藤原の効果 

20131022_01.jpg藤原の効果(ふじわらのこうか、英:Fujiwhara Effect)または藤原効果とは、2つの熱帯低気圧が接近した場合、それらが干渉して通常とは異なる進路をとる現象のことである。1921年に当時の中央気象台所長だった藤原咲平が、このような相互作用の存在を提唱したためこの名がある。(Wikipediaより)

こんなの、はじめて知ったぞ・・戦前からある言葉なのに、まるで知らなかった。今日、ヤフーニュース開いたとき、偶然に出てきてビックリしましたよ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/3092-e6da88a4