アキバ紀行 2008皐月GW その1 

20081007_10.jpg突然デスが、今年(2008年)5月のゴールデンウイークにアキバ(と他にも)へ遠征したときの紀行文を展開します(笑。当時はシゴトのボリュームがハンパぢゃなくて(汗、ブログに割く時間もあまりありませんでした。それでも何とか、気分転換の意味も含めてアキバ行きを決意したのでした。記事は少し落ち着いてからでもイイかな・・と思いつつ、ズルズルと5か月(苦笑。そこはかとなく「今さら」感も漂いマスが、ほぼ自己満足の行為ってコトで「アキバ紀行 2008皐月(さつき)GW」として展開していくコトにします。


2008年5月3日(土)憲法記念日 第1話

てなワケで、第1話は「往路編」です。いつものごとく、地元から新幹線発着の米原駅までは近江鉄道を利用デス。休日限定発売で一日乗り放題の「S・Sフリーきっぷ」を使ってお得に移動。出発時刻もいつもより遅めだったので、朝もユックリ起きました。ホントはもっと早くに東京へ到着したかったんデスが、何せゴールデンウイーク。新幹線の指定席予約は早いうちからドンドン埋まってしまい、米原11時28分発、名古屋でこだまからのぞみに乗り換え、東京13時43分着というスケジュールにせざるを得ませんでした。さらに、この日の近江鉄道は休日ダイヤで、新幹線との接続が悪く・・乗り継ぎ待ち時間が1時間近くになってしまいました。ま、でも今回の東京行きは3泊4日なので、時間はタップリありますから(笑。


20081007_01.jpg20081007_02.jpg


米原駅。以前、SL北びわ湖号の見物客で駅構内の連絡通路がごった返し、あやうく新幹線に乗り遅れそうになるというハプニングを経験していマス。以来、乗り換え時間には余裕を持たせるようにしてました。しかし今回、その心配は限りなく不必要に近づいたと感じました。大混雑の原因となっていた狭い連絡通路は、改修工事が終了して広々としたものに姿を変えておりました。その工事で通路
がさらに狭くなって混雑の原因のひとつになっていたワケでもあるんデスが。とにかく、エスカレーターも付き、以前のように重いスーツケースを抱えて階段を昇る必要もなくなりました。


20081007_03.jpg20081007_04.jpg


新幹線に乗ってしまえばあとは東京まで・・と言いたいところデスが、今回は名古屋での乗り換えが控えておりマス。それまでのこだま車内でウッカリ居眠りするようなコトがあるとタイヘンです。ゴールデンウイーク中に指定席予約なしで新幹線に乗る(イコール、自由席で立ち)なんて、考えただけでも疲れマス。特にその時期、シゴトがハードで心身ともに疲れ切ってましたからね。

無事、名古屋でのぞみに乗り換えました。あとは寝てれば東京まで運んでくれマス。ただ、隣の席のヤロがちょっと横柄で・・ふんぞり返って座っていたので、肘掛とか足元が少々狭かった・・のは憂鬱でしたが、ま、2時間弱のガマンですから。


20081007_05.jpg20081007_06.jpg


さて、そんなこんなで東京に着きました・・と言いたいところデスが、今回はひとつ前の品川で新幹線を降りるコトにしました。東京駅は大きい。なので新幹線から在来線に乗り換えるのに長い距離を歩かなければならないと。でも品川ならもっと短い距離で在来線に乗り換え可能、山手線にも乗れますしね。あ、コレ、とある友人からのアドバイスです(笑。

品川からは京浜東北線と山手線を乗り継ぎ、日暮里駅で下車しました。ハイ、今回の東京行きの拠点は日暮里でした。実は上野の常宿が満室で予約が取れなかったんデスね。で、同じ系列で日暮里の宿が空いていたので決めました。山手線沿線(特に東半分)なら、アキバへのアクセスも楽ですから。


20081007_07.jpg20081007_08.jpg


日暮里の街、初めて訪れました。駅前はちょっとした繊維街なんでしょか。生地や衣類のお店が何軒も並んでおりました。レイヤーな方々はここいらでコスプレ衣装の材料を調達したりとか・・


20081007_09.jpg20081007_10.jpg20081007_11.jpg


駅前の様子です。宿泊先にチェックインした後、この旅の最初の目的地へ移動するため、駅へ向かいました。周辺のお店なんかは少し古びた感じでアレんなんですけど、駅舎は新しそうでとてもキレイです。日暮里舎人ライナー開通に合わせて駅舎も改修したんデスかね。

つづく~。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/1236-23857ba0