シトロエンC2 ファースト・インプレッション 

20140127_01.jpg昨日買ったばかりの「足グルマ」シトロエンC2・・さっそくコレでの通勤を始めました。ここ10年の間に発売されたシトロエンのほとんどすべての車種を一度は試乗してきましたが、なぜかこのC2だけは乗ったことがありませんでした。兄弟のC3は下取り車が代車として活用されることが多くありましたが、C2はもともとの台数がC3ほどには多くなかったことや、2ドアでショートホイールベースという実用性の低さから敬遠されることが多かったのでしょうね。



今回このC2を中古で買うにあたっても、試乗できるような状況にはありませんでした。なので納車(店頭引き渡し)後にはじめて路上を走れた、と。乗ってみて・・センソドライブ、やはりクセがありますね。とりあえずAUTOモードで走りだしたのですが、シフトアップでギクシャク・・トルコンATとは違ってアクセルコントロールが必要なようです。もっとも、自分は長年のMT車使いですから、すぐにコツらしきものをつかむことができましたけどね。

さらに・・AUTOモードを解除してマニュアルモードにすれば、もっともっとスムーズに走ることができました。やはりギアチェンジは機械まかせではなくて、自分の意のままにやるほうが性に合っています。3,000rpmあたりまで引っ張れば、けっこう勇ましい吸排気音もキャビンに響いて、その気にさせてくれます。それにマニュアル操作はシフトノブよりもパドルシフトがいいですね。シフトダウンさせると、「ブォン!」とブリッピングして最適なエンジン回転に合わせてくれますので、ヒール・アンド・トゥは不要・・これはちょっと淋しくもありますが、便利でよくできていると思います。

ちょっとクセのあるAUTOモードも、まったく使えないかと言えばそんなことはありません。日ごろ、仕事に疲れて帰るときなど、AUTOモードにしておけば身体への負担は随分軽いものになります。少し遠出したときや渋滞に巻き込まれたときにも効果を発揮しそうです。これまで2ペダルMTのことを毛嫌いしてましたが、C2に乗ってみて「なかなかやるじゃないか」と思いましたね。これが今流行りのデュアルクラッチ式だったりしたら、もっとイイんでしょうね。少し古くて安く手に入れた中古のC2ですが、なかなかよかったかな、と。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/3190-127ebf64