FC2ブログ

中近東バージョン 

20100103_11.jpgストレスというものは、何かが犠牲になって発生するもの・・なんぢゃないでしょか。だとすると、その犠牲を代償として、何か別の成果を得ているのではないのか。ギブ・アンド・テイク・・言葉にすれば軽いものですが、その裏には大きい重いものが潜んでる。何かを得ようとすれば、何かを失わなければならない。ならば、ストレスを与えるモノも同時にきっと何かを失い続けていると言える。ストレスを与えるモノを憎むだけではなく、憐れむココロを持てるようになれば、少しは楽になれるのではないか。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/1764-150938d8