FC2ブログ

切れ味 

20100103_12.jpg切れ味鋭い刀のようでありたい・・常日頃、とくにシゴトをする上ではそうありたいと思い続けてました。しかしここ数年シゴトの幅が広がり、鋭いだけではダメなんだという状況も生まれるようになりました。そこで自分は、その場その場で状況に合わせた道具に変われるようになりたい・・変幻自在な役者のようになりたいと思うようになりました。これはシゴトの上でも重要な目標でありましたが、人づきあいの面でもとても役立つことだとわかりはじめました。

グイグイと力まかせに押してくる人には、同じように力で対抗しては衝突が起こるだけです。なのでうまく「いなす」方法を考えるようにしました。時にヒラリヒラリ、時にのらりくらり・・かわしたりするとダメージが最小で済みます。

逃げてばかりぢゃないか・・確かにそう思われるでしょう。反撃の方法も考えてたりします。切れ味鋭い刀はよく切れますが、切れ味悪いノコギリで斬られたほうがダメージはデカイような気がします。あるいは刃物ではなくて鈍器で殴られたほうが、後を引くかもしれませんね。また、相手が得意とする武器ではこちらは対抗しない・・それが肝要。

コメント

勉強になりました。気が強いもんで(汗)。
とはいえ、最近はまだしゃべれない我が子とばかり対峙しているせいか、私の中の凶器もすっかり錆び付いております(笑)。

結局は人と人

はきこサン
自分がこのような心境になれたのは、つい最近のことでして・・
それまでは「力には力で」「言葉には言葉で」といった、対抗心むき出しの対応でしかありませんでした。
それがとある「難しい相手」との対峙で、少しずつ考え方が変わってきたんですね。
また、勤め先で総務や労務といった、「多数の個別」への対応が必要となるシゴトにめぐりあい、その辺がより一層よく見えるようになってきました。
しかしまだまだ・・
一生、勉強が必要ですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/1771-16c75e77