アキバ紀行 2008霜月 その4 

20081223_07.jpg2008年11月の東京の旅、2日目です。3日間の滞在のナカ日ということで、朝から晩まで時間がタップリあります。なので東京から飛び出しての遠出を計画しておりました。ちょっと早起きして出発・・その前に宿泊先の近辺を散策してみることにしました。



2008年11月23日(日) 第1話

初日は午前中を地元滋賀から東京までの移動に費やし、東京に着くと同時に「おのぼりさんツアー」を敢行し、後は地下鉄博物館を見学、そして締めは千葉の友人を訪ねるという内容でした。


20081223_01.jpg


2日目の朝・・上野の宿泊先の部屋のベランダから外を眺めました。天気予報どおりのよく晴れた朝です。何度も利用している宿泊先でしたが、ここまで高い階(8階)の部屋は初めてでした。


20081223_02.jpg20081223_03.jpg


宿泊先近くに教会があったのに初めて気付きましたが・・それよりもベランダに設置された避難用はしごの取扱説明の看板のほうが気になりました(笑。しかし朝は寒かったデス。11月の下旬、昼間はそれほどでもない感じでしたが、深夜から早朝はやはり寒さが増して冬の到来が近いと感じられました。


さて本題です。上野の宿泊先の近辺を散策しました。何度も利用している宿泊先で、そこを選んでいる理由がどこへ行くにも便利(主に交通の面で)ということだけでした。でもその近くに隠れた名所(?)があるなんて・・


20081223_04.jpg


それはこの踏切です。一般的に踏切と聞いてイメージするものと若干異なりマス。確かに「トラ縞」柄の遮断機はありマスし・・でも何かヘン。


20081223_05.jpg


遮断機の脇に鉄骨でできた水色の門のような建造物がふたつありマス。そのふたつの門の間にはレールが敷かれ、道路と交差してマスから確かに踏切ですよね。でも・・


20081223_06.jpg20081223_07.jpg


線路の先がビルに飲み込まれてる? つーか、遮断機の脇の門、ビルに近すぎるでしょ(汗。ちょっと違和感があると言うか、踏切だとわかりにくいんでしょね・・「ここは踏切です 注意!」の看板が。


20081223_08.jpg
20081223_09.jpg
20081223_10.jpg


東京メトロ
銀座線 踏切


何と「地下鉄の踏切」なのでした。地下鉄なので地下を走る区間には踏切は基本的にありません。地上を走る区間でも東京の場合はほとんどが高架ですから、踏切はまずないでしょう(たぶん)。

実はこの踏切、友人からその存在を教えてもらったのデスが、まさかいつも滞在している宿泊先のすぐ近所にあるなんて、思いもよりませんでしたね。


20081223_11.jpg


で、ここにあるのは東京メトロの車庫、そして整備工場(?)への引込線らしいデス。車庫が地上にあり、本線から地上に出て道路と交差する・・それで踏切が必要になったんでしょね。でも地下鉄と言えば、電気の供給を架線ではなく「第三のレール」からおこなったりするんデスよね・・踏切の部分にその通電しているレールは無いんでしょか(汗。


20081223_12.jpg


看板に「高圧通電中」なんて書いてあるし(汗。


20081223_13.jpg


それにしても道路からスゴく近いところに車両が停めてありマスな。


20081223_14.jpg


「線路を飲み込んでいる」ビルにはこんな看板が掲げられておりました。


20081223_15.jpg


ビルの反対側には、いかにも工場っぽい景色が広がっておりマス。






おまけ・・


20081223_16.jpg20081223_17.jpg


地下鉄銀座線踏切の近くにこんなお店が・・

コメント

高圧線は

線路と平行に道路を跨いでる青い鉄骨に
太いケーブルがあるので多分ソレかと~。

しっかし、宿泊先とあんなに近かったとはw
クルマだと一通なので歩いたほうが早いかも?

あの青いのは

さんいちサン
意味ある鉄骨だったんデスね。
そして歩いてスグでしたよ~(笑。
銀座線にはいつもお世話になっているので、次回からは毎回「お参り」に行かないといけませんな(笑。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/1322-d203077a