日本でいちばん暑い場所でC2ドナドナ 

20140726_01.jpgオニのように暑い日が続いておりますが、今日も朝から異様に空気が暑かったです。そんな猛暑の中、アシ車のシトロエンC2がやらかしてくれました・・炎天下の路上で立ち往生(汗。よりにもよって、14時台という、一日の中で気温がいちばん高くなる頃に・・そして、ウチの地元・・今日は日本全国でいちばん気温が高くなったようです。



休日で起きてきたのは8時頃でしたがすでに額に汗がにじむ状態でした。そして9時にはもうガマンできず、冷房を入れました。昨日と同じく、最高気温35度以上の猛暑日になるという予報が出ていました。8時台からNHKでは近畿2府4県に高温注意情報が出たと報じられていました。

その後、午前中は二度寝してしまい、13時頃に起きてきて昼食を。ひと息ついて買い物に出ることにしました・・このとき時刻は14時ちょうど。あまりに暑かったのでアシ車C2のエンジンをかけて冷房全開に・・10分ほど冷やして乗り込む。車載の外気温度計、45度(汗。尋常じゃない表示です。

今日の買い物の目的は、スーパー西友の特売チラシが入ってた、うなぎの蒲焼・・この暑さに負けないためのスタミナ補給。うなぎ2尾買って、その足で書店へ・・26日は自動車雑誌の発売日なので、毎月買ってるENGINEと、隔月発刊のNAVI CARSを買いに。西友から書店までは距離にして1キロほどでしょうか・・車で5分。

書店の駐車場にC2停めたとき、ピーッピーッと何やらアラーム音が。シートベルト締めずに走らせたときなんかに鳴る音と同じだったので、もしかして助手席の荷物が重くてセンサーが働いたのかな?と思いました。クルマ雑誌を買って書店を出ようとC2に乗り込んで発進準備していると、またもやピーッピーッ・・おかしいな、さっき鳴ったとき、助手席の荷物は後部座席へ移動させたから、重量センサーが働いたワケではなさそう。でもすぐに鳴り止んだので、気にしつつも家路へ。

書店から前の国道に出てすぐ、いつも交差点の信号待ち行列ができるところ・・またもやピーッピーッ。これはおかしい、本当はもう一軒、書店に寄ってから帰るつもりだったけれど、このまままっすぐ自宅へ帰ることにしました。が・・信号青に変わって列が動き出して、自分のC2も発進しようとしたけれど動かない! ギアは1速に入っているみたいけど、アクセルペダル踏んでもエンジン回転上がるだけで前に進まない!これは何かおかしい・・メカニカルトラブルだ!

しかし、ほどなくしてトラブル解消、C2は何事もなく前進しました。しかし前方はまだ信号待ちの列・・動きが停まったのでこちらも停止。するとまたピーッピーッ・・メーターパネルをよく見ると、シフトインジケーターの「AUTO」の文字が点滅している。ギアは1速を表示・・いったんニュートラルに入れて、1速に入れ直す。ダメか、またもや「AUTO」が点滅して、アクセルペダル踏んでも前進しない。

しかも今度はさっきみたいに復帰することなく、まったく動けない。仕方ないのでハザード点滅させて後続車に追い越しを促す。いったんエンジン切ったらどうか・・ダメだった。もうお手上げなので、整備してもらってるシトロエンディーラーさんに電話してみる。症状を伝えたら、「(センソドライブの)アクチュエーターのトラブルかもしれません」と。「エンジン切ってみる方法、試してみて」と言われたけれど、もう試したしなぁ。あとは「バッテリー端子外してみて」と言われたけれど、うなぎの蒲焼、積んでるし・・

とりあえず自宅に連絡して、別の車でうなぎの蒲焼を引き取りにきてもらうことにした。食品さえ手放せたら、エンジン止めてバッテリー外してみることもできる。最悪、そのままエンジンかからなくなったとしても・・あ、ダメだ、こんな交差点近くの路上で止まったままなんて、大迷惑だよ。

一念発起して、C2を押すことにしました。止まっちゃった場所がたまたま某焼肉チェーン店の前だったので、5メートルほど国道を押して、駐車場入り口で歩道がスロープになってるところを乗り越え(汗、どうにかこうにか駐車場内へ。軽いC2で助かった・・メガーヌだったら上げられなかったかも。

しかしそれにしても暑い・・そりゃ外気温度計、45度だもん。とりあえずボンネットフードを開ける・・熱い!焼けた鋼板の熱さ、ハンパじゃない! 指先を軽くヤケドしましたよ(汗。こんなとき黒ボディってのは余計だ。焦ってたから思いつかなかったけど、冬場ドライビングに使っているグローブを作業用に使えばよかった。

そんな灼熱の炎天下、バッテリーターミナル外したりなんて作業、嫌だなぁ・・と、ふと振り返るとそこにトヨタディーラーが。あ、そうか、そこで作業させてもらえばいいじゃないか!・・実はその店舗、勤め先の社用車をお世話になってるディーラーさんだったのでした。何で先に気付かなかったのかなぁ・・暑さと急なトラブルでテンパってしまってたからでしょう。

トヨタディーラーの担当営業さんに電話して、ちょっと手を貸してほしいとお願い・・もちろん快諾してくださって、すぐに駆けつけてくれました。で、状況説明していると、茶色の甚平っぽい上着と黒エプロンした、ちょっとガラ悪そうな男が歩み寄ってきて・・「どういうことですか、ここウチの駐車場ですよ」と剣幕・・あぁ、ここの焼肉チェーンの店員か。人が困ってるってのに、理由も聞かずにいきなりそんな態度かよ。

「すみません、クルマ動かなくなってしまって」と説明すると、「そういうことは先に言ってもらわんと」と眉間にシワ寄せながらまた怒鳴り散らす・・いや、急に動けなくなって方々に助け求めてる最中なんだから、まだ客も入ってないみたいだし、ちょっとぐらい許してくれても・・「すみません、すぐ動かしますから」と詫びると、舌打ちするような様子でメンチ切りながら立ち去っていきました。これまでに一度もこのチェーン店で食事はしたことないから店内の様子なんて知りませんけど、今の店員の態度を見たら店のレベル、チェーンのレベルなんて大体わかる。レベルも知れてる。今後も一切、この情○ホ△モ※は使わないと心に決めました。

で、C2の様子です・・ダメ元でエンジンを切ってみました。さっきは切ってする掛け直しましたが、今度は完全に電源が切れるまで1分ほど待ってみました。メーターパネルの表示が消えて電源が落ちる。キーをONの位置までひねる・・アラーム音、今度は鳴らない!いけるかも!!セルを回す・・掛かった。そしてアラーム音・・鳴ってない。いける!駐車場内でギアをリバースに入れ、アクセル踏んでみる・・バックした!次、1速に入れてアクセル・・前進した!

今のうちだ!・・そのとき、最後の手段、人力で押して国道を横断させようと、トヨタの営業さんが呼んでくれた10人ぐらいのディーラーの営業さんやらメカさんやらが駆けつけてくれました。とりあえずC2は動いたので、交通整理だけお願いして自走して国道を横断・・途中で止まることもなく、ディーラーさんの敷地へ入れました。もし途中で止まってしまってたとしても、そのときは大勢で押してくれたはず・・トヨタさん、ありがとう。もう足を向けて寝られません(苦笑

そしてトヨタディーラーさんの隅っこにC2を置かせてもらう・・バックして駐車枠に入れた途端、またもピーッピーッとアラーム音!間一髪でした。またしてもクラッチが繋がらない状況に。自宅まで自走することは難しそうでしたので、C2をトヨタさんに預けて、迎えに来てもらった家族のクルマで帰宅することにしました。そしてシトロエンディーラーさんに電話して、積車でトヨタディーラーさんまで引き揚げにきてもらうように手配しました。

この長々とした文章の内容・・1時間ほどの出来事ですけどね、普通の状況じゃなかったんです。ニュースで知ったのですが・・地元の観測ポイントで記録した最高気温38.8度は、今日の日本国内最高気温だったそうです(汗。観測ポイントって、決められた条件で測っててその気温でしょ?照り返しやら排気熱に晒された国道路上なんて、45度あってもおかしくなかった・・C2の外気温度計はあながち間違ってないかも。ボンネットさわったらヤケドもするわな。

とにもかくにも、周りの人々に助けてもらえて、大ごとにならずに済みました。トヨタディーラーさんには本当に感謝しております。トラブったときに助かるのは、何よりも精神的な援助です。ありがとうございました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/3370-de714eb6