FC2ブログ

メガーヌR.S. マイナーチェンジ 

20120626_01.jpgメガーヌR.S.がマイナーチェンジします。ネット上ではかねてから話題になっていたのですが・・今日、ルノー・ジャポンのホームページを見たら、正式に発表されていました。フランス本国ではすでに先行してマイナーチェンジ済みのメガーヌR.S.は、パワー・トルクともアップしているようで、従来250PS&340N.mから、265PS&360N.mへ。つまり、「トロフィー」と同じスペックになったというワケですか。

ウチのメガーヌR.S.はまだ7千キロほどしか走っていません。もし下取りが良ければ、マイチェン後モデルに乗り換えもアリか?などという妄想も一瞬浮かびましたが・・結論としは「ナシ」です。なぜかと言えば・・マイチェンで失われるものがあったからです。それは左ハンドル・・そう、マイチェン後のメガーヌR.S.は、なんと右ハンドルのみの設定になってしまうのだそうです(日本市場の場合)。

それは・・自分にとっては魅力半減です。メガーヌR.S.の購入動機としては、圧倒的なハイスペックに加えて、スーパーカーちっくなボディスタイリング、そして左ハンドル+MTという、ド変態な・・いや、マニアックな仕様に
惹かれたからなのです。それが右ハンドルって・・せめて受注生産でもいいから、左ハンドルの設定を残すという手は採れなかったのでしょうか。

左ハンドルが選べない時点で、自分としてはメガーヌR.S.からメガーヌR.S.へとわざわざ乗り換える意味は消滅です。パワー&トルクが劣る点は、マフラーとかコンピュータを交換してチューンすれば補完できますからね♪

そんな中でも一点だけ、マイチェン後モデルに惹かれることがあります。ジョン・シリウスという「黄メタ」のボディカラーがオプション選択できるようになることです。もし自分が商談していた段階でこのジョン・シリウスが選べたなら、間違いなく買っていたでしょう。ルーテシアR.S.で実色を見て、なんてきれいな色なんだ!と思いましたからね。しかし当時、メガーヌR.S.に用意されていたのは、ジョン・スポールというソリッドの黄色だけでした。だから次に好きな青メタにしたんですね。

もっとも、今となっては青にしてよかったと、たいへん気に入っておりますので、あえてオールペイントとかいうことは、まったくもって考えていません。個人的に青メタというのは、エレガント感とスポーティ感のバランスが絶妙だと思うのですよ。そして古くなっても美しさの目減りが少ないように思うのは、決して気のせいではないと思えるのですよ・・自らのクサラを見てそう感じます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/2608-3dfaae9b