アキバ紀行 2008霜月 その2 

20081215_01.jpg2008年11月の東京の旅初日。東京駅(丸の内)からスカイバスに乗り「おのぼりさんツアー」を体験(満喫?)した後・・大きな荷物を預けて身軽になり、地下鉄博物館へ行きました。5月に鉄道博物館へ行って血中「鉄分」が増加した自分です(苦笑。今回の旅にも鉄ポイントを盛り込もうという考えは出発前からありました。



2008年11月22日(土) 第2話

地下鉄博物館は東京メトロ関連の財団法人メトロ文化財団が運営する施設です。当然、最寄駅は東京メトロの駅・・東西線の葛西駅。最寄りと言うか・・くっついてマスね。地下鉄とは言っても地上を走っている葛西駅のガード下に設置されておりマス。


20081215_02.jpg20081215_03.jpg
20081215_04.jpg20081215_05.jpg


ま、場所が場所デスし、210円という入館料からして、展示内容に大きな期待を寄せないほうがいいであろうとは来る前から想像してました。ともあれ、きっぷ風の・・というか、きっぷそのものの入館券を購入し、いざ入館~。入館券を購入する券売機も以前にどこかの駅で使われていたらしいホンモノで、入館ゲートもホンモノの自動改札機です。

最初の展示室・・ガード下という環境から想像していたより広い部屋でした。考えてみれば鉄道の高架橋って、結構大きな建造物ですよね。でも自分の中でガード下というと、せま苦しくて天井が低い定食屋とか一杯飲み屋みたいなイメージだったので(苦笑、狭いと思い込んでしまってました。


20081215_06.jpg20081215_07.jpg
20081215_08.jpg20081215_09.jpg
20081215_10.jpg20081215_11.jpg


いきなり目の前に現れる赤い車両。通常の三倍・・ではなくて(笑、赤いのは丸ノ内線でしたっけ? ちょっと旧い車両が展示されておりマス。ちょっと旧いので入館者の多くは「懐かし~」とか、「わぁ~、こんなだったんだぁ~」とか声を上げるのでしょう。でも自分にとっての鉄道って、近江鉄道の車両がベンチマークなので、それほど感動しないッスね(苦笑。だって、この程度の旧い感じの、数年前まで当たり前に走ってましたから(汗。


20081215_12.jpg20081215_14.jpg
20081215_13.jpg20081215_15.jpg
20081215_16.jpg20081215_19.jpg
20081215_17.jpg20081215_18.jpg


隣の黄色いのはさすがに旧いですねぇ。東京に初めて地下鉄が走ったのが浅草-上野間だったそうデスが、この車両がその当時のものみたいデスね。浅草-上野ってことは、現在の銀座線ですか? こちらの車両には等身大ジオラマと言うか、乗客の人形がありました。「おことわり」表示板の「たん、つばをはくこと」ってのが時代デスかね・・そんなこと現代だとわざわざ表示しないデスからね。


20081215_20.jpg20081215_21.jpg


この黄色い車両の展示のすぐ脇には、これまた旧い改札口の展示もありました。コインを入れると十字型の遮断棒のロックが外れてカタンカタンと回せるしくみ。これ、イイぢゃないですか。さすがにICカード化が進んだ現在の鉄道の改札には使えないでしょけど、何か使えそうな感じ・・具体的に何かと問われると答えられませんけどね(苦笑。


20081215_22.jpg
20081215_23.jpg20081215_24.jpg


次の展示は「地下鉄のつくり方」・・トンネルの掘り方から説明するところデス。これは地下鉄博物館ならではの展示かもしれません。


20081215_25.jpg20081215_26.jpg


自分は工法などについてはあまり興味ありませんが(苦笑、この車両はちょっとイイですね。なんだか生き物っぽい「顔」で愛らしい。


20081215_27.jpg20081215_28.jpg
20081215_29.jpg20081215_30.jpg


安全への取り組みなどを紹介するコーナー。時間があればジックリ見てもいいんデスが・・この日は来たのが閉館の1時間前。あまり時間がありませんでしたので、このへんは省略デス。


20081215_31.jpg20081215_32.jpg
20081215_33.jpg20081215_34.jpg
20081215_35.jpg20081215_36.jpg


体験コーナー。これは鉄道関連の博物館だとドコでもあるみたいデスね。例にもれず、子供たちに大人気のコーナーです。大人が順番待ちで並ぶのはちょっと気が引け・・人が少ない平日なんかだとダイジョブかもしれません。


20081215_37.jpg20081215_38.jpg
20081215_39.jpg
20081215_40.jpg20081215_41.jpg


こちらも鉄道関連の博物館ではよく見かける鉄道模型。ジオラマのほうは時間が遅かったので動いてませんでしたorz。パノラマトンネルっていうのは、ジオラマの下からのぞける?トンネルみたいですけど・・おそらく子供しか入れないサイズ。


20081215_42.jpg20081215_43.jpg20081215_44.jpg
20081215_45.jpg20081215_46.jpg20081215_47.jpg


この地下鉄博物館では記念撮影用の「顔出し」がたくさんありました。なんであんなにいっぱい置いてルンだろ? あ、最後の写真のはちょっと違いマスね(笑。



20081215_48.jpg


魔のゾーン・・ミュージアムショップ。散財には気をつけなければなりません(汗。もう閉館時刻案内の放送が始まっているというのに、このにぎわいデス。やっぱりみんな散財するんだなぁ。



で、戦利品。


20081215_49.jpg20081215_50.jpg


メトロクッキー。缶カンが地下鉄車両のデザインになってマス。3種類あったので、3種類とも買いました。鉄道博物館の新幹線クッキーと同じく、缶が目的なので・・賞味期限ギリギリまで食べない悪寒(苦笑。


20081215_51.jpg20081215_52.jpg


5000系キーホルダー。行き先表示板などをモチーフにしたキーホルダーです。自分にとってなじみのある行き先があまりなかったので、中野を選びました。


20081215_53.jpg20081215_54.jpg


折りたたみ路線図。これ、おみやげコーナーにあるからと言って、それだけに終わるものではありません。しっかり路線図として使える実用性がありマス。買った後、いちども広げてませんけどね(苦笑。お買いもの袋に印刷されたキャラクターが妙にカワイイですね。



【散財メモ】
地下鉄博物館入館料:210円
メトロクッキー:630円×3=1,890円
5000系キーホルダー:500円
折りたたみ路線図:500円
計:3,100円

思ったよりは散財しなくて済みました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/1314-8915c3f7