FC2ブログ

入院生活 2013年6月4日 

2013年6月4日(火) 晴れ

(この記事は、入院中に書き留めておいた備忘録メモをもとに記憶をたどり、退院後にまとめた手記です)

入院生活3日目。回数はいくぶん減ったものの、定期的に体温と血圧の計測が夜中もおこなわれます。そのたびに目覚めてしまうので、昨夜もグッスリとは眠れませんでした。昨日、38度台だった熱は下がったものの、まだ37度台・・いったいどうなっているのか。感染症か? それに対して血圧・・低い、低すぎる。上が85、下が48とか、いくらなんでも低すぎるではないですか。心筋梗塞を発症した患者はその後、血圧が低下すると主治医が言っていたのですが、これはあまりにも下がりすぎなので、一時的に降圧剤をストップさせることになりました。


【安静継続】

今日もまた、ICUのベッドで絶対安静が続きます。午前中、昨日と同様、また下(しも)回りの洗浄とおむつ交換、さらに今日は全身を蒸しタオルで拭いてくれました。とても気持ちがよくてスッキリしたのですが・・この状況、完全に要介護者のそれですね。屈辱的ではありますが、仕方がありません。ICUに入って3日目、相変わらず何もしないで天井を眺める生活ですが、意外なことにそれ自体は苦痛に感じません。結構長く耐えられるタチかも? 排尿チューブとか、酸素吸入チューブとか、点滴チューブとか、それらがジャマで寝がえりを打ちづらいことは少々苦痛ですが。



【歯みがき】

両親の見舞い・・今日は午後でした。昨日、頼んでおいた電動歯ブラシを持ってきてくれました。実はここまで、食事はしても歯みがきできない状況が続いていたのでした。ベッドから離れることはできないので、食後には口をゆすぐための水と、それを吐き出す容器を看護師が持ってきてくれるのですが・・それだけでは歯の表面に汚れが付着してザラザラで気持ちが悪い。歯みがき粉は使えないけれど、歯ブラシで歯の表面みがいて、水で口をゆすぐだけでも、かなりスッキリしました。ふだん自宅では歯みがきがメンドくさかったのですが、全然できないとなるとダメですね。



【一般病棟へ】

両親が帰っていった後しばらくして、ICUから一般病棟へ移ることになりました。4人部屋で自分の他に患者は向かいのベッドに1人だけでした。テレビはあるけれども、視聴用のカード(有料)が必要・・排尿用チューブと酸素吸入チューブがまだ取り付けられたままなので、カードを買いにいくこともできず、結果テレビを見ることはできませんでした。何だよ、部屋が変わっただけで、安静は変わらないじゃないか・・



【隣人】

夜、向かいの患者の様子が気になる・・粗野にして雑、声が大きい。トイレに立ったり、看護師の質問に答えたりするたびに、コッチが驚いてビクッとなる・・心臓への負担が心配になります。その向かいの患者・・夜にはシッカリと部屋の冷房を切ってくれまして・・うるさいだけでなく、暑くて眠れなくなってしまいました。最悪・・

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/2952-12755da9