トキヲ紀行 2014皐月 その10 

20140517_01.jpg2014年ゴールデンウイークの東京旅行3日目。早朝の地震に影響を受けながらも到着した川越氷川神社でしたが、滞在わずか45分で立ち去り、ふたたび東京都心へと戻ってきました。西武新宿線で高田馬場まで来て、地下鉄 東京メトロ 東西線に乗り換えて門前仲町まで。門前仲町では大江戸線に乗り換え、ひと駅移動で清澄白河へ。



2014年5月5日(月) こどもの日。



20140517_02.jpg

もしかすると、清澄白河という駅で降りたことはなかったかも・・まぁ今はスマホのナビもあることですし、はじめて訪れる場所でも問題は少ないのです。地上に出てみると、とても静かでした・・向かう先は、深川江戸資料館。


20140517_03.jpg

清澄白河駅からは300~400メートル、徒歩5分ほどのところでした。



20140517_04.jpg

この深川江戸資料館・・江東区役所 出張所白河と建物を兼ねているようです。つまり区役所がつくった施設ってことですかね。そんな「色めがね」で見ていたため、内容は大したことないだろうと思っていました。が・・



20140517_05.jpg

なんかスゴイ! 思ってたより立派!



20140517_06.jpg

館内は実物大ジオラマといった様相の展示が大部分を占めています。



20140517_07.jpg

そりゃ、同じような展示でも、江戸東京博物館のそれに比べればずっと小じんまりしたものではありますけど・・



20140517_08.jpg

こちらは長屋の内部へ上がり込んだりすることも可能な設定になっています! 和室の伝統的な日本家屋に暮らしたことがない都会育ちの子供たちや大人たちには、すごくいい経験になるんじゃないでしょうか。自分もひさしぶりに純和風の民家に入って、ちょっと興奮してしまいましたよ。昔のおばあちゃん家的な?



20140517_09.jpg

あと、長屋が立ち並ぶ深川の街並みを再現しているので、共同便所やなんかも可能な限り?再現されていて、おもしろいです。



20140517_10.jpg

天ぷら屋とかそば屋の屋台なんて、食器や箸、道具類まできちんと整理されていて、ホントにこのまま使えるんじゃないか?って思いました。それを間近に寄って、物によっては触れることもOKなんですからね。あと、ところどころにボランティアガイドの方が立っておられて、求めれば説明をしてくださいます。まさに公共の、区の施設という感じですね。



20140517_11.jpg20140517_12.jpg

おもしろかったこと。右の写真、「於し津」って書いてあるんですけどね、ここを訪れているお客さんのほとんどが読めてましたね・・「ここ、おしずさんのお家なんだね」と。たいてい年配の方ばかりでした(笑


20140517_13.jpg

もっと早く見終わって出ていくかと思っていたんですけど、けっこう長居してしまいました。ミュージアムショップは無いんですけど、受付にパンフレットやおみやげなどが少し売られていました。その中から、絵はがきを買って帰りました。写真ではわかりづらいんですけど・・切り込みや折り線が入っていて、立体化できるようになっているんですね。ペーパークラフトとまではいきませんけど、手軽に疑似立体化できておもしろいかな、と。



【散財メモ】
400円:展示室観覧料
2,400円=300円×4種×2部:絵はがき
計:2,800円

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/3300-ae65b962