安井金比羅宮へ行ってまいりました 

20090629_01.jpg今週のお参り・・京都の安井金比羅宮(やすいこんぴらぐう)へ行ってまいりました。以前からとても興味があって、でもなかなか行けないでいた、そんな安井金比羅宮。もしかすると少し躊躇(ちゅうちょ)があったのかもしれません。でもようやくお参りに行けました。



安井金比羅宮は、京都の東山の地にあります。東山と言えば清水寺や地主神社、八坂神社や祇園といった有名な観光地が目白押しの地です。自分自身、清水寺と地主神社はこれまでに3回もお参りしておりマスしね。その清水寺からそう遠くないところに安井金比羅宮があるということで、「次に清水寺(と地主神社)へ行くときは、あわせてお参りに行こう」といつも考えておりました。しかしいつも時間的な制約があって、行けずじまいということが続いていたのです。



20090629_02.jpg20090629_03.jpg


とにかく行ってみよう・・今回は安井金比羅宮へのお参りをメインに据えて、クルマで京都の地を訪れました。このところ毎週のようにクルマで京都へ来ている上に、東山五条あたりは学生の頃から通学でクルマを使っていたときからちょくちょく通ってましたので、何となく土地勘もあり、何とか行けるだろうと考えました。

いつもどおり、名神高速道路の京都東インターから三条通り経由で東大路通りへ。南へ下ると清水寺の前を通って東山五条へ・・行きすぎました(汗。事前のリサーチで、安井金比羅宮は清水寺より少し北にあることがわかっておりましたので、五条通りを通り過ぎてすぐに引き返しました。

目印としては北から来る場合、東山安井という交差点を過ぎたらもう近いデス。道路右手に東山警察署 安井交番というのがあり、その隣がまさに安井金比羅宮への参道。おもいっきり街中で、まわりがゴチャゴチャしているのでよく見ていないと見過ごしてしまいマスね。



20090629_04.jpg


いつのも縁結びのお参りとは違うところ・・ここ安井金比羅宮は「縁切り」で有名な神社なんデスね。縁切りと聞くと何だかダークでアングラな印象を持ちマスけど・・鳥居に「悪縁を切り良縁を結ぶ祈願所」とあるように、「悪縁を切ってこそ良縁が結ばれる」ということなんデスね。なるほど~・・いったん身の回りをキレイにしてからのほうが、良縁に恵まれるというコトですか。



20090629_05.jpg20090629_06.jpg


たぶん偶然だと思うんデスけど・・参道の途中、脇に「ご休憩」も選べる宿泊施設がありました(汗。縁が結ばれたら、その次もすぐに結べってコトなんでしょか(笑。



20090629_07.jpg


「宿泊施設」の前を過ぎ、奥へ進むと・・さっそく異様な光景が目に飛び込んできます。



20090629_08.jpg


縁切り縁結び碑(いし)。高さ1.5メートル、幅3メートルの巨石で、中央の亀裂を通して神様のお力が下の円形の穴に注がれているとのこと。白いピラピラしたものは形代(かたしろ)で、これに願いごとを書いて縁切り縁結び碑に貼り付けるのデス。これははがされるコトがないのか、どんどんふくれあがっているようデス。



20090629_09.jpg


縁切り縁結び碑にも興味がありマスが、まずは本殿へお参りを。ここにも夏越の祓の茅の輪が設けられておりました。



20090629_10.jpg


さて、縁切り縁結び碑です。200円を納めて形代を手に入れ、願いごとを書き込みマス。書いた形代を手に持ち、碑の穴をくぐり抜けます。まずは碑の表から裏へ抜けて悪縁を切り、続いて裏から表へ抜けて良縁を結ぶという作法デス。



20090629_11.jpg


文にすると簡単そうデスが・・この碑の穴、予想以上に狭くて・・四つん這いになって抜けようとすると、お尻がつかえマス(汗。なので、ほふく前進と言うか、アザラシのような姿勢でないとキビシイです。



20090629_12.jpg


形代を碑に貼り付け、願いを込めた後におみくじを引いてみました。通常のおみくじと縁みくじ・・もちろん縁みくじのほうを引きましたよ。出てきたくじは1番・・ん?これは!と思いました。



20090629_13.jpg
20090629_14.jpg


これまでの経験から(苦笑、おみくじの1番って、大吉が多いんデスよね。結果、やはり大吉でした♪



20090629_15.jpg20090629_16.jpg


運勢:周囲の方々から助言を得て、物事すべて順調に進むようです。今年は新しいことに進んで取り組みましょう。
健康運:最高の運勢です。
愛情運:確かな絆が結ばれるでしょう。
金銭運:好調です。喜びが多い年になりそうです。

う~ん・・今年、もう半分過ぎちゃったんデスけどねぇ。順調に運ばないことも山のようにありましたし、ケガや病気も大きなものこそないものの、病院へ行くことが増えましたし・・

そうか、「今年」って、今日が始まりの一年のことなのかな? だったらもう6月も終わりデスけど、7月からはバラ色の生活が待ち受けていると・・なんて楽天的な(笑。



20090629_17.jpg


ここ安井金比羅宮の縁みくじのスゴイところ・・「あなたがご縁を持っている方との悪縁度」というのが書かれているコトです(汗。縁切りの神様らしい趣向ですね。自分が引いた大吉のくじには「悪縁度5%」とありました。ま、大吉ですからね。しかしパーセント表示ってところが何とも現代的で(苦笑。



20090629_18.jpg
20090629_19.jpg


それほど大きな境内でもない神社なのに、絵馬掛け所やおみくじ納め所は鈴なり。縁にまつわる神社だけに、参拝客における女性の比率がやはり高めでした。



20090629_20.jpg


自分も絵馬を奉納しました。掛けるときに他の人の願いごとが見えるワケですけど・・縁切り神社だけに、非常に生々しいものもありました(汗。先ほどの形代もそうでしたけどね。人の内にひそむ暗いカゲが・・(汗。



20090629_21.jpg


縁結びのお守りによくある、二体セットになったお守り。もちろんそれもありまたが、ここ独特なのがコレ。「縁切・縁結守」・・「悪縁を切ってこそ良縁が結ばれる」ということで、一方の袋には「えんぎり」、もう一方には「えんむすび」と刺繍されておりマス。



20090629_22.jpg


思わず求めてしまったもの・・野宮神社の「神殿御守」に続いてのプロッピーケースを使ったお守り「卓上御神札」。最近、流行りなんでしょかね?・・フロッピーディスクそのものは衰退の一途デスが。



20090629_23.jpg20090629_24.jpg


この卓上御神札のスゴイところ・・「飛び出す絵本」みたいになっていることデス。フロッピーケースを開くと、本殿の絵が立ち上がってきます。




20090629_25.jpg
20090629_26.jpg


カンカン照りの晴れでまぶしいぐらいの陽光が降り注ぎ、おにゃのこの参拝客が多くてその話し声も明るく軽いものばかりなのに・・なぜか重~いものを感じてしまう、安井金比羅宮でした。



【散財メモ】
賽銭:?円
形代:200円
縁みくじ:300円
縁切・縁結守:800円
卓上御神札:1,200円
願掛け絵馬:300円
計:2,600円+?円

コメント

突然のコメント失礼します。

本日、金比羅さんに参拝してきてブログにも書かれていた縁みくじを引いてなんとなく帰りの新幹線でネットを見ていた所、こちらのブログが目に入りました。
番号が早い方が悪縁度が低いとは聞いてましたが、1番って凄いです!1番はだいたい大吉なんですね。書いてる内容も良い事ばかり、悪縁度も低く羨ましいです(笑)
でもそれに驕らず冷静に受け止められている事に惹かれコメントさせて頂きました。こちらの記事は10年前くらいのものの様ですが今もブログを書かれているようで凄いです。少し拝見させて頂きましたが、三千院に行ってみたいと思っていたので参考になりました。有難うございました。

コメントありがとうございます

あやサン

はじめまして。
とてもていねいなコメント、ありがとうございます!
完全に自己満足の世界で長々と続けているだけのブログに目をとめていただけてうれしいです・・励みになります。
それにしても過去の記事を見返すと、その当時はいいと思って使っていた文体とか、恥ずかしくなってしまいますね(苦笑。
「新幹線で」ってことは、ずいぶん遠方から京都へいらしたのですね。
自分はすぐ隣の滋賀に暮らしているので、思い立てばすぐ京都へ出かけることができ、また神社やお寺の空気感が何とはなく好きなので、お参りに行っておみくじを引く回数も多くなった結果で、大吉の傾向も単なる統計学的観測なんですよね。
三千院のある大原は、京都市内とは言え完全に遠い山の中なので、時間に余裕をもって行かれることをおすすめします。
また気が向かれたら、このブログものぞいてやってください。

私も大吉でした…

先日、何年も前から行きたいと思っていた安井金比羅宮に行って来ました!
本当に悪縁を切りたいので…
連休で混んでいたため、お参りのみをして石はくぐれずおみくじを引いたところ、私も1番でした。おみくじを受け取り開いてみると、大吉で悪縁度5%…
仕事で精神的にかなりつらいのに、全然悪くないなんて…

京都には飛行機でないと行けない距離に住んでいるため、この日をとても楽しみにしていました。しかし自分の思っていた結果と真逆の答えだったので、正直ショックです…大吉なのに…笑

あのおみくじを引いてから何か良い方向に向かいましたか?
こんな私ですが、教えていただけると幸いです。よろしくお願いします。
ちなみに、約10年経った今もおみくじの内容は同じでした!笑

何と言えばいいのか

くうサン

コメントありがとうございます。
飛行機でないと行けない距離なのにわざわざ足を運ばれたとあっては、さぞかし深い悩みを抱えておられるのだなとお察しいたします。他人の私がくうサンの苦しみを完全に理解することはできないと思いますので、軽々しい励ましの言葉を発するような無責任なことは避けたいかなと思いますのでご容赦を。

ブログ記事を書いた当時、同じ勤め先に私が想いを寄せていた方がおられたのですが、願い叶わず別の方とご結婚されて、その後も職場に留まり続けられていたので、その職場環境は毎日つらいものでした。それで「早く辞めてくれないかな」などと思っていたことが、縁切りで有名なココへ行った、実は動機だったりします。

当時は記事本文にはそんなことは書けませんでしたし、何て身勝手な自分だったのだろう・・と、今となっては読み返すたび恥ずかしさでいっぱいです。しかし過去は変えられませんし、失敗を重ねた過去があって今の自分があるのだと思えば、記事もあえて残しておくのがいいのかなと思ったりもしてそのままにしてあります。

その後の10年ほどの間、何年かに一度、新しい想い人ができて気持ちが盛り上がるのですが、最終的にはうまくいかず沈んだ気持ちでしばらく過ごすということの繰り返しですかね。良い結果にはつながりませんでしたが、悪縁と言えるものは無かったように思いますので、ご利益はあったのかなと思うことにします。

あと、少し大きな病気をして危うく命を落としそうになったことがありましたが、幸いにも生き延びて今は元気に平凡な毎日を送っています。それってシニガミとの悪縁は切れたと思っていいですかね(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/1510-d7af8145