トキヲ紀行 2013皐月 その3 

20130511_01.jpg2013年ゴールデンウイークの東京旅行初日。新幹線を降りて、宿泊先へのチェックインまでの2時間弱・・改修成った東京駅丸の内駅舎の見学をしました。満を持して宿泊先へと向かいますが、その先にとんでもないハプニングが待ち受けていようとは、このとき知る由もなかったのです。



2013年5月3日(金) 憲法記念日

今回の宿泊先は浅草橋。いつも利用している東上野の施設は、満室で予約が取れなかった。1年前に利用していた日暮里の施設も同じく満室。同じホテルチェーンで空いているところはないかな?と探したところ、浅草橋の施設に空きがあったのでそこに決めました。



20130511_02.jpg

東京駅からJR山手線または京浜東北線で秋葉原へ。秋葉原で総武(緩行)線に乗り換え、千葉方面へひと駅・・そこが浅草橋。アキバへ何度も来ていますし、総武線にも何度も乗っていますので、これなら交通の便に不安はないかな、と。

そしてホテルへ。Androidタブレットのナビを使いつつ探してみたら・・なんとJR浅草橋駅の改札を出て、徒歩わずか3、4分ほどでした。これはかなり便利なんじゃないの? いやぁココ選んで正解でしたよ。

しかし・・ここでとんでもないハプニングが!

係員:「いらっしゃいませ」
自分:「こんにちは。チェックインお願いします」
係員:「ありがとうございます。ご予約のお名前をお願いします」
自分:「TET'sと申します」
係員:「TET's様、確認いたしますので少々お待ちくださいませ」

・・・しばし端末機のキーボードをたたく音が・・・

自分:(ん?ヤケに遅いな。そんなに時間かかるか?)

・・・

係員:「TET's様、本日『ホテル○○浅草』にご予約いただいておりますが、こちらは『ホテル○○浅草橋』でございます」
自分:「へ?・・エーッ!何ですって!!」

どうやら自分、同じホテルチェーンの浅草橋の施設を予約したつもりが、実際は浅草の施設を予約していたようです。なんということだ・・まずは恥ずかしさ全開。そして思いだしたのが不安なこと・・浅草の施設のことはネットで見て知っていました。そちらは駅から少々離れていて不便そうだったので、予約を避けた経緯があったんですね。しかし予約したのがその不便な施設とは・・でも今さらどうしようもありません。まだ予約できていただけでもマシ・・この期に及んで宿を予約できていなかった、とかだったら目も当てられませんしね。



20130511_03.jpg

移動には都営地下鉄 浅草線を使います。浅草橋からひと駅、蔵前が最寄駅だそうで。蔵前駅と聴いて、なんかいいイメージが湧いてこないんですよね。過去に蔵前駅を利用した記憶と言えば、大江戸線と浅草線の乗り換えでした。何の予備知識もなく、路線図を見て乗り換え可能だと思っていたら・・いちど改札を出て、さらに地上を数百メートルも歩いて、そんな乗り換えだったんですよね。とにかく不便、というイメージしか残っていなかったのですよ。



20130511_04.jpg

で、蔵前駅・・改札出て、地上へ上がって、北へ(浅草方面へ)テクテクと歩きはじめます。ナビによると、どうやら隅田川を渡るらしい・・厩橋。こんなとこ、はじめて歩くわ・・って、この橋のすぐ脇に大江戸線の蔵前駅がありましたので、一回は歩いているってことか。でも橋を渡るのははじめて。



20130511_05.jpg

橋から東京スカイツリーがよく見える! これはいい眺めだ。



20130511_06.jpg

駅を出て10分・・ようやくホテルが見えました。住所表示は本所一丁目。隅田川を渡ってきたから、ここはもう台東区じゃなくて墨田区か。そしてホテルの脇にはチラッとスカイツリーが見えて・・これ、もしかしたら部屋の窓から見えるんじゃないの? だったら、駅からちょっと離れていて不便でも、滞在するにはいい環境なんじゃないの? 期待が高まります。



20130511_07.jpg

まずはチェックイン・・今度は名前言ったら、すぐにわかってくれました。チェックイン予定15時にしておいたのに30分経過していたから、待っててくれたんでしょうかね。部屋に入ると・・きれい! リブランドして、ウイークリーマンションからホテルチェーンへ業態換えしたからグレードアップした印象です。あとは期待の「スカイツリー・ビュー」ですね!



20130511_08.jpg

・・そううまい話ばかりではありませんでした。部屋は3階、隣の建物に遮られて、スカイツリーは先端がかろうじて見えるのみ。おそらく7階建てくらいは高さがあるので、高層階ならいい眺めだったんでしょうね。フロア指定で予約できればいいのに・・

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/2928-fdbb19ad