トキヲ紀行 2010神無月 その11 

20101026_01.jpg2010年10月、体育の日。三連休の東京旅行、2日目。もんじゃタウン月島をモヤモヤ・・じゃなくてブラブラしてきました。その後、月島駅に戻り、東京メトロ有楽町線に乗って有楽町へ。JR山手線に乗り換えて秋葉原、さらにJR総武線に乗り換えて御茶ノ水へとやってきました。




2010年10月11日(月) 体育の日 第9話

自分が東京に来ると、御茶ノ水駅ってよく利用しますね。


20101026_02.jpg


快速の中央線と各駅停車の総武線が並行して走っておりますが、主に使うのは総武線・・中央線にはなかなか乗る機会がありません。今年5月には新宿から東京方面へ移動するのに中央線に乗ろうとしたのですが・・乗る直前に発生したホームでの人身事故(飛び込み)によって、実現しませんでした。まぁ、ちょくちょく来ますから、いずれ乗れることでしょう。



20101026_03.jpg20101026_04.jpg


さて、今回、御茶ノ水に来た目的はこちら・・明治大学博物館を見学するためです。明大博物館は文字どおり大学の博物館ですが、大学の歴史やキャンパスがある地域の遺跡から発掘されたものなどが展示されています。ちなみに入館は無料、一般に開放されているものです。そんな中、自分の興味を引いたのは・・



20101026_05.jpg


これですね。「鉄の処女」と訳される拷問の道具です。何でこんなものが大学の博物館に?と疑問に思われるかもしれませんがね。ここ明治大学はその前身と言うか由来と言うか・・最初は法科の専門学校だったらしいのです。なので拷問や処刑の道具というものの歴史も大いに関係があるということでしょう。

「鉄の処女」(アイアン・メイデン)について、ここで説明ができるほどの知識が自分にはないので、詳細については興味ある方がご自身で調べてみてください。ま、ここに展示されているのはレプリカなんですけどね。しかし書物で見る写真と違って、やはり実物大に近いものを目の前にすると、その迫力に感激してしまいますね。



20101026_06.jpg20101026_07.jpg


ミュージアムショップにこんなTシャツが販売されてましたので、1着買ってしまいました。こんなグッズにしてしまうほどですから、鉄の処女は明大博物館のシンボルなんですね。それにしても、この日は月島でもんじゃTシャツ、明大博物館で鉄の処女Tシャツ・・Tシャツばっかりだ(苦笑。

明大博物館・・それほど大きなものではないので、ゆっくり見学してもそれほど時間がかかるワケでもなく、この日のような回り方で夕方16時頃に訪れても充分でした。



20101026_08.jpg
20101026_09.jpg


帰りもまた御茶ノ水駅から総武線に・・いつ見ても思うんですが、おちゃのみずえきは絵になりますなぁ。



【散財メモ】
アイアン・メイデンTシャツ:800円(安い!)
計:800円

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/1999-63815848