FC2ブログ

楽園 

20090915_01.jpg楽園という言葉を思い浮かべるとき、その人はおそらく苦難のただ中にいるのではないだろうか。この苦しい状況を脱すれば、長いトンネルを抜ければ、そこには楽園が待っているに違いない。そう思わなければ、現在のストレスに耐えられない。人は楽園を夢想し、その存在を信じる。と同時に、楽園など存在しないのではないか? 夢まぼろしなのではないだろうか?と疑いもする。だから前へ進むことを躊躇する。信じるも信じないも、それぞれの自由・・それぞれの楽園。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

600ミリ × 380ミリ × 220ミリ
以下のリンク先を参考にしてください。
http://coinlockersearch.com/akihabara.html

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/1588-3a4e0eeb