FC2ブログ

よどみ 

20100916_01.jpgゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。

一見すると同じに見える川の水も、常に流れて入れ替わっている。流れが無くなると水はよどみ、ついには腐臭が漂い、誰も寄りつかなくなってしまう。腐敗は知らず知らずのうちに進んでしまうから、たちが悪い。腐りつつあることに気が付かない。そしていつか大変なことになる・・気付いたときにはもう遅い。内からでは気付かないことは、外から教わらなければな<らない。水も空気も、人も組織も、時にシャッフルが必要だ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/1959-a10fef30