アキバ紀行 2008皐月GW その9 

20081115_01.jpg東京滞在4日目にして最終日、朝早めからの出動で深川不動堂へお参りに行きました。そこでお札をお願いしたら、次の御護摩まで待たなければならないという事態になってしまいました。仕方がないので、待ち時間の間に次の目的地へ・・都営地下鉄大江戸線に初めて乗りました。



2008年5月6日(火) 振替休日 第2話

都営大江戸線でどこへ向かったのかと言うと・・両国駅。ハイ、前日の無計画ぶりで消化不良に終わった江戸東京博物館に来ました。地元の人ならまだしも、遠く滋賀からやって来て、2日連続でこの博物館に入る人というのもかなりの少数派だと思いマス(笑。でもね、どうしても悔いを残したくなかったのデスよ。3泊4日もして、それで悔いが残ったらツラすぎるぢゃないデスか。

前日は館内に30分程度しか居られなかったので、展示のほとんどをジックリ見ておりません。正直言って最初の江戸エリアのジオラマでほとんど終わり(苦笑。2回目のこの日も最初の江戸エリアから順に、しかし今度はジックリ見ていきました。


20081115_02.jpg
20081115_03.jpg
20081115_04.jpg20081115_05.jpg


江戸エリアで印象に強く残ったのは、この肥桶(こえおけ)。かつぎ棒(天秤棒)の両端には田畑の肥料となる肥の重さを再現した桶が取り付けられておりマス。かつぎ体験できるようになっていて、試しにかついでみたら結構ズッシリときました。どんなおもりが入っているのかと、桶のフタを開けてみたら・・わわわ(汗。桶の中の様子も忠実に再現されておりました(笑。※お食事中の方がおられましたらお詫び申し上げマス。とくにカr・・(以下省略。


前日にはまったく見ることができなかった「東京エリア」・・つまり明治以降、昭和までの展示もシッカリ・ジックリ見てまわりました。


20081115_06.jpg20081115_07.jpg20081115_08.jpg
20081115_09.jpg20081115_10.jpg
20081115_11.jpg20081115_12.jpg


公衆電話?・・ボックスは再現されたモノですが、中の電話機はホンモノですかね? 関東大震災で大きな被害を受けて、その後取り壊されてしまった浅草陵雲閣の大きな模型も目を引きました。


20081115_13.jpg
20081115_14.jpg20081115_15.jpg
20081115_16.jpg20081115_17.jpg
20081115_18.jpg20081115_19.jpg


クルマは戦前も戦後も。


20081115_20.jpg
20081115_21.jpg


家屋は洋風も和風も・・和風のほうは戦時中の様子デスかね。


「東京エリア」でいちばんウケたのはコレです。昭和初期に創刊された雑誌ですが・・「スタア」まだイイとして、「犯罪科学」ってのは(汗。表紙イラストもスゴいことになってマス。


20081115_22.jpg20081115_23.jpg
20081115_24.jpg20081115_25.jpg


そして「エロ」と「グロテスク」・・昔から人はエロやらグロやらが好きだったんでしょか(笑。



【散財メモ】
江戸東京博物館入館料:600円(常設展観覧券、一般)・・2回目(苦笑。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/1284-cc4b2c95