FC2ブログ

外面 

20090918_01.jpg外面(そとづら)だけイイ人が嫌いだった。得意先と電話するときに声のトーンが変わる人が嫌いだった。あんな人は信用ならないと思っていた。

数年経って今・・自分も電話で話しているときに、声のトーンが変わっていることに気付いた。電話で話すとき、相手の姿が見えないから、自分の誠意や熱意を伝えようとすると、声に表情を持たせなければならないことに気付いた。

自分が一介の技術者から、人を相手にするシゴトに変わったことに気付いた。でも嫌いだった人は、相変わらず好きになれない。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/1591-d5cb55ea