アキバ紀行 2008霜月 その13 

20090221_34.jpg2008年11月の東京の旅、最終3日目。アサヒビール本社のあたりを中心に散策した後は、この旅の最後の訪問先とも言える場所へ移動です。その場所とは東武博物館・・どうしても行っておきたかったのデス。


2008年11月24日(月) 振替休日 第3話

浅草から徒歩で隅田川を渡って散策した後、また浅草まで戻って・・今度は東武鉄道で隅田川を渡り、ふた駅めが前日に鷲宮へ向かうとき乗り換えのため下車した曳舟(ひきふね)。この日はその次の東向島で下車となりました。


20090221_01.jpg
20090221_02.jpg20090221_03.jpg


東向島駅から徒歩で5分以内のところに東武博物館はありました。しかし・・やってしまいました。やはり自分は方向オンチらしく、どれだけ歩いても東武博物館にはたどりつけませんでした。そこで一度リセットしようと、駅前に戻ることにしました・・謎は解けました。まったく反対の方向に歩いていたようデス(苦笑。ハッキリ言って、駅から見えていたはずなのに・・気を取り直して入館~。


20090221_04.jpg


きっぷ型の入館券は駅にあるような自動券売機で購入するのデスが、すぐさま入場口で回収されてしまいマス。せっかく記念に持ち帰ろうと思ってもダメなんだそうデス。欲しけりゃもう1枚買えってか。


20090221_05.jpg20090221_06.jpg


館内に入って最初に視界に飛び込んで来るのは蒸気機関車の展示。しかしせまくてきゅうくつそう・・そう、ここ東武博物館も葛西の地下鉄博物館と同じく、線路の高架下のスペースを活用した施設なのデス。だから奥行きは高架橋の幅までというコトですね。


20090221_07.jpg20090221_08.jpg
20090221_09.jpg20090221_10.jpg


こちらは電車デスね~。浅草-西新井間を運行されていた模様・・そうそう、東武の浅草駅って、昔は今の場所ぢゃなかったそうデス。今の浅草駅からひと駅・・隅田川を渡ってすぐの業平橋(なりひらばし)が昔の東武浅草駅だったそうな。つまり隅田川の対岸までしか来ていなかったと。厳密には浅草ぢゃないトコロに浅草駅があったと。そのことはここ東武博物館の展示で初めて知りました。


20090221_11.jpg20090221_12.jpg


こちらは急行「けごん」の先頭車両の、それも先っちょだけカットした展示。せまい博物館だけに、スペース効率が優先されてマスなぁ。


20090221_13.jpg20090221_14.jpg


電気機関車。前後にデッキが付いた電機は近江鉄道ミュージアムにも多数存在しているので親しみがわきマス。そう言えば東武から近江へ来た車両もありましたっけか。


20090221_15.jpg20090221_16.jpg


電車や機関車以外の展示もあって、地味ながらオモシロいです。ケーブルカー?ロープウェイのゴンドラも。そして作業用のチャリ?・・これちょっと漕いでみたいデスね(笑。


20090221_17.jpg20090221_18.jpg
20090221_19.jpg20090221_20.jpg


旧いバス・・デザインがイイですよね。現代のバスは機能的なんでしょけど、こう
いう時代のバスは味がありマス。カワイイと言ってもイイぐらい。


20090221_21.jpg20090221_22.jpg


何とこのバス、フロントエンジンですよ! この形状からして、てっきりリアエンジンだとばかり思ってましたが・・しかし運転席まわりがスゴイ!! エンジンだかミッションだかのカバーがキャビンにモッコリと突き出してマス。


20090221_23.jpg20090221_24.jpg


座席は横向きのロングシート。電車などでは通勤型と呼ばれるものに採用されているものデス。現在も都市部のノンステップバスの座席の一部はこうなってマスけど・・昔のソフトなサスペンションで、しかも高床だとものすごく揺れたんぢゃないでしょうか。そんなんで横向きに座らされたら車酔いが(汗。

ちょっとおもしろいのが方向指示器。たぶんランプが点滅(もしくは点灯?)するんでしょけど、矢印のカタチにくり抜かれておりマス。


20090221_25.jpg20090221_26.jpg


特急型車両の内部展示。もちろんシートに腰掛けることもOKです。大宮の鉄道博物館でも思ったんデスけど・・昔の特急のシートって、なんであんなにフカフカなんでしょうね。今の新幹線なんて、シート硬いですから・・あ、グリーン車は乗ったことないので知りませんけど(苦笑。


20090221_27.jpg20090221_28.jpg


中二階とも言えるようなフロアには駅を再現した展示があり、自動券売機ではきっぷ型の入館記念券をもらえマス。発券のときに10円玉が必要デスが、ちゃんと戻ってきますので無料デス。また、駅窓口では定期券型の入館記念券も発券してもらえマス。ホントに定期買うときみたいに申し込み用紙に名前書いたりするんデスよ。こういった入館記念券はすぐ脇にある自動改札機を通すコトもでき、こどもたちは大喜びの様子でした。


20090221_29.jpg20090221_30.jpg


ひととおりの展示を見てまわって、入場口のところまで戻ってきました。そこには小さいながらもミュージアムショップがあって、おみやげものを買うことができます。自分はデラックスロマンスカーのピンバッジと、現行特急車両「りょうもう」型のめざまし時計を買いました。デラのめざましがあればもっとヨカッタのに(笑。

おみやげ(ぜんぶ自分用:笑)を持って博物館の外に出ました。外からしか見ることができない展示もあるんデスよね。


20090221_31.jpg20090221_32.jpg


デラックスロマンスカーの車両。だいぶ退色しちゃってマスなぁ・・そろそろお化粧直しが必要かも? 実はこの東武博物館、2009年2月現在はリニューアル工事中です。自分が訪れた2008年11月にはすでに工事用のシートが壁に掛かっているところもありました。このデラの直前にも白いシートが掛かっておりまして、このアングルでしか撮影できませんでしたorz。


20090221_33.jpg20090221_34.jpg


東武博物館のリニューアル工事は、2009年1月から6月まで。すなわち自分が訪れた2008年11月に行かなければ、しばらく入れる機会は訪れません。連休がある5月のゴールデンウィークはまだ工事中ですし、夏場は暑いので東京に来たくありません(苦笑。となると、1年後の秋まで待たなければならない・・それにリニューアル前の展示を見ることができるのは、今回を逃すともうチャンスはないと。「体内鉄分」が高まった2008年の締めくくりとして、どうしても訪れておきたかった場所だったのデス。



【散財メモ】
東武博物館入館料:200円
デラックスロマンスカー ピンバッジ:350円
りょうもう めざまし時計:1,000円
計:1,550円

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/1382-5bdf92bc