トキヲ紀行 2010神無月 その17 

20101101_12.jpg2010年10月の東京旅行、3日目は平日の火曜。とっても空いてる静岡ホビーフェア会場・・この日にここを訪れることにしたのは、その空き具合を見込んでのことなんですけどね。このイベントのメインは何と言ってもガンダム・・昨2009年夏、東京お台場にて初お目見えしたあの「実物大」ガンダム。昨夏の終わりには解体され姿を消しましたが、そのガンダムが1年後に場所を変えて復活。しかも装備のバージョンアップがはかられてといる言うことなら、見に行くしかないじゃないですか。ガンダム、静岡の大地に立つ!




2010年10月12日(火) 第5話

さ~て、1年ぶりに「実物大」ガンダムとご対面ですよ。



20101101_01.jpg


今回ガンダムにはビームサーベルが装備されました。いや、ビームサーベル自体はもともと装備されていました・・背中のバックパックに収納された形で。それが今回、抜いて右手に持った状態にバージョンアップされたのです。



20101101_02.jpg


今日も晴れ・・自分がガンダムに会いに来るときは、いつも快晴ですね。



20101101_03.jpg


なので角度によってはヒドイ逆光に悩まされることも(苦笑。こんなときはカメラの露出補正設定をうんとオーバー側に振ってやって切り抜けます。ガンダムの白さをうまく表現するには、降りそそぐ光の量を常に意識しないと・・



20101101_04.jpg


ここ東静岡駅周辺には建物が比較的に少なく、写真撮影には好条件です。バックに何も入れなければスッキリキレイな画が撮れる。少し遠めの建物が入ると、それはそれで大きさ感とかも表現できたりしますね。ここで大事なことは、バックに何かが「入っちゃった」ではなくて、「入れて」うまく1枚の写真まとめるということ。これ、なかなかうまくできませんね。フィギュアとジオラマなら、被写体を動かしつつやってけばいいワケですけど、「実物大」ガンダムではそうはいきません。よりよいポイントを探りつつ、動き回る・・写真撮影の基本をあらためて思い出します。



20101101_05.jpg


この角度で足元だけをカットすれば、まわりに何も無いかのような感じに撮れて、何かの素材に使えそうです。いやホントに青空がキレイです。



20101101_06.jpg


駅前で唯一の高層建築は、NTTドコモのビル・・この角度からは避けようがありませんでした。なのでうまくオーバーラップするところを探って、エヴァンゲリオンの射出カタパルト風に撮ってみましたよ。



20101101_07.jpg


メカメカしい背部は男の子大好きなカットです(笑



20101101_08.jpg


今回の注目点、ビームサーベル・・さすがに本物のビームってわけにはいきませんので(苦笑、白い棒状になっております。どちらかと言えば、ビームジャベリン風?



20101101_09.jpg
20101101_10.jpg20101101_11.jpg
20101101_12.jpg
20101101_13.jpg


望遠レンズで寄るほどに、各部の造り込みのすばらしさがわかりますね。



20101101_14.jpg


もし「次」があるとするなら、いったい何が装備されるんでしょうか? ビームライフル? シールド? まさかガンダムハンマー?(汗。どうせならコアブロックを着脱できるように・・ムリか。



20101101_15.jpg


逆光を逆手に取って、こんな画も撮ってみました・・

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/2005-c3b53ea4