トキヲ紀行 2014皐月 その17 

20140531_01.jpg2014年ゴールデンウイークの東京旅行、最終の4日目。朝3時起き!して、激しい雨風の中を徒歩で両国駅に向かい、始発の総武線で秋葉原へ。続いて山手線の二番電車に乗り換えて池袋へ。そして東武東上線に乗り換え・・って、これは前日の再現?



2014年5月6日(火) 振替休日。

池袋駅で東武東上線 小川町行き準急に乗り換え・・そうです。これは前日の再現。しかも前日よりもずっと早い時刻に。もはやお察しのこととは思いますが、またまた川越へ向かったのでした。5時26分池袋を出発、川越へは準急で36分。また寝入ってしまわないように気を付けつつ、しかし少しでも体力を温存するために仮眠をしつつ移動です。

川越駅、6時06分。電車を降りると「大きな催しもの」(笑)が来たので、改札内のトイレへ。ここで個室に先客が・・5分か10分かそこら待って、無事、催しものを片付けました。満を持して駅の外へ・・雨はもう上がっておりました。

前日同様、西口へ出ると・・タクシーがいない! これは一大事です。せっかく早くに川越まで来たのに、駅で足止めでは元も子もありません。あわてて反対側の東口へ・・こちらのほうが栄えてる側にみたいでしたが・・こちらもタクシーがいない! しかし西口と違って、タクシー乗り場には3人ほどの待ち行列が・・こっちで待っていればタクシーは来る、ということか。

タクシー待ちは3人でしたが、お客としては2組でした。3台目のタクシーに乗り込み、「氷川会館へ」と伝え出発。運転手さんに「仕事ですか?」と尋ねられました・・そりゃそうか、こんな早朝にタクシー乗ってって、どう考えても道楽にしちゃ贅沢しすぎでしょ(苦笑。気さくな運転手さんと会話しつつ、10分ほど走って川越氷川神社へ到着したのは6時半のことでした。前日より1時間早い!さて、どうか・・



20140531_02.jpg

前日同様、すでに少なくない人数が待ち行列をつくっていましたが・・立っている人はいない。と言うことは、限定20人には入ったってことか?いや待てよ、ギリギリあふれてるってこともあるしな。恐る恐る数えてみると・・17人。自分は18人目!やった!!間に合ったぞ。



20140531_03.jpg

やはり前日に「予習」しに来て、メドをつけていたのが効きました・・1時間早ければ間に合うんじゃないか、と。その後10分ほどで2人組の女子が来たところで定員終了・・15分遅かったら、ダメだったかもしれない(汗。

早朝から行列をつくってまで人が絶えないのは、川越氷川神社が1日限定20体を頒布する「縁結び玉」を求めるため。5年前にこのこと知り、はじめて訪れたときは完全に遅くてあきらめました。5年の時を経て、前日にはもう少しで手が届きそうに・・しかし結果として、早朝の地震のために出遅れたのが災いし、ダメでした。

それがこの日、ようやく叶います。もうこれは執念と言ってもよかったかもしれません。普通なら、前日にダメだった段階で「また今度・・来年か何年か後」と思うところですが、今回の旅のテーマは「リベンジ」。これまでにやり残していたことをクリアしていく、というものです。だったらこの際、最終日に賭けてみよう、と。せっかく時間的な条件が見えてきたのです。来年になったらまた状況は変わってしまうかもしれません。この経験値を活かすのは今しかない!と。



20140531_04.jpg

午前8時、頒布が始まりました。前日とは別の神職さんが口上と言うか縁結び玉の説明をしてくれます。話す内容は決まってはいないのですね・・これもまた、連日やってきたからこそ知り得た事実です。前日と同じく、先着順に縁結び玉を受け取り、あふれた人には福銭が授けられました。



20140531_05.jpg

これです!縁結び玉。一体一体、巫女さんの手でていねいに縫製されたお守り。毎日頒布されているとは言え、関西在住でこれを手にした人、そう多くはないのではないでしょうか・・まぁ、自己満足以外の何物でもないのですけど(苦笑



20140531_06.jpg

専用の縁結び玉を納める箱もいただけますので、これをその場で組み立てます。



20140531_07.jpg

これが完成形。自宅に帰って神棚に祀りました。次にここ川越氷川神社を訪れるのは「叶ったとき」・・つまり「お礼参り」になるでしょうけど。いつになるのやら(苦笑



【散財メモ】
1,180円:タクシー代
?円:賽銭
計:1,180円+?円

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/3314-800f181d