FC2ブログ

東海環状自動車道 大安-東員 走り初め 

20190323_01.jpg20190323_02.jpg
20190323_03.jpg20190323_04.jpg

東海環状自動車道の大安IC-東員IC間が2019年3月17日に開通したということで、どんなものかと走りに行ってみました。すでに供用されていた東員ICは何度も使ったことがありました。東員ICから乗ると四日市JCTを経て東名阪自動車道と伊勢湾岸自動車道に接続していて重宝したワケですが、今回の東海環状自動車道開通で東員ICから北へ大安ICまで延びたのです。大安と言えば地元滋賀から国道421号線で石榑峠を越えて下った場所。ここからすぐに高速に乗れるというのはかなり便利です。大安から東員までそう遠くないとは言え、下道は少し混んだりするのです。東海環状自動車道はこのまま岐阜県の大垣まで北上して名神高速道路に接続することになるはずですから、このへんのルートがまた便利になります。

さらに今回、東海環状自動車道だけでなく、新名神高速道路にも新たな開通区間ができました。東員ICから乗ってすぐ、新四日市JCTから東へ行けば四日市JCTを経て東名阪自動車道と伊勢湾岸自動車道に分岐しますが、反対の西へ進めば亀山西JCTへ行けるようになりました。これまで新名神で西から来ると亀山JCTで東名阪へ入るところで大渋滞に巻き込まれることが必至だったワケですが、今回の開通でそこを通らなくても東へ向かうことができるようになり、渋滞はかなり緩和されるはずですね。