FC2ブログ

コウセイブッシツ 

20100919_01.jpg昨日、歯医者で親知らずを抜き、まだその痛みとほっぺの腫れは退いておりません。食事は正直言って苦痛です・・血の味はするわ、縫合箇所は突っ張るわ、何より痛いわ・・そんな状態でおいしく食べられようはずがありません。さらに困ったことになっているのが下痢です。親知らずを抜いたのと下痢って、関係ないように思いますが・・抜歯のときに抗生物質を投与されているのです。「投与」と言っても、経口式と言うか、いわゆる飲み薬タイプのものでした。これは以前にも飲まされたことがあって、飲めばどうなるのかよくわかっておりました。抗生物質とは、要するに細菌を死滅させる薬です。これを口から飲むということは、消化器を通過していくと言うこと・・つまり腸内細菌を全滅させる勢いなワケですよね。その中には良い働きをする細菌もあるワケで・・たとえばビフィズス菌やら乳酸菌やら、そう言ったものも死滅してしまい、腸の働きが低下すると。もともとオナカが強くない自分などは、飲めばテキメンと言うか、超特急ですよ(汗。衛生士の話によると「飲めば1週間効果が続く」と・・あぁ、これから1週間、ピーピーが続くワケですか。

コメント

素人考えですが、お腹に優しい菌が入った乳酸飲料を、どんどん飲めばどうでしょう?
抗生物質が効いている限りは意味がないですかね?

あながち

友人サン
間違いではないような気がします。
死滅させなければならないのは、傷口から入って炎症や化膿を引き起こす「悪い菌」だけですからね。
自分自身、気休めに過ぎないかもしれないのですが、○○菌入りの整腸剤を飲んでます。
そのうちのいくらかは、長く効く抗生物質のせいで無駄死にしてるんでしょけど・・

ただ、乳酸飲料の場合、水分が多くなるので、もともとオナカが弱い自分としては「水分過多」で副次的に下痢になってしまうというオチに(苦笑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/1962-9c831434