乱をさらに拡大させてしまいます。だったら遅れが出ることがわかっている今回のようなケースでは、前日のうちから運転見合わせを、しかも始発から見合わせを発表してしまえば、駅に来ること、列車に乗ることを諦めるでしょうから混乱は少なくて済む。リスク管理としては至極真っ当なやり方だと思います。しかし公共交通機関が、しかもJRがそれをやってしまうと、生活基盤が失われてしまうんですよね。現に大雨が降っているところは仕方ないとしても、全然大丈夫な滋賀県内をまったく動けなくしてしまうというのはいかがなものでしょうか。まぁ自分は自動車通勤なので何の問題もありませんでしたが。

新型ジムニー発売 

20180705_01.jpg2018年7月5日、いよいよ新型ジムニーの発売日を迎えました。軽自動車のジムニーはJB64、小型登録車のジムニー・シエラはJB74という型番なんだそうです。約1年前、今となっては旧型となってしまったジムニーJB23型を購入したディーラーへ新型のカタログをもらいに仕事帰りにいきました。しかし、もらえませんでした。その店舗にはわずか5部しか届かなかったそうで、発売前に予約購入したお客さんへ優先的に回したとのこと。仕方がないので店頭用に確保されていた1部をその場で見せてもらいました。自分がジムニーを買ったディーラーは二次販売店・・いわゆるモータースさんの大きい版みたいなところなので、新車はメーカー直系のスズキ自販系列から仕入れるみたいです。だからカタログも試乗車も、直系のところよりは後回しになりがち。仕方ないですね。

今日は午前中からスズキのWEBサイトも更新されてジムニーの詳細情報も明らかになっていましたので、おおまかなことはすでにわかっていました。装備面の目玉はブレーキLSDシステムでしょうか。JB23はオープンデフのため、対角スタックを起こすとにっちもさっちも行きません。それが今回の新型はおそらくスムーズに抜けだすことができるでしょう。これが搭載されるとは思っていませんでしたので驚いたのですが、よくよく考えてみれば真っ当な採用だったんですね。先代のJB23には横滑り防止装置が装備されていませんでしたが、今年(2018年)3月以降はこれが装備されていない新車を販売してはいけない法律になったはずですから、それをクリアするために横滑り防止装置を装備すれば、電子制御で4輪個別にブレーキをかけることができるようになり、すなわちブレーキLSDとなるワケですから。

あとは今回のモデル、小型登録車のジムニー・シエラのデザインがいいですね。先代のJB33・JB43は「ちょっと太ったジムニー」・・間延びしたような印象のデザインであまり魅力を感じませんでしたが、今回の新型はシエラこそが本流で、軽のジムニーが「ナローモデル」なのではないかと思えるほど、シエラのデザインバランスがよく見えます。エンジンも排気量が1.3Lから1.5Lに拡大されて、より走りやすくなると想像できます。いずれにしてもジムニー買ってまだ1年、JB23のデザインが好きであえて最終型を買ったのですから、新型をすぐに買うことはないワケですが、とりあえず試乗はしてみたいですね。今日、残念ながらカタログをもらうことはできなかったいつもお世話になっているディーラーさん、軽自動車のジムニーJB64と小型登録車のジムニー・シエラJB74ともに試乗車用にオーダーを入れてあるそうです。しかもそれぞれ5MTと4ATを1台ずつ! 4パターンを乗り比べることができるお店はなかなか無いのではないでしょうか。楽しみです・・いつになるかわかりませんけど。

サンパツ 2018年7月4日 

20180704_01.jpg仕事帰り、サンパツに寄ってきました。本当は明日行くつもりでしたが、よくよく考えてみると明日は新型ジムニーの発売日。さっそくディーラーへカタログをもらいに行きたい。しかしサンパツに行っていては閉店時間を過ぎてしまう。だったらサンパツは今日のうちに行っておいて、明日はゴジハンダッシュでスズキ車ディーラーへ向かうのが良でしょ。そんなワケで今日は急きょサンパツへ。ひとり先客がいたので1時間ぐらい待つことになってしまい、終わりも遅くなりましたが、とりあえずミッション完了。明日は心おきなくスズキ車ディーラーへ行けます。

火曜は早起き 

20180703_01.jpgサッカーワールドカップ日本代表の試合、決勝トーナメント1回戦は日本時間で早朝3時開始。平日なのでさすがにテレビ観戦も無理だなと思って昨夜は普通に寝ましたが、今朝はたまたま4時すぎに勝手に目が覚めてしまい、テレビをつけてみると後半10分ほど経過、2-1で日本代表が勝っているではありませんか。このまま守りに入れば勝てる?と思いましたが・・そこは世界ランキング3位のベルギー、立て続けに2点を奪われ同点に。このまま延長戦かと思った後半終了直前、3点目を奪われ万事休す。朝から少し興奮してしまいましたよ。普段はサッカーの試合を見ることもない自分ですが、これは見ごたえある試合でした。

13年1か月経過 

20180702_01.jpg6月が終わり、今年2018年もすでに半分が過ぎてしまいました。何と早いことでしょう。山へジムニーでスノーアタックに行って、深雪にハマって動けなくなったり、5年ぶりにインフルエンザに罹ってしまったり、備中松山城の雲海撮影にチャレンジして岡山・香川を旅したり、信州へ出張したり、三菱エクリプスクロスに4回も試乗したり、恒例の東京旅行をしたり・・そうしているうちに半年が経ちました。あっという間だったと思いましたが、こうして振り返るといろいろあって、時間も経っているのだなと思います。それでは6月の様子を振り返ります。
【続きを読む】

検定試験 2018年7月1日 

20180701_01.jpg自己啓発の一環で毎年度、検定試験をいくつか受験しています。今年度は「ビジネス実務法務検定」という試験にチャレンジしていまして、前期試験の今回は3級を受験しました。実は最初、2級と3級を併願して同じ日に受験しようと考えていました。3級はなんとかなるだろうから、2級は試験内容と感触をつかむために受けて、不合格だったら半年後の12月、後期試験で合格できればと。しかし、3月下旬に発売された今年度版の参考書を買って勉強を始めて唖然としました。これ3級でも結構難しいかも・・そりゃ法学部を出ているような人なら初歩的な知識だと鼻で笑われるかもしれませんが、そちら方面にあまり経験の無い自分にとってはナカナカの難物だと感じました。2級・3級併願という方針を修正して、今回は3級に専念して確実に合格を勝ち取ろうと。で、4月から6月まで3か月間それなりに勉強して、参考書の例題はほぼマスターできて試験は楽勝だろうとタカをくくって今日の試験会場に向かいました。フタを開けてみたらいきなり苦戦!参考書の過去問や予想問題には出ていなかった事柄も結構出てきて焦りました。2時間の試験時間もほとんどフルに使いきってしまう状況・・まぁ余裕ではありませんが、なんとか合格にはなるのではないでしょうか。この感じで2級併願は厳しかったと思いますので、これから12月の後期試験までの間にせいぜい学習を進めておきたいと思います。