機動戦士ガンダム展へ行ってまいりました 

20140713_01.jpg昨日(2014年7月12日)から始まった「機動戦士ガンダム展(THE ART OF GUNDAM)」を見に大阪へ行ってきました。この手の展覧会はいつも、始まってしばらくしてから行ってました。そのため、ミュージアムショップで販売される会場限定グッズが売り切れになっていることも多々・・いつぞやは展覧会の図録まで売り切れということが。それを避けるため、今回は早々に出かけることにしました。



「機動戦士ガンダム」制作資料1,000点一挙公開、新作映像シアター上映、ガンダム最新作先行紹介。ガンダムの魅力を徹底的に解き明かす史上最大の展覧会、大阪・東京で(公式HPより引用)。「史上最大」と言われたら、そりゃ行かなきゃなりませんな・・ガノタとしては。



20140713_02.jpg20140713_03.jpg

会場は大阪文化館・天保山・・以前はサントリーミュージアムと言った施設ですね。売却されて名前が変わったんですか。しかし天保山と言えば海遊館ですよね・・ここにはいい思い出がないので、あまり来たくはない場所です(汗。いや、海遊館に来た思い出は楽しいものばかりかもしれない・・海遊館の後に苦い思い出が(謎汗。とにかく、そんな過去のトラウマを振り払ってでも来る価値があると見た「機動戦士ガンダム展」です。



20140713_04.jpg20140713_05.jpg

開催2日目ということで、ものすごい数の客がいて入場制限でもかかっているんじゃないか?と思って、覚悟して向かったのですが・・以外にも空いてました!チケット売り場にも行列用のロープが張られていましたが、並んで待つこともなく、当日券購入・入場できました。右の写真の行列は、オープニングシアターの入場待ちです・・ホワイトベースのブリッジに入り、大気圏突入するという演出のムービーが上映されるため、人数と時間に制限しているからですが、待ちはせいぜい5分ほど。会場に入場してすぐのところで、前の上映が終わるのを待つだけです。



20140713_06.jpg

例によって会場内は撮影禁止・・写真の類はいっさいありません。この写真はチケット売り場ホールの天井に吊り下げられた幕です。内容としては、これまでになかったほどの点数の原画や原稿が展示されていました。富野由悠季監督の直筆企画書の原稿用紙がたまりませんなぁ~・・ガンダムのメイキングを題材にしたマンガなんかで見たあの原稿が!みたいな感動がありました。1時間半ぐらいあればジックリ見られます。またもう一度ぐらい、行ってもいいかなぁ。



では戦利品のご紹介・・



20140713_07.jpg
20140713_08.jpg

まずは図録。めずらしくコンパクトなB5判?・・まぁ場所とらないので、これはこれでいいかなとも。



20140713_09.jpg

こちらはクリアファイル・・買おうかやめようか、迷った挙げ句に「えぇい、買ってしまえ」と。劇場版ポスターの図柄がデザインされたもの3種セットを2パターン、それとガンダム展キービジュアルのデザインのもの1枚。


20140713_10.jpg

美術展などでは定番のポストカード。劇場版ポスター図柄のもの・・これは最初から買うつもりでした。


20140713_11.jpg

手ぬぐいを2種・・連邦軍モビルスーツ大図鑑とジオン軍モビルスーツ大図鑑の図柄。ちょっとおもしろかったので勢いで購入。



20140713_12.jpg

ハンドタオル・・ジオン軍紋章の図柄。クルマの内装にディスプレイしようかな、と。



【散財メモ】
2,000円:「機動戦士ガンダム展」入場券
2,500円:「機動戦士ガンダム展」図録
1,000円:クリアファイル3種セット/劇場版ポスター図柄A
1,000円:クリアファイル3種セット/劇場版ポスター図柄B
400円:クリアファイル3種セット/キービジュアル図柄
 500円=5枚×100円:ポストカード/劇場版ポスター図柄各種
 100円=1枚×100円:ポストカード/キービジュアル図柄
2,000円=2枚×1,000円:手ぬぐい/モビルスーツ大図鑑図柄(連邦軍・ジオン軍)
850円=1枚×850円:ハンドタオル/ジオン軍図柄
計:10,450円

何やかんやで、結構な散財になってしまいました(汗

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/3357-802bfbd9