トキヲ紀行 2011睦月 その6 

20110207_01.jpg2011年1月の東京旅行、変わって2日目。東京から出てみることにしました。3日間の旅行のナカ日は、東京から飛び出すことが恒例となっております。今回もそうしたのですが・・と言っても、とても近いところです。行き先は冒頭の写真でもうおわかりだと思いますが。




2011年1月23日(日) 第1話

前夜は早めに寝ましたので・・と言うより、宿泊先の自室で夕食を摂って、横になってテレビ見てたら、いつの間にか眠り込んでしまいました。何だか自宅にいるときと変わらん生活だな(苦笑。そんなこともあって、わりと早い時間に目が覚めて、シャワーを浴びて、身じたくして、軽く朝食を摂って、10時半頃に出発・・



20110207_03.jpg20110207_02.jpg


東京メトロ銀座線で稲荷町から日本橋へ。日本橋で都営地下鉄 浅草線に乗り換えて泉岳寺へ。泉岳寺で浅草線に乗り入れている京急線へと乗り換えです。京急のターミナル駅と言えば品川のイメージですが、相互乗入の泉岳寺が始発になる列車も多く、ここで乗り換えれば確実に座れるってことで。

で、やってきた快特列車は2100・・有名な「ドレミファ・インバータ」の車でした(※写真の車両前面は、帰りに乗った別の2100で非ドレミファ車)。泉岳寺は地下駅なので、発車時の「♪ドレミファ・・」がトンネル内に響き渡って、思わずニヤリでした(笑



20110207_04.jpg20110207_05.jpg


せっかく速くてドレミファな快特に乗りましたが、泉岳寺、品川、京急蒲田、そして京急川崎で下車・・あっという間でした。しかし京急川崎に用事があるワケではなく、ここで京急大師線に乗り換え・・川崎大師駅で下車です。



20110207_06.jpg


その駅名のとおり、川崎大師の最寄り駅です。関東の私鉄って、初詣客の輸送需要がきっかけになっているという会社も多いと聞きます。たとえば京成線は成田山新勝寺とか・・成田山は関東のみならず日本全国レベルでも3本の指に入るほどの初詣客でにぎわいますからね。。京急沿線の川崎大師も同じ、有数の初詣スポットです。昨年の1月には、明治神宮と成田山はお参りしました。関東初詣客ベスト3のうち、2か所は行けましたので、残るひとつの川崎大師に行けてなかったことが、少々の心残りではありました。



20110207_07.jpg


駅前すぐのところに「表参道 厄除門」の文字が見えましたので・・と言うか、下車したお客さんはほぼすべて、そちらに流れてましたので(笑、それにつられて行きました。



20110207_08.jpg


駅前からの「表参道」は、自動車も通る道のため歩行者は歩道に・・なので両側の歩道は結構な混雑っぷり。しかしそれはまだ序の口でした。一本折れた「仲見世」と書かれた通りに入ると、このとおり・・この日、1月の23日ですよ。日曜日とは言え、三が日からは3週も経っているワケです。それでもこの人出、参拝客・・さすがは指折りの初詣スポットです。



20110207_09.jpg


露店の飾りつけもお正月ムードただようもので、まだまだ初詣シーズンは終わってないんだなと。あと印象的だったのは、あめを切る包丁の音・・「とんとこ飴」と呼ばれているそうです。でもね、よく見てみると、トントン言わせているのはあめを切っている包丁ではなく、切ってない人が包丁でまな板を叩いているみたいです。



20110207_10.jpg


人の波にもまれつつ、なんとか山門までたどり着きました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/2103-568a7189