お葬式 2014年12月3日 

20141203_01.jpg去る2014年11月30日、29歳の若さで亡くなった知人の葬儀に参列しに福井県あわら市へ行ってまいりました。こんなにも「心踊らない」北陸行きドライブははじめての経験でした。クルマで行くか、電車で行くか、少し迷いましたが・・昨日も強風の影響で特急列車が運休になったりしていたので、葬儀の開式に間に合わなくなる可能性を疑いました。C5にはスタッドレスタイヤを新調したので、朝早めに出発してクルマで行くことに決めました。



名神高速道路から北陸自動車道を進み、南条SAあたりで雪がチラつきはじめました。近くの山は薄っすら雪化粧していましたが、路面はまったく濡れてもいない状況・・しかし、丸岡ICを下りて一般道を進み、あわら市に入ったところで急に変わりました。路面にはシャーベット状の積雪が・・やはり北陸は雪が早くて多いんだなと、あらためて認識しました。

20141203_02.jpg

C5用に新調したスタッドレスタイヤ、ピレリ-「アイス・アシンメトリコ」の試走&性能チェックにぴったりのドライブとなりました。亡くなった彼は律義者でしたから、「スタッドレスタイヤ新しく買ったんなら、こっちへ来てテストしたほうがいいですよ」と、おせっかいを焼いてくれたのかもしれません。

驚いたのは高速走行性能・・スタッドレスタイヤにありがちな、不快なパターンノイズがものすごく少ないこと。そしてビシッとまっすぐ走る安定感。C5が元より持ち合わせている静粛性と相まって、とても快適なドライブとなりました。

葬儀は10時半からはじまり、出棺を見届けた頃にはもうお昼すぎ・・各地から弔問に集まったフランス車つながりのみなさんとともに昼食を摂ることになりました。

20141203_03.jpg20141203_04.jpg

福井と言えばコレでしょう、ということで・・ヨーロッパ軒のソースかつ丼。自分は病気をした昨(2013)年6月以来、揚げ物・・とくにフライもの・・は避けてきました。主治医から禁じられていたワケではなかったのですが、ダイエットが必要ということもあったので、自主的に排除してきました。もうそろそろ少しぐらいは食べてもよかったのですが、今日がちょうどいいきっかけになりました。それにしてもこのボリューム・・1年5か月ぶりの揚げ物としては多すぎました。食後しばらくして胃もたれが始まり、夕食どきになっても空腹にならず・・軽めに済ませることになってしまいました。

しかしソースかつ丼を食しながら、亡くなった彼の思い出話をして、葬儀前までは暗かったみんなに笑顔が戻ってきました。今日、こうしてお仲間と再会できたのも、彼のおかげ・・当の本人はもういなくなってしまったけれど。

20141203_05.jpg20141203_06.jpg

食事を終え、13時半すぎに解散・・自分は近くの酒屋をカーナビで探しました。見つけたのは地元 丸岡の酒蔵、久保田酒造の「鬼作左(おにさくざ)」・・この新酒(生)は毎年12月1日が解禁日なんだそうです。バッチリなタイミングだったようです。通常の純米無濾過生原酒と、純米袋吊り搾り無濾過生原酒をそれぞれ5合瓶1本ずつ買い求めました。このお酒と出会えたのも彼のおかげ・・普通は冬の間、雪の多い北陸へわざわざ行くことなんてなかったワケですから。



【散財メモ】
880円:ソースかつ丼
(小計) 880円

1,447円:鬼作左 純米無濾過生原酒
1,760円:鬼作左 純米袋吊り搾り無濾過生原酒
-7円:値引き
(小計) 3,200円

(合計) 4,080円

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/3500-f14ab4fc