FC2ブログ

とさでん交通 路面電車に乗ってきました 

201902SKK_1601.jpg2019年2月 四国の旅、最終の4日目。朝から高知城へ登城してきました。これで現存12天守のうち四国の3城をすべて巡ることができましたので、旅のいちばんの目的は達成できました。しかしこれで高知を後にしてしまうのは名残惜しかったので、少し街を徘徊してみることにしました。と言っても歩くのは億劫なので・・前日から何度も目にしている路面電車に乗ってみることにしました。今回の旅で最初に立ち寄った松山では時間の都合で路面電車には乗れずじまいでしたので、今度こそはと。
【続きを読む】

高知城へ行ってきました 

201902SKK_1501.jpg2019年2月 四国の旅、最終の4日目。現存12天守の城めぐりとしては3城め、すべての城めぐりとしては5城めとなる高知城です。今回の旅の城めぐりもこれが最後。高知駅からは少し距離がありますが、前夜に宿泊したホテルからは歩いてすぐ。そのホテルはチェックアウト後も11時まで駐車場を使わせてもらえたので、お城に入れる9時から出かけて1時間半ほどじっくり見て回りました。石碑にある「国宝」というのは戦前のものだと思われ、現在で言うところの重要文化財ですかね。
【続きを読む】

高知の夜 2019年2月 

201902SKK_1401.jpg岩間、勝間、高瀬、三里、佐田、一斗俵と、四万十川に架かる6つの沈下橋を巡った2019年2月の四国の旅 3日目は高知市内に宿泊しました。高知随一の繁華街 はりまや橋に近いところにホテルを取りましたので、夕食はクルマと荷物を置いて歩いて出ました。
【続きを読む】

一斗俵沈下橋 

2019SKK_1301.jpg2019年2月 四国の旅、3日目の予定は四万十川に架かる沈下橋めぐり。5か所めは河口にいちばん近くていちばん長い佐田沈下橋へ行きました。次はしばらくクルマで距離を走ることになりましたが、少し上流へ行って・・四万十川は曲がりくねっているので、河口と上流が意外と接近している箇所がある・・6か所めの一斗俵沈下橋へ。
【続きを読む】

佐田沈下橋 

201902SKK_1201.jpg2019年2月 四国の旅、3日目の予定は四万十川に架かる沈下橋めぐり。4か所めの三里沈下橋はもともと行く予定をしていなかったのですが、次へ向かう四万十川沿いの県道が工事通行止めで引き返す途中でその存在に気が付いて立ち寄ったのでした。で、5か所めはその工事通行止めの県道では行けなかった佐田沈下橋。国道に戻って走ってわかったのですが、こちらのルートのほうが安全で早く行けたという結果でした(苦笑。スマホのナビはどうも余計な案内をしてくれるようですが、おかげで三里沈下橋を見ることができたので結果オーライとします。
【続きを読む】

三里沈下橋 

201902SKK_1101.jpg2019年2月 四国の旅、3日目の予定は四万十川に架かる沈下橋めぐり。3か所めの高瀬沈下橋ではこれぞ!という印象の、幅が少し狭い沈下橋を、その前の勝間沈下橋よりもさらに緊張して幅広なメガーヌで渡りました。そして4か所め・・実は佐田沈下橋へ行こうとスマホのナビに従って国道から逸れて川沿いの県道に入っていたのですが、途中でなんと工事中通行止めになってしまいました。ガードマンの方に道を尋ねたところ、来た道を戻って元来た国道で進めば行けるということ。仕方がないので川沿いの県道を戻り始めたのですが、その途中で「三里沈下橋→」みたいな案内看板を見つけました。元は予定していなかった沈下橋ですが、これも何かの縁ですから見て行こうと脇道へ入っていったのでした。
【続きを読む】

高瀬沈下橋 

201902SKK_1001.jpg2019年2月 四国の旅、3日目の予定は四万十川に架かる沈下橋めぐり。2か所めの勝間沈下橋ではじめてクルマで渡ることができました。そこからクルマで10分ほど走ったところに次の高瀬沈下橋がありました。ここも四万十川沿いの国道からクルマに乗ったままでは沈下橋を見ることはできませんが、大きな看板が立てられているので側道への入口はすぐにわかります。
【続きを読む】

勝間沈下橋 

201902SKK_0901.jpg2019年2月 四国の旅、3日目の予定は四万十川に架かる沈下橋めぐり。最初に訪れた岩間沈下橋は残念なことに橋げたが一部落ちてしまって、渡ることも近づくこともできませんでした。そして次に向かったのはクルマで40分ほど離れた勝間沈下橋。ここは川沿いの国道から見晴しもよく、橋の損傷も見られませんでした。しばらく上からあたりを見回していたのですが、時おり橋を渡るために側道へ下りていく車両も見られました。

【続きを読む】

岩間沈下橋 

201902SKK_0801.jpg2019年2月 四国の旅、現存12天守の城めぐりに次いでの目的がありました。それは四万十川に架かる沈下橋(ちんかばし)を見てまわることでした。欄干の無い沈下橋は高知県や四万十川以外にも全国にあり(一級河川とその支流だけで410か所!)、高知県内の一級河川に架かる沈下橋だけで69か所あるそうなのですが、四国を旅するなら特に有名な四万十川の沈下橋を見ておきたいなと思ったワケです。
【続きを読む】

宇和島の夜 2019年2月 

201902SKK_0701.jpg湯築城、松山城、大洲城、宇和島城と1日に4城を巡って足腰がクタクタに疲れた状態ではありましたが、宇和島の市街地の外れの方にあるホテルから少し歩いて中心部へ向かいました。夕食のお店をホテルでリサーチしていたのですが・・なんと前日の夜、松山で行った「かどや」というお店の本店が宇和島だということをここで初めて知ったのでした。だったら宇和島でこそ、かどやへ行くべきか、いやいや、チェーン店なのだったら、2日連続で行くことはないよな、と。そして他をあたっていたところ、よさそうなお店を発見しました。大衆割烹 ほづみ亭・・ネットに上がっている評判も上々でしたし、チェーンではないお店なら地元の常連さんもたくさん行っているところかもしれないと、ワクワクしながら向かいました。それにしてもこの日は寒かった・・四国の宇和島あたりは南国のイメージが強かったのですが、結構冷え込みました。
【続きを読む】

宇和島城へ行ってきました 

2019SKK_0601.jpg2019年2月 四国の旅、現存12天守の城めぐりとしては2城め、すべての城めぐりとしては4城めとなる宇和島城です。ここは藤堂高虎の縄張りによる名城ですが、同じ愛媛県にある松山城のような一般観光客であふれかえるような感じではなく、ひっそりとしていて(来たのが平日の夕方ということもあってか)、城好きにとってはむしろその方が好ましい雰囲気です。
【続きを読む】

チョイノリにちょい乗り 2019年2月17日 

20190217_01.jpgバイクに乗るにはまだまだ寒い季節ですが、自治会の会合のためすぐ近所までの往復なら乗って行けます。往復で1kmもあるかないかぐらいですが、昨年4月以来の公道走行。クルマを洗車するときに時々エンジン始動テストはしてきたので、今日も一発始動でした。ほんの少しの距離・時間でしたが、フリースのジャンパーでは風が通ってしまって寒かった。

大洲城へ行ってきました 

2019SKK_0501.jpg2019年2月 四国の旅の主目的は現存12天守の城(のうち四国の3城)を巡ることですが、その道中にそれ以外でも見ておいたほうがよさそうな城があるということを旅の直前に知って、計画に入れました。それが大洲城です。愛媛県の松山から宇和島への移動のちょうど中間あたりといういい位置にある大洲市へは高速道路1本で簡単に行けました。
【続きを読む】

松山城へ行ってきました 

201902SKK_0401.jpg2019年2月 四国の旅の主目的のひとつ、松山城へ行ってきました。ちょうど1年前の今頃は岡山県の備中松山城へと行きました。今回は愛媛県の松山城なので伊予松山城ということになるのですが、一般的には松山城と言えばこちらを指すことが多いようですからそれにならうことにします。備中松山城にも伊予松山城にも共通することは、現存12天守を有する城だということです。
【続きを読む】

大阪行き 2019年2月14日 

20190214_01.jpg今日は朝9時半から大阪本町で仕事があるので、30分前の9時には現地に到着したいなということで、当然、勤め先へは行かずに直行。しかも7時には自宅を出発しなければなりませんでした。午前中の用事が終わったら昼休みを挟んで午後にも打ち合わせが1件。終わって帰途に就くも、滋賀に戻ればもう終業時刻ということで直帰対応にしました。大阪なんてそう遠くない場所だと思っていますが、用事が分散すると一日仕事になってしまうんですね。

松山の夜 2019年2月 

201902SKK_0201.jpg道後温泉本館でひとっ風呂浴びた後、宿泊先にチェックインしました。ホテルは県庁前にあって、松山一の繁華街、大街道(おおかいどう)へも歩いてすぐという立地の良さでした。夕食は地のものを食べたいなということで、大街道の入口付近に見つけた「かどや大街道店」という郷土料理を出してくれるお店に入りました。
【続きを読む】

道後温泉本館へ行ってきました 

201902SKK_0101.jpg201902SKK_0102.jpg

2019年2月 四国の旅の初日、地元滋賀から400kmあまりの距離を6時間半ほどかけて移動して愛媛県松山市まで移動しました。宿泊先へのチェックイン予約時刻までにはまだ3時間ほど余裕がありましたが、もし早く着いたら行こうと思っていた松山城へ行けるほどの余裕が無い15時半頃でしたので、思い切って道後温泉本館へひとっ風呂浴びてみようと思いました。
【続きを読む】

メガーヌ洗車 2019年2月11日 

20190211_01.jpg3泊4日の四国旅行で汚れに汚れたメガーヌを洗車しました。徳島自動車道で過剰に散布されていた凍結防止剤やら、四万十川沿いの採石場?の間を縫って走った泥ハネやら、とにかくボディもホイールもすごく汚れました。小雨降る中の洗車でしたから、シャンプー洗車のみで終了(もちろんそのシャンプーは流水できちんと洗い流していますが)、拭き上げは無しにしました。ホースに付けたノズルを使っての下回り高圧洗浄もおこないましたが、最低地上高が低いメガーヌはジムニーとは違ってやりにくいですね。とにもかくにもメガーヌおつかれさん、ということで。

四国の旅 2019年2月10日 

20190210_01.jpg2019年2月 四国の旅、最終4日目は高知城と高知市内を見てまわることから始めました。とさでんの路面電車にも少しだけですが乗れました。お昼すぎに高知を後にして、高知自動車道に乗ってすぐ、南国SAで昼食を摂って、川之江JCTから高松自動車道から瀬戸中央自動車道・・つまり瀬戸大橋を渡って、山陽自動車道から新名神高速道路、名神高速道路、京滋バイパス、ふたたび名神高速道路で自宅に帰ってきました。途中、山陽自動車道の白鳥PAで我慢できなくなって仮眠を取りましたけど、それでも18時半頃には自宅に到着できて、最近の遠出ではかなり早めの帰宅ができました。今日の走行距離は410kmほど。4日間トータルで1,144kmです。高知城や路面電車の詳しい様子はまたあらためて。

四国の旅 2019年2月9日 

20190209_01.jpg2019年2月 四国の旅、3日目は朝7時台に宇和島を出発し、四万十川沿いを走りました。今日の目的はズバリ、沈下橋めぐりです。四万十川に架かる沈下橋のいくつかを見て、撮って、そして渡って回ろうということです。今回の旅のいちばんの目的はお城めぐりですが、次いでの目的がこの沈下橋めぐりです。合計6本の沈下橋をめぐって、宿泊地の高知市内に着いたのは17時すぎでした。途中30分×2回の仮眠を取り、昼食も道の駅のレストランで摂ったことを考えると、本来ならもっと遅くなるか予定していた数の沈下橋をまわり切れなかったかもしれませんが、朝たまたま早く目覚めてしまって予定より2時間ほど早く出発できたのが奏功しました。今日の走行距離は220kmほど。沈下橋めぐりの詳しい様子はまたあらためて。

四国の旅 2019年2月8日 

20190208_01.jpg2019年2月 四国の旅、2日目はまず朝から道後公園へと向かいました。昨日ここの前を通りかかったとき「湯築城跡」の石碑を見かけたので、予定していなかったのですが行ってみることにしました。その後、今回の旅の主目的である松山城へと向かいました。

伊予鉄道の路面電車に乗れなかったことが残念でしたが、昼過ぎ頃に松山を後にし、松山自動車道で大洲市へ向かいました。次の目的地は大洲城。大洲城を見た後はふたたび松山自動車道で西予宇和ICまで進み、国道56号線で宇和島を目指しました。この国道56号線が失敗でした・・道路工事で片側交互通行の箇所がいくつかあって、少し渋滞したのです。これなら無料の自動車専用道路 宇和島道路を使えばよかったかなと。今日の走行距離は100kmほど。

宇和島へは15時前頃に到着。城山を登って本丸に到着したのは15時半。宇和島城天守内部は16時で閉まってしまうということで焦りましたが、30分で充分に堪能できました。その後、じっくりと天守の写真を撮って、城山全体をぐるっと見て回ってから、17時過ぎにホテルへチェックイン。夜は宇和島の街で郷土料理を出すいいお店を見つけ、土地の食材をつかったおいしい料理をアテに地酒を呑み、とてもいい夕食でした。お城めぐりなどの詳しい様子はまたあらためて。

四国の旅 2019年2月7日 

20190207_01.jpg2019年2月7日(木)・・平日ですが、休暇を取って四国へ旅をしています。初日の今日は地元滋賀を朝9時すぎにメガーヌで出発。名神高速道路を終点の西宮ICまで・・ここまでは順調でした。西宮から阪神高速道路3号神戸線で垂水JCTまで進んだのですが、酷い渋滞に巻き込まれてしまいました。考えてみれば今日は平日・・いつも交通情報でやっているあの渋滞のことを忘れていました。

渋滞をどうにか抜けて、神戸淡路鳴門自動車道で明石海峡大橋と大鳴門橋を渡って四国へ。大鳴門橋を渡る直前の南淡路PAで昼食を摂りました。そしてここからがまた苦行でした。鳴門JCTから徳島自動車道へ進んだのですが、ここは全線が片側一車線の対面通行。ペースが上がらないし、山間部をずっと走り続けて景色も単調で、すごく時間がかかった印象です。おまけに凍結防止剤を大量に散布されていて、乾いた路面を走ると巻き上げてボディの下回りが白くベビーパウダーをまぶしたような状態になってしまいました。その後、川之江JCTからの松山自動車道は片側二車線で快適に走れ、初日の宿泊地である愛媛県松山市へは15時半頃に到着しました。走行距離420m、昼食や仮眠時間を含めて6時間ほどかかりました。

松山では道後温泉へ行ってからホテルへチェックイン。松山一の繁華街、大街道の入口にあるお店で一杯やりながら夕食を摂り、初日は終わりです。道後温泉の詳しい様子はまたあらためて。

仕事は片づいた 2019年2月6日 

20190206_01.jpg仕事が片づいたので、予定どおり明日から旅行に出ます。平日なのですが休暇を取って、週末の三連休と繋ぎます。天候も大丈夫そうなのでサマータイヤのメガーヌで。

旅の準備 2019年2月5日 

20190205_01.jpg次の連休に向けて旅行の準備をしました。クルマで行くのですがキャリーバッグに荷物を詰め込みました。いつもはボストンバッグを使うのですが、駐車場からホテルの建物の間がちょっと離れていたりすると、いくつものバッグを抱えて歩くのは結構面倒なことになるんですよね。自分の場合、1泊だけでも大荷物になってしまうので、地面を転がせるキャスター付きキャリーバッグがいいかなと。

立春 2019 

20190204_01.jpg立春の暦にふさわしく暖かい日になりました。北陸ではもう春一番も吹いたのだとか。昨年の大雪は今頃のことだったと思いますが、こうも違うものなのかと呆れてしまうほどです。

メガーヌ洗車 2019年2月3日 

20190203_01.jpgかなりひさしぶりにメガーヌを洗車しました。11月、ディーラーへ整備に出したときには洗車して返してくれましたから2か月ぶりぐらいなのですが、自分の手で洗ったとなると、10月か9月以来となります。そのときにビッシリ付着したスケールを頑張って除去しtましたので、今回はまだキレイでした。シャンプー洗車してコーティング。2月の旅行は天気さえ問題なければメガーヌで行こうと思っています。

13年8か月経過 

20190202_01.jpg1月が終わりました。ついこのあいだ、新年を迎えたばかりだと思っていたのに、もう1か月が過ぎてしまいました。何という早さ・・ボーッとしているとあっという間に一年が経ってしまうのではないでしょうか。それでは1月の様子を振り返ってみます。
【続きを読む】

丹波行き 2019年2月1日 

20190201_01.jpg20190201_02.jpg

先週金曜日に続いて、わずか一週間ぶりに丹波行きの仕事でした。地元滋賀ではほんの少し雪が舞う天気でしたが・・途中の宝塚北SAから神戸JCTあたりまでは快晴、三田では曇り空、そして篠山に入ると本格的に雪でした。兵庫県も広いので、トンネルを越えるたびに天候が変わります。その後、丹波地方も晴れ間がのぞくようになってきましたけどね。今日の仕事はまぁまぁ順調に進んで、予定どおり17時半には終わって帰途に就くことができました。慣れてきましたが、やはり丹波は遠い。