FC2ブログ

ゼロ 

20101017_10.jpgゼロ・・それは何もないこと。まさに「無」である。「すべてを無にする」という言い回しはあるが、果たしてそれは本当にゼロたりえるのだろうか。すでに起こったことを無にすることなど出来はしない。成果や結果が論理的にはゼロであったとしても、それに至るまでのプロセスは無かったことにはならない。プロセスまで包括すればプラスかもしれないし、逆にマイナスであることもありうる。いずれにしても「無」であるはずがない。すべてを失ったとしても、それは「無」ではない。それはこの場所にあった小屋で活躍してきた歌舞伎役者とて同じ。すべてを受け入れて、その上で再スタートを切るしかないのだ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/2040-5befcfbe