FC2ブログ

入院生活 2013年6月8日 

2013年6月8日(土) 晴れ

(この記事は、入院中に書き留めておいた備忘録メモをもとに記憶をたどり、退院後にまとめた手記です)

入院生活7日目。隣人のいびき被害は相変わらずですが、昨夜はトコトン眠くなるまでラジオ聴いて起きていたのがよかったのか、3~4時間は眠れた気がします。5時45分に目覚めて、自主的に体温を計ってみたところ、37度ありました。しかしその30分後、体温と血圧の測定があったときは36.2度まで下がっていました。朝食後、便意を催してトイレへ行ったところ、どうやら昨日の下痢は解消した模様。それにしても、この青空は何なんでしょう・・5月下旬に梅雨入りしているというのに、雨はほとんど降らず、毎日よく晴れています。気温も高く、連日の夏日です。


【心臓リハビリ】
今日のリハビリは病棟のフロアを2周と、階段の1階分を降りるだけ・・戻りはエレベーターです。これに合格したことにより、病棟の1フロア下の売店へ行くことができるようになりました。ただし、売店へ行くときは他へ立ち寄ることなく、エレベーターを使って昇って、病室へ戻ること・・夕方、とりあえず売店をのぞきに行ってみました。売店は17時で閉店、日曜の明日は休業なので、今しかないな、と。



【身体拭き】
土曜は身体拭きの蒸しタオルが配給される日。未だにシャワーを浴びることも許されていませんので、この身体拭きが非常に重要なのです。入院して1週間、身体は蒸しタオルで拭けるけれど、頭がかゆくて仕方がない・・そこで思いついたのが、頭皮を濡れタオルで拭くということでした。幸い短髪なのでそういうことが容易にできて、しかもやってみると結構スッキリしました。これから毎日、この方法でいこう、と。



【見舞い】
昼食と摂って、テレビ見たり、雑誌読んだりしている間に眠気が差し、横になってウトウトしていたところ、母と弟、妹とその娘(姪)が見舞いにやってきました。談話室で少し話をしていたところ、10分ほど後に、今度は職場の先輩、同僚、数年前に退職した元社員の3人が見舞いにやってきました。なんてタイミングが悪いんだ・・彼らとは1時間ほど話すことに。話している間はそうでもありませんでしたが、終わって病室へ戻ったら結構、疲れていました。座って話すだけでも、心臓には負担が掛かっているのだな、と。母には耳栓を持ってきてくれるように頼んでおきました。



【新しい隣人】
いびきのうるさい向かいの隣人はまだ残っていますが、右隣のベッドに新しく患者が入院してきました。おそらく老人・・しかも歯が無い。対応している看護師も何度も聴き直さなければならないほど、聴き取りにくい「フガフガ」具合・・そして脚が悪く、ひとりで動けないらしく、そして要介護認定者らしく、これはまた厄介な隣人が来たもんだ、と。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/2956-e2b3085e