アキバ紀行 2008皐月GW その6 

20081012_46.jpg東京滞在3日目。前日は一日中アキバをしゃぶりつくしましたので(?、この日は東京から少し離れました。行き先は埼玉。念願の鉄道博物館へ行ってまいりました。秋葉原にあった交通博物館時代はとうとう一度も行かなかったのデス。初めてアキバを訪れた2005年当時はまだやってたのに・・なので、新しくなった鉄道博物館にはゼッタイに行こうと思っておりました。


2008年5月5日(月) こどもの日

鉄道博物館は埼玉県さいたま市大宮区にありマス。なのでまずは大宮まで移動。滞在先の日暮里からは京浜東北線一本で行けマス。しかも大宮は終着なので、電車に乗っちゃえば寝てても行けマスから、朝早起きして眠くても安心デスね。


20081012_01.jpg20081012_02.jpg


日暮里からは1時間程度でしょか。大宮に着いたら、埼玉新都市交通「ニューシャトル」に乗り換えデス。この路線、高架上を走るんデスけど・・ゴム製タイヤの車両ですね。だから「鉄道」ではないワケですよね? 鉄道博物館へ行くのに鉄道ぢゃないと(苦笑。路線の幅がせまくて、細い車両でした。

ま、乗り降り自体は鉄道と変わらないので、大宮駅では切符を買いマス。フツーに券売機で買ってもいいワケですが・・大宮-鉄道博物館間の往復切符が発売されてマス。自分も帰りの混雑と面倒を避けるためにと、往復切符をチョイスしました。が、この裏面が白い(磁気が塗っていない)往復切符、実はとてもイイ記念品になるコトが後でわかりました。乗車駅の改札で入場するときにスタンプを押されたら、あとは自分のモノです。どういうコトかと言えば・・行き先が鉄道博物館というコトもあってか、下車した鉄道博物館(大成)駅では往路分の切符の回収がありません。切符を半分にちぎって渡そうとすると、駅員さんも「切らなくていいですよ~」と言ってくれます。帰りの乗車時には改札でこれを提示するだけ。下車時は「そのままお持帰りくださ~い」と。ココに来る客のことをよ~くわかってらっさる(笑。

さて、駅を出たらスグという事前情報を得ていましたので・・アレ?なんか結構歩かされるなぁ(汗。看板に偽りアリか?と思いましたが、直後に理由がわかりました。


20081012_03.jpg20081012_04.jpg


何かスゴイ行列が(汗。着いたのがちょうど開館時刻の10時頃でした。ニューシャトルの混雑具合から、人が多いんだろうなと思ってましたが・・


20081012_05.jpg20081012_06.jpg


予想以上デス(汗。行列ができるから、その行列をつくることができるスペースまで客を迂回させてたワケですな。それにしても・・


20081012_07.jpg20081012_08.jpg


ウンザリするほどの人出です。ついにはゴネて泣き出すコドモが・・あぁ、うっとうしい。


20081012_09.jpg20081012_10.jpg


前も人、後ろも人、とにかく人の波デス(汗。


20081012_11.jpg20081012_12.jpg


駅に着いてから1時間、待たされました(汗。ようやく入館口にたどり着き、入館券を購入・・これ、ICカードです。入館ゲートには鉄道の改札口と同じ自動改札機が設置されており、入館券カードをタッチして通過するシステムになってマス。SuicaなどのICカードも使えるようになっておりマス(ただし別の支払機でSuicaにデータを書き込む必要あり)。自分もこの前日にSuicaをつくったばかりなので、それで行けたワケですが・・わざわざ入館券を購入しました。持ち帰れば記念になると思ったからデス。しかし・・帰るときにはシッカリ回収される仕組みでしたorz。ちゃんと繰り返し使われてルンですね。そりゃそうだ・・ICカードですモンね(苦笑。


20081012_13.jpg


さて、中へ入りました。外で1時間もの入館待ちをさせられるほどデスから、中も当然た~くさんの人、人、人デス(汗。まだできて間もない新しい、そして大規模な博物館ですから、見学するのに支障をきたしたりはしませんけどね。ゴールデンウイーク、そしてこどもの日というコトもあってか、子供づれの家族がまぁ多いデス。しかしそんなのに遠慮してたら、せっかく来た甲斐がありませんから、あつかましくも前へ前へ(笑。

ん~、それにしてもこの展示、遠くから眺めているだけでもワクワクします。近くに寄れば・・そりゃもう興奮もしますって。この興奮はおそらく文字ではうまく伝わりませんね(苦笑。「来ればわかる!」(笑。うまく伝えられる自信がないので、とりあえず写真を並べるコトにします。



まずは駅関連。


20081012_14.jpg20081012_15.jpg
20081012_16.jpg20081012_17.jpg



車両の表示。


20081012_18.jpg20081012_19.jpg
20081012_20.jpg20081012_21.jpg
20081012_22.jpg20081012_23.jpg



電気機関車EF58。


20081012_24.jpg
20081012_26.jpg20081012_27.jpg
20081012_25.jpg



寝台車。


20081012_28.jpg20081012_29.jpg



国鉄特急。


20081012_30.jpg
20081012_32.jpg20081012_31.jpg
20081012_33.jpg20081012_34.jpg
20081012_35.jpg20081012_36.jpg
20081012_37.jpg
20081012_38.jpg



機関車のメーカー表示。


20081012_39.jpg20081012_40.jpg
20081012_41.jpg20081012_42.jpg



一般開放されている客車。


20081012_43.jpg
20081012_44.jpg


シートはけっこうフカフカ♪ ひとつの車両は弁当持込可の「食堂車」状態。家族づれであふれかえってました。


20081012_45.jpg
20081012_46.jpg


それにしても人が多い(汗。いちおう、ひととおりは見て回りましたけど、運転シミュレーターやミニ新幹線、鉄道模型のデモ走行(解説つき)などといったアトラクションは、順番待ちが長過ぎてあきらめました。150分待ち、って、浦安の某ネズミの国ぢゃないんだから・・


20081012_47.jpg20081012_48.jpg


鉄道模型のジオラマ自体は、観覧プログラムがおこなわれていない空き時間に自由に見学できました。今回はそれで充分かなと。模型車両の整備作業も公開されてました・・作業場にはナゼかひこにゃんが(笑。


20081012_49.jpg20081012_50.jpg


鉄道博物館には3時間ほど滞在しました(+入館待ち1時間)。もっとゆっくり見たい気持ちもありました。しかしそれはもっと空いている状態で、のコトです。あんなに混んでいると、その場に居るだけで疲れてきます。おまけに立ちっぱなし、歩きっぱなしで足腰が痛くて・・今度もう一度行くとしたら、できれば平日がイイですね。※ただし毎週火曜日と年末年始は休館みたいデスけどね。

帰りがけ、ニューシャトルの駅へ向かいました・・鉄道博物館との連絡通路が開放されており、とっても早く駅に着きました。朝いちばんよりも、1~2時間経った頃に行くのがイイのかもしれませんね。これも今度来るときのポイントです。



【散財メモ】
鉄道博物館入館料:1,000円
※入館料以外の散財はまた後日あらためて(笑。

コメント

アキバの時も

お誘いしたんですけど~w
本来の目的が別にありましたしね。

GWの中、お疲れ様でした。
ボクは2日後の7日に行きました。
ほとんど客いませんでしたよw

当時は

さんいちサン
2005年当時、自分にとっては初アキバだったので、交通博物館は「また次の機会でイイや」という気持ちだったんデスね。
それから2年も間があいてしまい、その間に交通博物館は閉館orz。
無くなると無性に行きたくなるのが人の常(苦笑。
これからはあまり間をあけないように気をつけマス?(笑。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/1241-2b9e8a27