FC2ブログ

足の甲の痛み 2019年9月30日 

昨夜から左足の甲が痛む。これはそう、おそらく尿酸値が上昇して起こるアレ。ということなら、2、3日で収まってくるだろうとは思う。しかし一昨日、長時間正座をしたことも気になる。食生活は特に変わったワケでもないし、水分も結構たくさん摂っているし。痛風になる要素は思い当たらないから、少し不安ではある。今週末、信州旅行が控えているというのに、今は歩くことさえ難儀する始末。

疲労蓄積 2019年9月29日 

昨日の疲れがドッと出たようで、一日家で寝たり起きたり・・しかし、昨日今日と真夏日で、暑くてよく眠れない昼寝となってしまいました。いったん起きたものの、また眠くなり夕方16時からまた、今度は冷房を入れたら結構グッスリ寝落ちしてしまいました。最初の昼寝から冷房入れればよかった。

プチ弾丸ドライブ 

20190928_01.jpg今日は休みで、午前中に三重県四日市方面へ行く予定を前から組んでいました。で、実際に行ったのですがね・・実は昨日、急に兵庫県丹波へ行かなければならない用事ができてしまいました。予定は幸いにも夕方でしたので、四日市行きは中止せずに済みました。しかし、いったん自宅へ帰る余裕は無く、四日市から丹波へ直接向かうことになりました。地元滋賀から桑名に立ち寄ってから四日市までが100km、四日市から丹波まで220km、そして丹波から地元滋賀まで180kmと、計500kmを移動することになりました。もちろん、高速道路を長距離移動するので、足はメガーヌ。疲れがまったく無いワケではありませんでしたが、ジムニーは全然違って格段に楽。トラブルがポロポロ出るようになってもメガーヌを手放せない理由のひとつでもあります。

こっちが辞めたくなるわ 

20190927_01.jpg辞めたいという人の慰留をはかったりして、それでも結局辞めることになって、退職の手続きをすることになって・・こっちの都合は聞いてもらえることはなく、相手の都合に合わせるだけなので、予定が割り込んで。こっちが辞めたくなるわ。

議事録ダブルヘッダー 

20190926_01.jpg会議が一日に二件入ることは珍しくはないのですが、うち一件は輪番制になっている議事録作成が本来の当番が休みのために急きょ回ってきて・・もう一件は常に自分が議事録作成担当なので、計二件の議事録を作成しなければならなくなってしまいました。そして、議事録はできれば当日中に、遅くとも翌日には作成・配信するようにとのことなので、一日中、会議準備と会議本番、そして議事録作成に取られてしまうことになってしまいました。これはタマラン。

ダッジ ダート 

20190925_01.jpg先日、スーパーの駐車場で珍しいクルマを見かけました。自分はそのクルマの隣に駐車したのですが、最初、国産コンパクトセダンだと思っていたのです。しかし買い物して戻ってきて、ちょっとした違和感を持ったのです。それは・・運転席が左にあったこと。で、よくよく見てみると、ダッジの文字が。見た目のサイズ感としては、カローラアクシオよりは少し大きいかな?アクセラセダンと同じぐらいなのかか?といったものでした。写真を撮り、家に帰ってからネットで調べてみたら、それはダッジ ダートというクルマで、同じFCAのアルファロメオ ジュリエッタとプラットフォームを共用するものだとわかりました。もちろん日本に正規輸入はされていないし、モデルとしてもすでに絶版となっているようです。イベント会場ではなくて、何の変哲もない田舎の町でこんなレア車を見かけると、ちょっとうれしくなってしまいます。
【続きを読む】

ジョージア ニュータイプ 微糖 シャア&ララァ 

20190924_01.jpg20190924_02.jpg

ふだん勤め先では自販機を使わないのですが、ひさしぶりに缶コーヒーを飲みたくなって行ってみたら、こんなのやっていたのね、とジョージアのニュータイプ微糖というのをつい買ってしまいました。絵柄はシャアとララァ。空き缶を残しておこうかどうか迷ったのですが・・キリがないので捨ててしまいました。

三連休 2019年9月23日 

20190923_01.jpg秋分の日で先週に続いて三連休。そうか、もう秋分なのか。もう9月も後半、終盤に差し掛かってしまったのか。いろいろとやらなければならないことが、まだまだたくさん残っていて、それを考えるだけで憂鬱な気分になってしまう。しかし時間は止まってはくれない。ならばなんとかするしかない、と。そして三連休は終わっていく。

ふだんできないことを 2019年9月22日 

20190922_01.jpgふだん時間が無くてできないことを休みの日に片づける。これは変わったことではないのですが、しかしこれが当り前になってしまうということは、ふだんの時間の使い方に無駄があるのか、無理があるのか。

ジムニー 散歩 2019年9月21日 

20190921_01.jpgちょっと用があって福井県の武生(越前市)までジムニーで行って帰ってきました。本当はメガーヌで行くつもりをしていたのですが、朝からまぁまぁ本降りの雨だったのでジムニーで行くことに変えたのです。いやメガーヌ、雨の中でも安定して走れるんですよ。ただ、傘をさしての乗り降りが少々面倒で、ジムニーのほうが楽なんですね。しかし早いうちに雨は上がってしまい、これだったらメガーヌでもよかったなと。さらに、わかっていたことですが、ジムニーは遅い。高速道路でもせいぜい100km/hぐらいしか出せない。出せるけど、高回転を連続させるのはエンジンに悪い。だからペースが上がらない。ジムニーももう少し高速道路が楽に走れたらいいのですがね。でもそれで悪路走破性が落ちてしまうのなら、高速道路の安楽性は諦めます。

やらかしは白状を 2019年9月20日 

20190920_01.jpg勤め先で「トイレの流れが悪いから見てほしい」と依頼が。そりゃ見ろってんなら見ますよ。でもね、トイレの流れが悪いってことは、まずその原因をつくったヤツがいるはずで、排水管を詰まらせるような何かを流したってことでしょ?何か落してしまったことがうっかりだったとしても、気づいてるでしょ?自分が流したとき、流れ悪かったんでしょ?だったらそのときちゃんと白状してよ。やらかしたことを責めたりしないからさぁ。知らん顔して、黙って放置されて、症状悪化させることのほうが問題だからさぁ。後で使う人が困るってこと、わかるでしょうが、ちょっと考えたら。

風評はよくないけれど 2019年9月19日 

20190919_01.jpgとある取引先のことなんですが・・今年の春、ウチの営業担当さんが(転職のため)退職されるということで、後任の方を連れてあいさつに来られたのでした。その後任の方とは電話で2、3回話しましたが、ある時を境に携帯電話が通じなくなってしまいました。いつかけても「電源が入っていないか・・」と。で、先方の会社へ電話してみたところ、すでに退職したと。

まぁ退職したのなら仕方がない。仕方がないけれども、退職のあいさつがなかったのもまぁいいけれど、ではその後任の営業さんは誰なんですか?と尋ねたら、「営業はいませんので工場長が対応します」と。へ?営業さん、ひとりもいなくなっちゃったの?まぁそれでも、工場長が担当してくださるのなら、相談があるんだけど、ウチの現場に来てくれるの?と尋ねたら、今は行けない、と。

おいおい、おたくの会社、大丈夫なの?と思ってしまいますよね。あまりよその会社の経営状態を想像だけでとやかく言うのもアレかもしれませんけど、ある日突然、取引できなくなりました、とかいう事態に発展するんじゃないか?と思うと、こちらとしては今から受け皿を探しておかなければなりませんしね。

誰がために 2019年9月18日 

20190918_01.jpg誰もがそれを、少しは役に立つけれど、弊害の方が多いと思っている、わかっているのに、やめることができない。いったいそれは誰のためにやっているのか、誰が得をするのかわからない。そんなことが会社には存在する。社会には存在する。

サーミスタ故障 2019年9月17日 

20190917_01.jpg勤め先のエアコンが1台、故障してしまいました。エラーコードを調べてみると、サーミスタに不具合が発生しているとのこと。室外機に取り付けられ、センサーの役割を果たしているサーミスタに不具合が発生すると、電源は入っても冷えも温まりもしないということらしい。幸いにも暑さが一段落して少し涼しくなってきましtので、冬が来るまでに点検と修理を依頼しようかなと。過去にも同様の故障が別の個体にも発生していて、点検・修理代は出張料金を含めても2万円程度。これなら稟議も通ることでしょう。

三連休 2019年9月16日 

20190916_01.jpg敬老の日で三連休。自分は先週の月曜日も休みをとったので、二週連続で三連休です。三連休はいいですね。一日出かけて、一日何か用事をして、さらに一日ゆっくり休めるという、なかなかに理想的な過ごし方ができます。週休三日になる日も来るのでしょうかね。

百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展 

20190915_01.jpg京都文化博物館で開催中の「百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展」・・これまた先週、京都の地下鉄で広告を見て、行きたいと思ったのでした。最近ハマっている浮世絵・・特に東海道五十三次なんかが展示されるということもあって、行きたくなったのです。この展覧会、すべての作品が写真撮影可能となっているめずらしいものでした。各作品の脇にはQRコードが設置されていて、詳しい解説も見ることができたりするらしい。ま、自分は撮影もせず、QRコードも読み取らなかったのですけどね。作品を鑑賞することにより力を入れていたのですが、ところどころに単眼鏡が設置されており、「ご自由にお使いください」と。これがまたよかった・・細かい描写をクローズアップしてみたのですが、これが思った以上によく見えて。自分も単眼鏡を持ってはいるのですが、それは遠くの景色を見る用のものなので、美術鑑賞には使えないのです。会場に置いてあったビクセンのアートスコープ、欲しくなってしまいました。



【散財メモ】
1,400円:入館料(百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展)
計:1,400円

京博寄託の名宝展 

20190914_01.jpg京都国立博物館で開催中の「京博寄託の名宝」展へ行ってきました。この展覧会は特別展ではなく通常展なので入館料はたったの520円!しかしながら展示作品は俵屋宗達の「風神雷神図屏風」をはじめとして結構すごいものがたくさんあって、見ごたえ充分なのです。先週、たまたま京都へ出かけた時に知ったおかげで見ることができました。



【散財メモ】
520円:入館料(京博寄託の名宝展)
計:520円

13日の金曜日 2019年9月13日 

20190913_01.jpg粛々と、淡々と、必要なことだけ片づけて、さっさと帰る。どんな目で見られようとも、必要以上に滅私奉公に走りはしないことにする。

目先の成果にとらわれる 2019年9月12日 

20190912_01.jpg一歩先、二歩先を見据えて物事を考えなければならないはずなのに、今、目の前にある成果を必要以上に重要視しなければならなかったり、いったいどうすれば褒めてもらえるのかわからない。いや、何をやっても褒めてはもらえず、できて当たり前というような顔しかされないのだが。

三菱 ekX 試乗 

20190911_01.jpg20190911_02.jpg

以前から気になっていた、三菱 ekXを試乗してきました。デビューは確か今年(2019年)3月か4月頃だったかと思いますが、何かと用事が立て込んだりしてなかなか行けなかったのですが、ここにきてようやく行けました。試乗車はFFのターボ車でした。この新型ekワゴンおよび日産デイズの兄弟シリーズに搭載される3気筒660ccエンジンはルノー製と聞いたことがあります。どこで作っているかはさておき、新型エンジンということで、従来型(試乗はより重いekスペースでしたが)よりも力強さを感じました。アクセルの踏み込みに対するパワーの出方が少し唐突な気がしないでもありませんでしたが、すぐに慣れることでしょう。気になったのは後部座席の座面高さ・・ちょっと低すぎて太ももが浮く感じ。後部座席に長時間は座りたくないかなと。自分自身が後部座席に座ることは少ないと思いますが、人を乗せることを考えるとこれはあまりよろしくない。同じクラスの新型N-WGNはうっかり後部座席の掛け心地を確認しなかったので、今度また比較してみたいと思います。

ホンダ N-WGN 試乗 

20190910_01.jpg20190910_02.jpg

ホンダディーラーへ行ってN-WGNを試乗してきました。フルモデルチェンジした2代目のモデルです。売れに売れているN-BOXでも、後発のライバルにあるのにN-BOXには無いという装備が出てきたのですが、今度のN-WGNにはそれを補ってきたということで、俄然興味が湧いてきました。たとえばACCが渋滞対応になって停止・再スタートもカバーしてくれるとか。
試乗車はカスタムのNAエンジンでしたが、出足は非常に軽々としていて、N-BOXよりずっと軽量であるメリットを生かせていますね。その後のスピードの伸びは期待できないので、高速道路を走ることも想定したい自分としてはターボが欲しいと思いますが、街乗り中心ならNAで何の不足もなさそうです。静粛性も軽自動車であることを考えればかなり良くて快適なのではないでしょうか。
外観デザインはカスタムではない標準ボディがよりシンプルでいいなと思うのですが、例によって黒内装はカスタムにしか用意されませんので悩ましいところです。あと、ターボエンジンはカスタム・標準ボディともに用意されるのですが、カスタムのターボにのみ用意される15インチホイール装着車のみが、足回りのセッティングが異なるようでよりしっかりしているのだとか。これも高速道路を安定して走るにはこっちがいいでしょうから、自分としてはカスタムのターボを選ばざるをえないのでしょうかね。

天気の子 

20190909_01.jpg劇場版アニメ映画「天気の子」を見に行ってきました。新海誠監督3年ぶり、待望の新作映画ということで話題になっていましたが、公開序盤の混雑時に行く勇気もなかったので、この時期になってようやく見ることができました。しかも今日は月曜日ですが、「働き方改革」で選択有休をとったので、これ幸いと。平日昼間の映画館はガラ空きで、目論見はバッチリ当たりました。料金も土日より安いみたいですし。

自分にとっても3年ぶりの映画館・・そうです、新海誠監督の前作「君の名は。」以来の映画館なのでした。作品の内容をネタバレさせるような無粋なことはしませんが、今回もまた圧倒的に繊細な映像表現でした・・1か所、アレ?という作画の箇所もありましたけど。「君の名は。」では不覚にも泣いてしまいましたが、「天気の子」で泣けなかったのは、自分が歳をとったからでしょうか?次に映画館へ足を運ぶのがまた3年後?新海誠監督の新作となってしまうのでしょうかねぇ。



【散財メモ】
1,100円:映画鑑賞券
2,400円:映画パンフレット「天気の子」(@800×3冊)
計:3,500円

猛暑日 2019年9月8日 

20190908_01.jpg昨日の京都市内、岡崎公園もすごく暑くて汗が止まりませんでしたが、今日はそれ以上だったようです。昨日、行っておいてまだマシだったかなと。今日の滋賀県も最高気温35度に達する予報が出ていて、予定もとくになかったのでどこへも出かけず家の中で過ごしました。9月に入ってからの猛暑日はもう勘弁してほしい。

京都市美術館所蔵品展 動物パラダイス 

20190907_02.jpg京都の細見美術館へ行ったついでと言っては何ですが、JR京都駅隣接の美術館えきKYOTOにも寄ってきました。開催中の展覧会は「京都市美術館所蔵品展 動物パラダイス」というもの。京都市美術館と言えば現在絶賛改修工事中で、大きな展覧会はしばらく開かれていません。貸し出された所蔵品がどんなものかな?という興味もありましたので、見に行ってみましたが・・残念ながら、あまり自分好みの内容ではありませんでした。行かずに後悔するよりはよかったかな、と。



【散財メモ】
900円:入館料(京都市美術館所蔵品展 動物パラダイス)
計:900円

レスコヴィッチコレクション 広重・北斎とめぐるNIPPON 

20190907_01.jpg浮世絵の美術展を見に、真夏の暑さが戻ってきた京都へ行ってきました。細見美術館で開催中の「レスコヴィッチコレクション 広重・北斎とめぐるNIPPON」という展覧会は、初期の浮世絵も展示されているのですが、メインは「木曾街道六十九次」。同じ歌川広重の「東海道五十三次」が昔お茶漬け海苔のおまけカードでなじみがあるからか、こういったタッチの絵は見たくなりますが、その傾向はが最近とくに強くなってきたのは歳のせいでしょうか。しっかり図録も購入してしまいました。



【散財メモ】
1,500円:入館料(レスコヴィッチコレクション 広重・北斎とめぐるNIPPON)
3,402円:図録(レスコヴィッチコレクション 広重・北斎とめぐるNIPPON)
計:4,902円

おくちあんぐり 2019年9月6日 

20190906_01.jpg使っていない業務用の印刷機を捨てたいという話があって、どんな古い機器が出てくるのかと思えば、わずか3年前に導入してまだ資産台帳上の耐用年数を半分も経過していないという事実が判明。しかもカウンターを確認するとメーカー公称耐久枚数からすると、新品同様と言えるほどしか使っていないことも判明。なんというルーズな管理、そして必要性のないものの安易な導入。呆れるしかありません。こういうことが発覚すると、まだ他にもあるのではないかという不安に駆られてしまいます。気づかずに捨てられてしまったものがあったりして・・

草刈り 2019年9月5日 

20190905_01.jpg猛暑が続いていた間は控えていた草刈りを、最近ひさしぶりに始めました。日中はまだまだ暑いのですが、夕方少し雲が出て陰ったのでここぞとばかりに。3日前は夕方17時を過ぎてからでないと、目的の場所が日陰にならなかったのですが、今日は雲のおかげで1時間ほど早くから始めることができました。ただ、3日前は「刈り倒し」で済ませられる場所だったのですが、今日は刈った草を片づけなければならない場所。作業が思うように捗りませんし、体力も余計に消耗します。なのでかいた汗の量は3日前よりもかなり多いものとなりましたね。しかしこの、頭から水を被ったようにかく汗はなんとかならないものでしょうか。草刈りしただけで絞れるほどにずぶ濡れになるのですよ。かと言って水分補給を抑えると、また危険ですからねぇ。

14年3か月経過 

20190904_01.jpg8月が終わってすでに3日が過ぎました。遅まきながらの振り返りです。8月はとにかく天気・天候に振り回された印象です。連日の猛暑に加え、台風の日本襲来、いったん涼しくなりかけてまた暑さのぶり返し。仕事も結構忙しくて、いつの間にか1か月経ってしまった8月の様子を振り返ってみます。
【続きを読む】

誕生日 2019 

20190903_01.jpg人間五十年、
下天のうちを比ぶれば、
夢幻の如くなり
一度生を享け、
滅せぬもののあるべきか
これを菩提の種と思ひ定めざらんは、
口惜しかりき次第ぞ

おもてなしとは 

20190902_01.jpg勤め先の社用車を点検に出しにトヨタディーラーさんへ行ったのです。待ち時間の間、「お飲み物は?」ということでアイスコーヒーを頼んだのです。すると、きちんと冷えたアイスコーヒーが出てきたのは当然として、きちんとしたタオルのおしぼりもキンキンに冷えているではありませんか!これ、準備は冷蔵庫に入れるだけと簡単なことですが、実行しているところはそうそう無いように思います。飲食店ならいざしらず、自動車ディーラーですよ。さらに、ガムシロップやコーヒーフレッシュまで冷やしてありました。とても感心しましたねぇ。トヨタの自動車ディーラーはいくつかの系列がありますが、ぞれぞれにそういった来客へのサービスのレベルは明らかに違います。長年、クラウンを扱ってきたトヨタ店はさすがにワンランク上だなと感じます。カローラ店は庶民的で、ダイハツディーラーさんと似た雰囲気です。ネッツ店とトヨペット店はあまり馴染みがないのでよく知りません。そして近く、どの系列のディーラーでもすべてのトヨタ車を扱うようになるとか。ということはカローラ店でもクラウンやセンチュリーも買えるようになるのでしょうけど、お店の雰囲気はおそらくなかなか変わることはないでしょうから、どうなんでしょうねぇ。