FC2ブログ

道祖神社へ行ってまいりました 

20090630_10.jpg今週のお参りはハシゴ・・京都東山の安井金比羅宮の後は、下京区の道祖神社へ行ってまいりました。これまた街中の神社で・・しかし安井金比羅宮とは違って、それはそれはひっそりとしたトコロでした。



道祖神社は、京都駅か徒歩10分ほどの場所。今回、自分はクルマで行きましたので、実際に歩くとどれぐらいの時間がかかるのかわかりませんが・・ともあれ、間違いなく歩ける距離デス。



20090630_01.jpg


京都の駅前からまっすぐ北へ延びているのが烏丸通り。烏丸通りから西へ・・何本かのせまめの通りをはさんで、次の大きな通りが堀川通り。烏丸通りと堀川通りを、京都駅の真ん前にある横向きの通りがつないでいますが、これが塩小路通り。



20090630_02.jpg


京都駅から塩小路通りを歩き、堀川通りと交差するところまで行くと、ちょっと行きすぎ。1本手前の油小路通りを入って行きます。目印としては、オムロン本社ビルの前を通りすぎて、すぐ次の細い路地が油小路通り。



20090630_03.jpg


これが塩小路通りから油小路通りへと折れたところ。



20090630_04.jpg


で、すぐに道祖神社の看板がありマス・・「えんむすび道祖神社」



20090630_05.jpg20090630_06.jpg


縁結びをご利益にかかげている神社にしては、かなりヒッソリ感が・・参拝客はひとりもいません。手水も流水量が少なめで・・つーか、ほとんど止められてるし。神社参拝前の作法として口をすすぐということがココではできませんね。



20090630_07.jpg


つーか境内、せまッ!・・とてもこじんまりとした境内です。



20090630_08.jpg


鳥居の脇に石碑・・道祖神。祀られているのが道祖神だから道祖神社。



20090630_09.jpg


社殿もこじんまりとしたものデス。とりあえずお参りを・・



20090630_10.jpg20090630_11.jpg


社殿脇には絵馬が掛けられておりましたが・・2002年とかの日付も。え?・・7年とか、掛けっぱなしなの? つーか、それだけの年数が経っても絵馬掛け所がいっぱいにならないのか、この神社は。



20090630_12.jpg20090630_13.jpg


神社前の看板にもあったように「えんむすびの神」と書かれたちょうちんと、もう一方には「交通安全の神」・・道祖とは路傍の神、本来は交通安全を祈願するほうがメインなのかもしれません。

それにしてもひっそりしています。境内に社殿はあれど、社務所というものが存在しません。なのでお守りを授与していただけるところがありません。とすると、さきほどの絵馬はいったいどこで手に入れるんでしょか? 持参品?



20090630_14.jpg


境内から出て、隣へ行くと道祖神社がひっそりしている理由がわかりマス。お隣は不動堂明王院・・お不動さんデスね。ここでピンときたアナタはするどい! お不動さんと縁結びの神社って、結構かかわりが深かったりするんデスよね。ここ、道祖神社と不動堂明王院もそういった関係なのかもしれません。



20090630_15.jpg20090630_16.jpg


絵馬こそありませんでしたけど、縁結び護摩木がありました。「良縁を願うおふたりのお名前を書いて・・」お不動さんにお焚き上げしてくださるそうデス。見本の護摩木が置いてあったのデスが、そこには「源義経、静御前」と書かれておりました(笑。



20090630_17.jpg20090630_18.jpg


仕上げに(?)おみくじを引きました・・末吉。えんむすびのお守りは、どこかで見たようなデザインでした。袋の裏、○○神社とか刺繍されている場所は空白でした。



【散財メモ】
賽銭:?円
縁結び護摩木:500円?(失念)
おみくじ:200円?(失念)
縁結びお守り:500円?(失念)
計:1,200円+?円(失念)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/1511-6ad5053b