トキヲ紀行 2013皐月 その29 

20130924_01.jpg2013年ゴールデンウイークの東京旅行、最終の5日目。朝から東京スカイツリーへやってきました。少し風が強いもののエレベーターも運転を再開し、無事に地上350メートルの展望デッキへと昇れました。東京タワーのてっぺんよりも上というここでも充分にその高さを感じられるのですが、さらにスゴイところがあるというのです。



2013年5月7日(火)

東京スカイツリー・・チケットカウンターがある「ほぼ地上」のフロアから、高速エレベーターに乗って約50秒で展望デッキへと昇りました。さぁ、それでは地上350メートルの景色を堪能しましょう、と思ったら・・



20130924_02.jpg20130924_03.jpg


「東京スカイツリー展望回廊チケットカウンター」の文字が目に飛び込んできました。ん?・・今いるココは「展望デッキ」、そして売っているチケットは「展望回廊」行き。何ともわかりづらい命名です。要するに地上350メートルのココよりも、さらに高いトコロへ行けるってワケですね?・・だったら、そりゃもう、行くしかないじゃないですか! 数年前、東京タワーへはじめて昇ったとき、展望台までのエレベーターがあまりに混んでいて、待つのが嫌で階段を歩いて昇り、さらに上の特別展望台へは追加料金が必要ということで、行くのを止めてしまったのでした。後々それを「行っておけばよかったあ」と後悔するハメになったので、平日に代休とってまで、Web予約してまで来た今回は、「行くしかない」と思ったのです。



20130924_04.jpg


展望デッキからエレベーターに乗って、着いたところは地上445メートル、「展望回廊」のいちばん低いトコロ。そこにはこんな記念写真撮影スペースが設けられていて、持ち込みカメラのシャッターを押してもらえます。



20130924_05.jpg20130924_06.jpg


ま、それも専用カメラによる有料写真(観光地でよくあるアレです)の撮影をしてもらっての話・・買う、買わないは別に自由なんですが。ちなみにその専用カメラの位置は、背景向かって右上にチラッと見えている建造物の中・・この写真とは反対の方向を向いて、スカイツリーの躯体とともに、地上を背景にして撮影される迫力あるものでした。自分もサンプル画像を見て「えぇい、買ってしまえ!」と思って引換券をもらっておいたのですが・・うっかり購入し忘れて帰ってしまったのでした(苦笑。地上に降りてから買うというシステムのため、展望回廊では「買おう」と思っていても、降りるまでに忘れてしまう人は多いはず。



20130924_07.jpg


展望回廊は、下の展望デッキの通路よりもずいぶん狭め。



20130924_08.jpg


でも窓から見える景色は爽快そのもの!・・それもこの日のように晴れていればこそ、なんですが。こんなの、霧がかった日だったら魅力半減でしょう。自分はツイていました。



20130924_09.jpg


ガラスが床のあたりまで回り込んでいるのですが・・高い!



20130924_10.jpg


時間帯と角度によっては、こんなふうにスカイツリーの影を見ることもできます。これも晴れていればこそ・・ツイてる!



20130924_11.jpg


さて、展望回廊を進んでいくと・・元いた場所には戻れません。回廊は、らせん状になっていて、終点は一段上になるのです。



20130924_12.jpg20130924_13.jpg


そしてここが地上450メートル、最上階です。全高634メートルのスカイツリーで、一般人が行ける「最高到達点」です。




20130924_14.jpg


最高到達点からの景色。



20130924_15.jpg


いやぁ、ホントに晴れててヨカッタ。



【散財メモ】
1,000円:東京スカイツリー展望回廊入場券
計:1,000円

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/3064-91b9deea